1月17日

DSCN3288.jpg

天気 こゆき 気温-10度

昨日、前線通過で湿った雨の代わりの腐った雪が降りましたが、その後10センチ程度サラサラ雪が積もりました。

阪神淡路大震災から26年、改めて被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、 お亡くなりになられた大勢の皆様のご冥福をお祈りいたします。
あの日は大雪の翌日でした。
阪神高速で屋根に雪を積んだバスが落ちずに止っている光景が盛んに報道されていました。
地震の一報を聞いたのは除雪のブルの中でした。
この日を忘れないように伝えて行くのがこの時代を生きぬいて来たものの責務だと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月16日

DSCN3285.jpg

天気 かいせい 気温1度

今朝はギリギリ氷点下に下がった程度の温かさです。
昼頃に前線通過が予報されていますか雨かもしれません。
通常雨を降らせるような低気圧が通過すれば強い冬型になるのですがそれも無いようです。
なんか春のようです_| ̄|〇


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月15日

DSCN3282.jpg

天気 かいせい 気温-8度

今朝はマイナス10度以下まで下がりましたが南風の予報が出ています。
高天ヶ原に居ると例年よりお客様は少ないですが、丸池やサンバレー通りかかったら行き帰り1人も滑っている姿見かけませんでした。
全山の中には動かしていても1人もお客様が乗らないリフトもあるかもしれません。
そうなるとシーズン中でも休止そして廃止もありえるかもしれません。

スキー場や雪国では30年くらい前のキャラバンやハイエースをよく見かけると思います。
すべてディーゼル車です。
都市部でディーゼル車が嫌われて現在なかなかディーゼル車がありません。
雪国で一番使いやすい車はディーゼル車になります。
まず寒いとバッテリーが低下します。
スマホやデジカメを外で使うと直ぐにバッテリーが低下しますが車も同じです。
バッテリーは寒さに弱いです。
ガソリン車はエンジンを掛けるときセルモーターとスパークプラグを同時に使いますので電力が必要になります。
ディーゼル車の場合、予熱と言って事前にエンジンをグロープラグで温めてからセルモーターだけを回しますのでガソリン車より電力を使いません。
グロープラグもセルモーターも電圧が下がっても使えます。
そのため雪国ではディーゼル車の方がエンジンが掛かりやすいので重宝されています。
南極などの極地に行くとガソリンはマイナス40度以下になると気化しないので使い物にならずすべてディーゼル車になります。
もう一つは、ガソリン車に比べて非力なため、ゆっくりとした発進が出来ます。
そのためタイヤが空回りしたりしません。
よくやるのですが車がそっくり雪に埋まっている場合、後ろだけ掘って車内に入り込みエンジンを掛けて発進します。
すると車が抜けた後でカマクラが出ます。
それを見ていたお客様「雪国の車って特殊な装置が付いているの?」と聞かれた事があります。
雪国の車にはバンパーと言う物が付いていて、それで雪を掻きながら発進します。とお答えしています。
実は、その発進方法が出来るのはディーゼル車だからゆくっくりとした発進が出来るからです。
ガソリン車ではスリップしてそのやり方では発進できないと思います。
雪が積もった車お客様は非日常ですが、雪国で生活していれば日常です。
誰がキレイに雪をどかして車を出すか!なるべく雪を掻かずにバンパーで雪かきしながら出します。
そのため雪国ではディーゼル車が重宝されて30年前の車でも現役で走っています。
慎太郎君が都知事にならなければ!!_| ̄|〇



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月14日

DSCN3278.jpg

天気 かいせい 気温-5度

昨日はあまり気温が上がらず助かりましたが本日は気温が上がりそうです。
天気が良くて暖かいのは3月で楽しめます。
やはり寒くてもこの時期らしい雪質を楽しみたいものです。

私どものお客様で、お金持ちなのに国産の大衆車でお見えになられていたお客様が居られました。
車に興味がない訳では無く、いろいろな高級車に乗られていた話は時々お聞きしていました。
だからと言って何でとは聞けませんでしたが、仲間の方の車がエンジンが掛からないと言われて見に行ったら一緒に行き一言「ダメだよこんな古い車で(多分5年くらい使っている)バッテリーを交換してないなんて!」と仲間の方を叱りつけました。
冬、ご自分の蓼科の別荘で車のエンジンが掛からず死にかけたそうです。
実はあの大衆車は、ご自分の別荘に行かれる時と私どもにお見えになる時だけ使うお車でした。
毎年私どもに来る前に新しいバッテリーに交換するそうです。
量産車の大衆車の方がバッテリーも安いです。
そして、車も古くなるとエンジンの掛かりが悪くなるのでと3年毎に買い替えられていました。
本当のお金持ちはそれ専用に考えるようです。
また関西にお住まいで湯田中にマンションをお持ちのお客様ですが、この間お見掛けしたら長野ナンバーでした。
お聞きしたらご自宅から湯田中まではスタッドレスタイヤは気にしなくても良いが、志賀の登り降りを考えると新しいタイヤでないと志賀用に1台買われたそうです。
そうすれば、ご自宅から高速を走って湯田中までお越しになる車は4WDタイプにこだわる必要は有りません。
湯田中にマンションをお持ちのお客様で、志賀用に軽トラックやジムニーなどのセカンドカーをお持ちのお客様も居られます。
逆にFRのベンツなどでお越しになられて、キズやいたずらをされたくないと気にされている方が精神衛生上悪いです。
ベンツに付けるスタドレスタイヤとホイール代で、中古の安い4WD車えます。
外車用のホイールとタイヤお高いです。
バッテリーも純正のボッシュのバッテリーは目が飛び出るくらいお高いです。
車も靴と同じで使い分けた方が便利です。
ちなみに1台で、すべてをこなすなら乗用車タイプが一番使いやすいと思います。
それかスキーに行く時はレンターカーと言う方法もあります。
シーズンに1.2回のために4WDの車を買って、スタッドレスタイヤを買うことを思えばずっと安く上がります。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ










« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月13日

DSCN3274.jpg

天気 はれ 気温-13度

本日は晴れてくれるのはありがたいのですが温かい空気をもった高気圧に覆われるので、3月並みに気温が上がる予報が出ています。
折角のサラサラ雪が湿ってしまいます。
とても厳冬期の天気ではありません。
極端すぎます。

車の話題は皆さん興味があるようでアクセスが増えました。
太平洋側の降雪で思い出しましたが、昔 都内に在住のお客様で車種は忘れましたがランクルタイプのお車を買ってすぐに都内で雪が積もり半日くらい走り回ってスタックした車を引っ張り回ったと言っていたのを思い出しました。
困っている車を助けるには、役に立つタイプの車だと思います。
長野オリンピックの時ですが、三角のおにぎり型のキャタピラーが付いたランクルが中野警察署に配備になりました。
現在でも発哺の方で車種は違いますが、キャタピラーの付いた車を使っている事業所があります。
キャタピラーは付いていますが、新雪などは走れません。
スキー場もピステンで固められた緩斜面しか走れません。
ましてはパトカーなので雪の中でスタックさせると沽券に係るので絶対にできません。
パトカーなので運転はさせてもらえませんが助手席には何度も同乗しました。
決して後ろの席で両側に刑事に囲まれてではありません!!
道路を走っているとカーブなどでは、後ろから押される力が強く普通の車のようには曲がれません。
整備された緩斜面のスキー場は走れますが、あとはあまり使い勝手が悪く、いつの間にかキャタピラーを付けずに普通のタイヤのままになりました。
雪道はイメージのように強くは有りませんが、雪の無い悪路は強いです。
グリーンシーズンにゲレンデなどを登る時、センターデフロックを掛けると相当な坂も難なく上ります。
センターデフロックの機能はランクルをお持ちの方でも使うことは無いと思います。
東舘の林間コースと言えども意外と急坂です。
作業のために登ることがあるのですが、さすが陸の王者の風格です。
もちろん一般のお客様はスキー場内は車両侵入禁止です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

GO TOトラベル登録宿泊施設

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。