6月26日

DSCN1043.jpg

天気 かいせい 気温9度

今朝も清々しい朝です。
何が嬉しいってストーブを焚かなくても済みます。
日差しが無く雨が降るとまだまだストーブが必要なお山の上です。
半袖でいられるのはお盆の前の半月程度です。

私は遭難救助の時はパンを持って行きましたが先輩では、オニギリを冷凍して置いていざと言う時レンジで解凍して持って行かれた方も居られました。
やはり米で無いと力が出ないそうです。
そうかと思うと後輩ではカロリーメイトが常の者も居ります。
カロリーだけ補給するのには重宝だとは思いますが、私は食べた気がしません。
みんな各自に合わせて遭難発生時にそなえて降りました。
夏の開山祭や刈払いのようにあらかじめ日時が決まっていて本日のように天気が良い時は、茹でたソーメンをランチジャーに入れてお昼に食べていました。
ソーメンは食べても少し経つとお腹が空きますが、どうせ終われば慰労会もありますし、小麦の方が直ぐに消化吸収されてエネルギーになりますし、薬味のネギや七味は脂肪を燃焼してくれる効果もあります。
私は夏山で食べるソーメンは大好きです。
ソーメンも茹でる事と水があれば非常食になると思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月25日

DSCN1042.jpg

天気 かいせい 気温7度

ヒグラシが鳴き蝶が舞う爽やかな朝になりました。
昨日は雨は小雨程度でしたが寒気の雨ですので空気は冷たかったです。
雨雲は群馬側の山でブロックしてくれても冷たい空気はブロックされず容赦なく流れて来ました。

遭難救助のための捜索の場合、食事時間は12時から1時までは昼休みだもんねとか、夕方5時過ぎは終わりと言う訳には行きません。
むしろ志賀高原でこの時期に多い山菜取りの遭難の場合、朝、山菜取りに入って昼の待ち合わせで出てこなくて仲間が探しに行ってそれでも見つからずに、夕方通報が殆どです。
捜索に行く隊員も小休止の時、少しづつ食事をとります。
捜索の場合や遭難者発見の場合、パンが便利なのは雨の場合でも袋から直接食べれば濡らさなくて食べれますし幾つかに分ければ他の隊員や遭難者の分ける事も出来ます。
オニギリも可能と言えばできますが3つ位なら分けれますが、小さく分けようとすればご飯がつぶれれてこぼれてしまいます。
一度4月10日に行う志賀→野沢スキーツアーでこんな事が有りました。
野沢温泉の毛無山に登る最後の急坂の手前で、若い隊員が腹が減って力が出ないと言いました。
そので「あるよ」と言って残っていたパンを出しました。
私にすれば毛無山を登れば終わりですのでたとえ1グラムでも軽くしたいです。
そうしたら他の参加者の方もお腹を空かせていたようなのでナイフで小さくパンを切って「よかったらどうぞ」と射しだしました。
皆さん感謝しながら食べてました。
小さく切ったパンひとかけら食べただけでも違います。
私は山に行く場合、オニギリやお弁当で無くパンを持って行く方が多いです。
パンの方が何かと便利です。
非常時に備えてパンを冷凍庫に保存しておくのも一案です。
パンなら常温で解凍して分けて食べる事が出来ます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月24日

DSCN1041.jpg

天気 時々小雨 気温7度

現在は雨は止んでいます。
本日は東側から寒気が入り関東地区は冷たい大雨の予報が出ていますが、東風の場合も!!群馬側の山がブロックしてくれてあまり雨は降りません。
しかし6月も下旬だと言うのにまだまだ寒気とは、このまま夏も寒気が南下すれば冷夏になってしまいます。
それとも5月下旬の猛暑日が真夏で、すでに秋のなってしまったのでしょうか? 寒いです。

山岳救助隊の縦走の訓練のお昼の話題は先週書きましたが、隊員時代はパンを冷凍にしておきました。
訓練なら事前に準備できますが、遭難はいつ起こるか判りません。
しかも私は遭難発生時他の隊員より早く行って無線機やザイルなどの装備品を準備する役割が多かったのでその方法を取っていました。
普段はあまり食べないような甘系の菓子パンを冷凍庫に入れて置いて、いざと言う時冷凍庫から取り出してリックに入れれば完了です。
別に直ぐに食べる訳では無いので、リックサックの中で自然解凍されます。
長くなりますので食べ方は明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

コ・バイケイソウ

DSCN1039.jpg

コ・バイケイソウが咲き出しました。
コ・バイケイソウは毎年は花を付けません。
湿原の花もだんだん夏の花に変わって行きます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月23日

DSCN1027.jpg

天気 はれ 気温10度

昨日と同じで明け方は快晴なのですが南から湿った空気が入り込んでいます。
昨日午後はスマホの豪雨警報が何度もなってスワと構えるのですが通り雨程度で直ぐに日が射す天気でした。
いったい何時まで寒気が南下するのでしょうか?このまま夏も南下し続ければ冷夏になってしまいます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月22日

DSCN1026.jpg

天気 はれ 気温10度

晴れてはいますが湿度が高く、群馬に近い横手山方面は雲に覆われています。
昨日は夕方、久しぶりに雷雨になりました。
今日も湿度が高いので夕方雷雨になるかもしれません。
夏が近づいている事を実感できます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月21日

DSCN1023.jpg

天気 くもり 気温8度

昨日、午後より湿った空気が入り込みました。
現在室内の湿度58%なのですが、日頃30-40%の世界で生活している山岳乾燥地帯の民にとっては耐えられません_| ̄|〇

昨日、山岳救助隊の1泊3日の縦走訓練を書きましたが、山中でビバークして翌日のお昼ですが疲れているとあっさりしたものが食べたくなります。
そこで、便利だったのは乾麺のうどんです。
乾麺のうどんをレジ袋に入れて水で浸しておきます。
すると乾麺は生麺を乾燥させたものですので生麺の状態に戻ります。
その状態で茹でた方が時間が掛かりません。
計画している時はその時の天気や気温が判りませんが、うどんなら寒ければ暖かくして、暑ければレジ袋に小さな穴をいっぱい開けて水で冷やせば冷たいうどんで食べる事が出来ます。
スパゲティーを小さいナベで茹でる時、割って入れられる方がおられますがスパゲティーも水で戻しておきますと生麺の状態になり割らなくても小さいナベで茹でる事が出来ます。
しかも茹でる時間を短縮できるので燃料の節約にもなります。
非常時だけでなく日常でも使えるワザです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月20日

DSCN1022.jpg

天気 かいせい 気温9度

群馬県側にはすでに入道雲が空高く上がっています。
昨日は雷雨にはならずその代り今朝は雨かと思うほど夜露が降りました。
すでに冷たい北風ですので本日も雷雨の心配は無いと思います。

昨日、登山用のガスコンロの話題を書きましたが私が山岳救助隊に入らされて入れさせて頂いた頃は山中1泊3日の縦走訓練が有りました。
始めてで、本を読みながら装備品を揃えたのですが買ったストーブ(コンロ)は携帯用のガスストーブでした。
室内で試してみたら問題は無かったのですが、持って行ったら使い物になりませんでした。
弱い風が吹くと炎がコッヘル(登山用のなべ)に当たらずお湯を沸かす程度でも難儀しました。
ところが先輩諸氏が持っていたのはガソリンストーブでした。
圧力を掛けてから火を付けますので炎が吹き出す感じです。
おまけに火力が強くて大きなナベでもちゃんと沸騰します。
自分1人ならガスタイプは小さいコッヘル程度ならお湯も沸きますが、大人数用のナベは無理です。
直ぐにガソリンストーブを買いに行きました。
ガソリンタイブですと燃料のガソリンを仲間と分けて使う事も出来ます。
1ℓの缶入り1個を持って行けば5つ位のストーブに分けて使うことが出来ます。
ガスボンベですと1台に1個は必要ですし使い終わっても空のボンベを持って帰らなくなります。
最初は知らずにお店で売っているリッター1000円もするホワイトガソリンを買って使っていましたが、先輩から教えて頂きました。
ガソリンスタンドによっては小売しているスタンドもあります。リッター200円でした。
現在、ガスストーブも昔よりは性能が上がっていますので取り扱いはガスの方が簡単なのでグリーン期の日帰り程度では使っていますが、厳寒期はガスは気化しにくくなり使えません。
ガソリンタイプはポッピングと言って手で圧力を加えますので真冬でも使う事が出来ます。
登山のために購入される方は将来の自分の用途に合わせて購入されてください。
DSCN1018.jpg

因みにガソリンストーブでも小さい方は少人数の時、大きい方は人数が多い時と使い分けでいます。
山へ行く場合、1グラムでも軽くしたいのが人の心です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月19日

DSCN1019.jpg

天気 はれ 気温7度

昨晩は雨が降りました。晴れてはいますが午後には雷雨の予報が出ています。
昨晩の地震で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げるとともに1日の早い復旧を願うばかりです。
長野県北部地域は震度3程度の揺れでした。
その程度の揺れなら珍しくは無いのですが揺れる前にゆっくりとした揺れがあり、たぶん大きい地震だと思いました。
やはり災害への備えは大切です。
昨日、ポリ袋でご飯を炊く話題を書きましたが登山の場合、コッヘル(登山用の小さな鍋)でもご飯を炊くことが出来ます。
ポリ袋でご飯を炊く方法を知ってしまうと洗い物が増えますので現在は遣りません。
昨年、その話題を書いた時遠い昔の思い出がよみがえりました。
信越線の横川駅で売っていた釜飯の容器でした。
DSC_7716.jpg

益子焼の容器は重たいのですが学生の時、重たい思いをしてアパートまでお昼に食べた釜飯の釜持って帰ったのに結局遣らずじまいでした。
沸騰したら15分蓋をして弱火で焚き15分そのまま蒸らして終了です。
DSC_7721.jpg

意外と真も無くちゃんと炊けます。
電気やガスが止ってもカセットコンロとカセットガスがあれば暖かいご飯は作れます。
まだカセットコンロを買いに行かれていない方は忘れずに早く買いに行きましょう!!
備蓄しておいても冬になれば使うと思います。
私は登山用ガスコンロを使いましたが、登山用のカセットボンベは夏の間に買ってかないとホームセンターなどでは手に入らなくなります。
夏だけのシーズン商品になりますので。

登山の話題を書いているのに登山のポチが少ないような_| ̄|〇
励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月18日

DSCN1014.jpg

天気 はれ 気温5度

昨日、岩菅山では雪が舞ったかは確認できませんでしたが横手山は雪では無かったそうです。
横手山で雪が舞うと観光協会に道路の問い合わせが殺到するそうです。
協会職員も雪になると大変です。

登山でご飯と言うと飯盒を思い浮かべられる方が多いと思います。
今時、キャンプ場でのキャンプ以外で飯盒は使いません。
まず、野外でたき火は出来ませんし炊いた後、飯盒を洗う水も必要になります。
現在、アルファー米やフリーズドライの商品が数多く出ています。
値段と味に目をつぶれば大変便利です。
お湯を注げば出来てしまいます。
登山をされる方は備蓄していても使う機会はありますが、一般の方では災害でも起きない限り使い道は無いと思います。
そこで、昨年も書きましたが現在、食品を小分けにする時に使うポリ袋(キッチンパックやジブロック)でごはんを炊く方法があります。
ポリ袋の中に無洗米若しくは洗ったコメを入れて同量の水を加えて、なるべく空気の入らないように縛って沸かしているお湯の中に入れて茹でます。
もちろん吸水の時間は必要ですが15-20分位茹でるだけでご飯が出来ます。
そして、5分くらいそのまま蒸らすだけでご飯が炊けます。
そのやり方の画期的なのは、コメと一緒に入れる水は飲料水になりますが、茹でる水は何でも問題有りません。
遣って見たら目からウロコでした。
調理器具を洗う手間がかかりません。
蒸らす時にレトルトカレーでも入れて温めてポリ袋の中に入れて食べれば食器も要りません。
炊いたご飯の中に梅干しでも入れて、ポリ袋ごと握れば手が汚れていてもオニギニが作れます。
いろいろ試しましたが1合で遣るより半分づつ量を分けて一緒に茹でた方が美味しくできました。
非常時にそなえて一度お試しあれ!!
一度遣っていればイザと言う時安心ですし、茹で時間も判ります。
ご家庭でカセットコンロがあればガスも止ってもご飯が炊けます。
カセットコンロがあれば、電気、ガス、水道が止まっても暖かいご飯が食べれます。
もっと昔にこの方法を知っていれば山でアルファー米などを食べなくても済みました。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月17日

DSCN1010.jpg

天気 シグレ 気温4度
DSCN1008.jpg

昨日、日中は西風で時々小雨が降る程度で予報より風が弱く助かりましたが昨晩から北風に変わりシグレています。
まるで初雪が降る晩秋の様子です。
違うのは紅葉では無く新緑だけです。
落葉の代わりに葉がちぎれて舞っています。

昨年は災害続きでした。
2月の北陸地方を襲った豪雪から始まり北海道の地震と災害列島でした。
そこで、登山の知識があれば非常時でも役に経つ話題を書いて行こうと思います。
昨年の北海道胆振東部地震の時、カセットコンロのボンベや乾電池などを買い求めるためホームセンターなどに長蛇の行列が出来た映像がニュースで流れていました。
一般家庭でカセットコンロを使われるのは冬、ナベでもされる時ぐらいだとは思いますが腐りません。今のうちに買っておきましょう。
乾電池も買っておいた方がイザと言う時に役に経ちます。
災害が起きて売っている店を探して長蛇の列に並ぶより備えがあれば安心です。
もう一度、身の回りを見直しをしましょう。
私共ではカセットボンベは12本以上、乾電池は40本くらい備蓄してあります。
お山の上はお街と違って何かあった時に買いに行くわけにはいきません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月16日

DSCN1005.jpg

天気 くもり 気温7度

低気圧が通り過ぎて冷たい空気が入り込み霧になっています。
台風なら台風一過の快晴になるのですがこれから西高東低冬型気圧配置になります。
等圧線が真っ直ぐに立っていますので岩菅山あたりは冠雪するかもしれません。
東京では最高気温が30度になると言うのに・・・・

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月15日

DSCN1003.jpg

天気 暴風雨 気温4度

低気圧が発達して大荒れです。
今回、低気圧が発達しているのは寒気の影響だそうです。
冬ならこの天気は普通ですが、6月だと言うのに・・・・_| ̄|〇
明日、北アルプスでは雪が予報されていますが明日は西風なので岩菅山は?
いずれにしても経験の無い気圧配置です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月14日

DSCN1002.jpg

天気 かいせい 気温6度

昨日は日中は晴れて爽やかな日でした。
好天も長続きせず明晩には発達した低気圧が通過する予報が出ています。
この時期、台風でも無いのに低気圧が通過するのは珍しいです。
低気圧が通り過ぎると西高東低冬型気圧配置・・・・_| ̄|〇

岩菅山開山祭以外にも7月1日は横手山・志賀山開山祭が行われますし7月の終わりには焼額山の開山祭も執り行われます。
いずれも関係者だけの式典になります。
開山祭と名前は付いていますが、神社の神事と同じです。
山の神さんに私共は遭難や事故が起きませんようにと祈願しますし、麓の皆さんは豊年満作を祈願していると思います。
山に降った水が麓まで流れて行きますので、少雨にならず大雨にならないように山の神さんにお願いしていると思っています。
一般参加は募集していませんが、神事を見る事は出来ます。
IMG_0751.jpg

写真は横手山開山祭の様子です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

6月13日

DSCN1000.jpg

天気 かいせい 気温2度
DSCN1001.jpg

今朝は放射冷却で氷点下まで下がり屋根の上にも霜が降りていました。
DSCN0997.jpg

放射冷却は高い山の上の冷やされた空気は比重が重くなり下へと降りて来ます。
志賀高原の天気・気温と言うと観光協会が有る蓮池辺りになるのですが、蓮池地区は小高い丘の上に位地しています。
周りの高い山とは谷があり遮っています。
そのためあまり蓮池地区は放射冷却を受けません。
しかも日あたりも良いです。
冬、良くあるのですが蓮池までは雪が解けていても1号トンネルを抜けると凍っていたり、蓮池辺りは雨でも雪が降っています。
標高では200メートル位、距離では2キロも違いませんが地形が違いすぎます。
山内でも蓮池地区だけが特殊です。
くれぐれも蓮池あたりの天気・気温を参考にしていたらエライ目に合います。
きっと暖房費なども他地区より掛からないと思います。素直に羨ましいです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。