9月17日

DSCN4176.jpg

天気 うすぐもり 気温13度

台風14号からこれから近づくようですが、なるべく被害が少ない事を願うばかりです。
しかし1週間前に石垣や与那国に被害が出てその後停滞して東に向かう台風など記憶にありません。

五六豪雪のように、雪国で大雪になるのは教科書に出ているようなきれいに等圧線がまっずくに立った西高東低冬型気圧配置が続く時です。
真っ直ぐに等圧線が立った気圧配置になると志賀高原も大雪になります。
それが最近そんな気圧配置になりにくくなりました。
週間気圧配置で見ているとなりそうなのですが、発達した低気圧は予想より北上して等圧線が斜めに寝て西風になります。
夏の集中豪雨のように、特定の場所で大雪になるようになりました。
天気の話を書くと「地球温暖化なのね」としたり顔で言われそうですが、今まで気温が1.2度で雪が降っていた地域は2度上がれば雨になる事もありますが、マイナス10度20度の地域で気温が2度上がっても影響はありません。
雪を降らせる元の対馬海流も高くなりますので、その分雪が多くなります。
その分ゲリラ豪雪は怖くなります。
ただ志賀高原だけ豪雪は考えにくいです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

















« 前のページ  ホーム  次のページ »

9月16日

DSCN4173.jpg

天気 かいせい 気温12度

すでに台風の影響で南風が吹き出しています。
午後は風が強くなり気温も上がる予報が出ています。
折角、ツタも紅葉を始めたのですが台風の強風で落葉してしまうかもしれません。
DSCN4175.jpg

ゲリラ的な豪雪と言えば、2018年平成30年の北陸地域を襲った豪雪も忘れられません。
2月上旬でしたが志賀高原は快晴でした。
ここが晴れているので全国的に天気が良いと思い込んでいましたら北アルプスの先は黒い雪雲に覆われていました。
真冬の関東地方のような状態でした。
ニュースで北陸地域の豪雪が流れていましたのを思い出しました。
その年、北陸からお見えのお客様は五六豪雪(昭和56年1981年)以来と言われていましたが、この辺りは大した積雪になりませんでした。
18シーズンはとにかく西風の日が多く群馬県の元白根山で水蒸気爆発が起こったのですが、通常の北風ならあまり被害が無いのに西風だったので大きな被害が出ました。
通常、冬は北風、夏は南風が多いです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ















« 前のページ  ホーム  次のページ »

9月15日

DSCN4172.jpg

天気 かいせい 気温12度

今朝は冷え込み、霜が降りたかと見に行ったら凍るまでは行かなかったようです。
お盆から1か月経ちますが加速度的に冬に向かっています。
DSCN4165.jpg

昨シーズン(2021)は志賀高原では例年より積雪は少なかったと思います。
ところがお隣の新潟県では豪雪でした。
暮には高速道路が通行止めになり多くの車が立ち往生しましたし、1月連休は2メートル近くの積雪で災害級の豪雪になりました。
このところ暖冬小雪が続いていたので、余計酷かったのかもしれません。
昭和20年には「この下に高田と言う町あり」と2階建ての家並みがすっぽり埋まって煙突から煙だけ出ている写真を見た事があります。
高田の町は雁木造りと言って各家の軒先からひさしを長く張り出し、その下を通路として通れるアーケードのようになっています。
昔なら家の一階が雪に埋まるのが当たり前だったのかもしれません。
長野県内でも飯山市の商店街は雁木造りになっています。
今は除雪体制もしっかりしていますし、車が通れないと生活できない時代になりました。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ












« 前のページ  ホーム  次のページ »

9月14日

DSCN4158.jpg

天気 はれ 気温13度

上空の薄雲の影響で気温はあまり上がりません。
すでにカエデなどは徐々に色を変えて来ています。
今月末にには見頃となると思います。
DSCN4138.jpg

昨日、ナナカマドの話題を書きましたがこの辺りではナナカマドが豊作の年は大雪の伝えがあります。
夏、お見えのお客様からはよくスキー場なのでいっぱい雪が降ると思われていますが、大雪が降る場所はスキー場の適地ではありません。
お隣の新潟県の奥只見丸山スキー場のように雪が降り過ぎてシーズン中クローズするスキー場もあります。
志賀高原の場合、雪は降りますが実は雪は少ない場所です。
新潟に重たい雪が降って軽い雪だけが飛んで来て雪質が良く、標高が高いので長持ちする特殊な場所になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ










« 前のページ  ホーム  次のページ »

9月13日

DSCN4152.jpg

天気 はれ 気温12度

上空の薄雲で快晴とはなりませんでした。
その分冷え込みは弱かったです。

周辺ではナナカマドの実を見る事が多くなりました。
前にお客様が調べてくれたのですがナナカマドは低木なので大雪になると雪の重さで幹が裂けるので、いっぱい実を付けて子孫を残そうとするそうです。
今シーズンはどうなりますやら

DSCN4146.jpg






励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

GO TOトラベル登録宿泊施設

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。