9月25日

DSCF2760.jpg

天気 快晴 気温8度

今朝も朝靄が降りていました。
朝靄が降りると気持ちの良い快晴になります。

最近、書くネタが無いと思っていましたら今週末には第4回志賀高原ロングライド(自転車のエベント)が開催されます。
実は5年前の夏に、町の観光課から電話があり「来年自転車のエベントを企画していて関係者が高天ヶ原をスタートしてコースの下見をして戻って来るので、お風呂に入れて貰いたい」と頼まれました。
それまで志賀高原で自転車を見かけるのは国道292号線が主でした。
国道最高地点が渋峠にありますので、渋峠まで登り颯爽と下りを楽しむ方と、自転車で日本一周をしておられるような方が草津に抜けたりその逆位しか見かけませんでした。
高天ヶ原をスタートした場合、両方向下りですので、行きはよい良い帰りは地獄のコースになります。
自転車のコースになるのか?と思っていましたら戻られてから「お客様が喜ぶ良いコースになります。」と話されていました。
正直、4年も続くとは思っていませんでした。
続きは明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月24日

DSCF2751.jpg

天気 はれ 気温7度

昨晩、雲っていたせいもありますが初霜は降りませんでした。
再び今週末には新たな寒気の南下が予報されていますので、岩菅山などの初冠雪と同時に初霜かもしれません。
本日はお日様のありがたさを実感てきる日になりそうです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月23日

DSCF2749.jpg

天気 はれ 気温11度

南風が吹き込み暖かい朝ですが今晩から上空5000メートルでマイナス15度の寒気が入り込む予報です。
アルプスでは初凍りが観測されたようですが、タイミング次第ですが明朝、初霜が降りるかも知れません。
これから一気に紅葉の色付きが加速していきます。

写真は今朝の露天風呂のカエデです。
DSCF2748.jpg


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月22日

DSCF2746.jpg

天気 はれ 気温7度

朝までは北風だったのですが南岸低気圧の影響でしょうか?南風が強くなりました。
昨日は午前中はシグレて冷たい霧雨が降っていたのですが、午後は快晴になりました。
冬の吹雪の後の快晴のように澄んだ空でした。夜中はきれいに星空が見えました。
例年なら大陸育ちの高気圧に覆われて1週間くらい快晴が続く時期ですが天気が安定しません。
その分10月になって天気が安定してくれると思います。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

まあるい木

DSCF2743.jpg

毎年ご紹介している、まあるい木(コシアブラ)が色を変え始めました。
夏に見れば存在すら判りませんが、紅葉の時は存在感を示します。
夏の間は濃い緑一色ですが、紅葉は木の種類が違う事を教えてくれます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

一沼の紅葉

IMGP8269.jpg

志賀高原の入口の一沼の紅葉も色付いてきました。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月21日

DSCF2742.jpg

天気 くもり 気温4度

今朝は野辺山で3.1度まで気温が下がったそうです。
西高東低気圧配置になり、冷たい北風が吹いています。
この寒さでいっきに紅葉が進むと思います。
9月の終わりには氷点下まで下がる場所です。
1ヵ月前の夏の暖かさが懐かしいです。

台風と言いますと高天ヶ原に住んでいますと台風イコール強風ですが、志賀高原山内でも川原小屋地区は谷の中で4方を山に囲まれていますので風の心配は無い場所です。
その代り大雨が降ると周りに降った雨が集まりますので雨が怖い場所です。
大雨が降ると川の中の岩が音を立ててぶつかるので、恐ろしいそうです。
台風などの雨の場合、雨雲が南斜面にぶつかりますので群馬側は大雨になります。
近年の局地的豪雨の被害も群馬側が多いです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

9月20日

DSCF2739.jpg

天気 くもり 気温8度

近づく低気圧が湿った空気を呼び込み曇っています。
本日より紅葉通信を開始致しました。
日々変化していく紅葉をお楽しみください。

DSCF2738.jpg
写真は露天風呂の紅葉です。

昨日、新聞を見ましたら台風18号で山ノ内町夜間瀬地区ではリンゴが3割落下した畑もあったようです。
台風で忘れられないのが1982年昭和57年8月1日の台風10号ででした。
猛烈な風が吹き東館山頂は風速60メートルを超す風が吹き、風速計が風で飛ばされて観測不能になったそうです。
ゴンドラの山頂駅には社員が宿直をしていたのですが、建物が風で飛ばされると思って地下に逃げ込んでいたそうです。
風速60メートル以上の風は建物ごと飛ばされてしまうと思うほど強い風だったんでしょう。
当時は寺小屋スキー場は4本の林間コースのスキー場でしたが風で木がなぎ倒されて現在のようになりました。
当然、登山道も尾根伝いはすべて風でなぎ倒されました。
志賀山の登山道も両側がなぎ倒されて現在に至っています。
登山道の周りの木が育ってくれないと大雨などが降ると崩れてしまいます。
私共でも屋根のトタンは剥がれましたし、被害が無かったお宅は無いくらいに被害が有りました。
一番悲惨なお宅は屋根が飛ばされて上からは大雨、そして構造上スキー場に面した2階がレストランで、スキー場に降った雨が建物の2階に直撃して全館水浸しのお宅もありました。
その時、長老に言わせると1959年昭和34年の伊勢湾台風の方がもっと被害が大きかったと言っていました。
意外と台風の被害が無い志賀高原でも、30年に1度位は台風の被害が有るのかも知れません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月19日

DSCF2736.jpg

天気 快晴 気温10度

本日は上空1500メートルで15度の暖気が入る予報が出ています。
お山の上は15度、お街では30度、羨ましくも思えます。
加速度的に寒くなるばかりですので。

昨日、志賀高原は台風の被害は無かったのですが朝、リフト会社の社員の方と話をすると麓の沓野などでは強風で稲が倒れたそうです。
朝、サンバレーまでは道路に風で落ちた枝や落ち葉が凄く、仕事場である山はもっと酷いと思って登って来たそうです。
志賀高原も明け方前は強風が吹き荒れましたが明るくなって外を見るとそんなに被害が有りませんでした。
長野県はアルプスなどの山に囲まれているので、あまり台風の被害が少ない地域になります。
台風もアルプスを避けて行きます。
今週は低体温症の話題を書こうかと思っていましたが先に台風の話題を書きたいと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月18日

DSCF2735.jpg

天気 はれ 気温10度

明け方まで大荒れでしたが日が射して来ました。
台風18号で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
幸い志賀高原は見える範囲内では被害は確認できませんし道路等の通行止めの情報は入っていません。
いつも不思議に思うのは、なぜか大潮まわりで長野県内に近づくのは夜中です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月17日

DSCF2734.jpg


天気 くもり 気温7度

昨晩より台風18号の強風が吹き荒れています。
昨日、風が無かったのは東シナ海を進んだからのようです。
台風は日本海を北上するようですが、なるべく被害が少ない事を願うばかりです。
特に、この時期の台風はコメや果実などの農産物に被害が予想されます。
農家の方にとっては収穫前の台風は有り難くないと思います。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月16日

DSCF2733.jpg

天気 うす曇り 気温7度

大陸育ちの高気圧に覆われているので穏やかな朝です。おまけに風も有りません。
台風18号は雨台風なのでしょうか?
関東甲信越地区に被害をもたらせるような台風の場合、九州や沖縄に近づくと山沿いは一足早く強風が吹きます。
何はともあれ本日は台風の準備です。
備えあれば憂い無しです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月15日

DSCF2732.jpg

天気 雨上がり 気温5度

5000メートル上空にマイナス9度の寒気が入り込み霧雨が降っていました。
天気予報では長野県全域晴れマークが付いていますが山沿いはこんなものです。

台風通過後の西高東低冬型気圧配置で忘れられないのが2つあります。
1988年昭和63年の10月の終わりに一晩で1メートル以上の積雪があり2日続けで降り大雪になりました。
もう一つは2006年平成18年10月7、8日の出来事でした。
2つの台風が一つになり猛烈に発達して岩菅山は吹雪になりました。
その時、私共には1組は紅葉狩りのお客様で、後は岩菅山登山のお客様でした。
登山のお客様は朝の段階で全員中止されました。
1670メートルの高天ヶ原でさえミゾレが混じるような強風が吹き荒れました。
外には立っていられない寒さと強風でした。
2泊のお客様は計画を変更されて翌日にされました。
その時、北アルプスの白馬岳では4名の方が凍死されました。
台風通過後の気圧配置の恐ろしさです。
9月だから、10月だからは通用しない山の恐ろしさです。
本日もですが天気予報で晴れを信じては、生きて行けないお山の上の現実です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

9月14日

DSCF2731.jpg

天気 はれ 気温10度

朝方は霧雨になり、今し方まで晴れたり曇ったりしていました。
長野県北部の県境には西高東低気圧配置で弱い雨雲が出来ていた影響です。

昨日あたりから、この連休台風が近づくので山登りを見合わせたいお客様増えてきました。
台風の場合、先にある程度進路が予想がつくので、見合わせが出来ます。
なるべくなら悪天候の中、無理をして登っては欲しくありませんし、チェックアウトしたら後は関係ないと言う訳には行きません。
お客様によっては日程をズラせば台風一過の日本晴れと思われて居られる方も居りますが、台風の位地によっては西高東低冬型気圧配置になり山沿いは北からの冷たい風が吹き込みます。
天気予報で勘違いされるのが平地の長野市は台風一過の快晴でも、山沿いはシグレて風も強く体感温度は下がります。
長時間、吹きさらしの中に居ますと、低体温症を引き起こす事も考えられます。
山岳の気象は明日晴れの天気予報より、広範囲な天気図を読むことも必要になります。

昨日、9月13日を過ぎると「秋の日は釣瓶落とし」と書きましたが、これは志賀高原に伝わる言い伝えになります。
9月13日は、昔は麓の天川神社のお祭りでした。
山で作業の計画する時は、お祭りの前にしろと先輩たちから言われていました。
確かにお祭りを過ぎると日暮れが早くなります。
現在は土日に変わりましたが、天川神社のお祭りが目安となります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »