11月24日

DSCF2993.jpg

天気 小雪 気温-7度

本日は西風なので、ありがたい事にスノーマシンで作った雪が飛ばされてもタンネ方向です。
県内でも昨日プレオープンさせたスキー場がありますが、負け惜しみでは無いのですが昨日オープンさせなくて正解でした。
気温が高く、小雨になったり限りなく雨に近い雪になり止むと霧に包まれたりしていました。
やはり始まりは幸先良いように天気が良い方が良いです。
明日は高気圧に覆われて晴れる予報です。

その後、ありがたくない事に旗門係長になりました。
その上の課長や部長はありません。あくまで係ですので。
旗門係長になりますと現場には出る事は出来ません。
段取り掛かりが主な仕事になります。
旗門員の配置などを考えますし、失格記録表が来た場合、確認するのも仕事です。
大会が終わってもその後、ジュリー会議と言う係長以上の打ち合わせ会議もありますし通過記録表などを書き込む用紙の準備やエンピツ削りも仕事です。
班別に戻ってきたエンピツを見て、少なければ急斜面なので回収が出来ないと判断して本数を多くするなどもします。
実は、私たちが係長になって判った事があります。
それは年寄を偉くしても、エバっているだけで何もしない。
例えばエンピツですが年寄なら「チャンと自分で必要な本数は自分で持って行け」になりますが、そんな事を言えば、みんな多く持って行って庶務から「そんなに在庫は無い!!ム」と叱られます。
若ければ班編成も年配の方に「すみませんお願いします。」と頭を下げて従って貰えます。
もちろんスキー学校などから応援に来て貰っていますし、私より年配の方も大勢います。
エンピツの件も若ければ必要な班には多く、あまり無くさない班には少なくなどの柔軟な対応が取れます。
それが判ってから志賀高原では30歳くらいで係長を遣るようになりました。
出世しても給金が出る訳でも無くジュリー会議などで長時間になります。
若い方が向いています。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

11月23日

DSCF2992.jpg

天気 雨の代わりの小雪がチラチラ 気温-1度

前線通過時一時小雨が降りました。
現在雨の代わりの小雪がチラついています。
昨晩は冷えずにスノーマシン動きませんてしたが、代わりに25日オープンに向けてピステンでゲレンデ整備をしています。
DSCF2991.jpg

旗門員から旗門主任になりました。
旗門主任になりますと自分の担当する旗門はありませんが、便利屋さん・雑用係です。
例えば、選手が最短距離でポールにぶつかって行く箇所はだいたい同じ旗門になります。人間だもの!!
選手がぶつかり飛ばされるポールは急斜面だと下に落ちて行って回収は無理です。
予備も置いてありますが数に限りがあります。
しかもポールや旗の色は2色交互に立てます。(滑降を除く)
違う色のポールや旗は使う事は出来ません。
旗門員は持ち場を離れる訳には行きませんので主任が回収して戻したり、他の旗門の予備を借りて運んだりします。
酷い時なんて資材置き場まで取りに行って別の主任に無線で連絡してリフトから落として拾って届けて貰った事もあります。
選手が滑っている間中、飛び回っているのが旗門主任の仕事になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

11月22日

DSCF2989.jpg

天気 ドピカーンの快晴 気温-8度

昨晩は風も無く放射冷却で冷え込み順調にスノーマシン稼働していました。
昨日、連絡が入り高天ヶ原と一の瀬ファミリー今週末の25.26日プレオープンするそうです。
両方とも短いリフトのみの営業です。
今晩からの雪でスキー場も繋がるかもしれません。
11月にオープンするのは2012年以来です。
あの年も11月に入って降雪が続きました。
幸先の良いスタートになります。

スキー競技は旗門と言って回転競技の時は2本で1組、大回転や滑降の時は2本のポールに旗を通して1組にして2組の旗門の中をを滑ってタイムを競います。
そこで一番重要で大変な仕事が旗門審判員と言う役職です。通称旗門員と呼びます。
大会の規模や内容にもよりますが1人で1旗門から酷い時は3旗門くらい担当します。
2つの旗門の中を通ったか審判します。
ちゃんと通過していれば通過記録表に書き込み、通過していない場合は失格記録表に書き込みます。
それ以外でも選手は最短距離を狙って旗門に突っ込んで来ますので、自分の担当している旗門のポールが抜ければ直しますし旗が付いていればそれも直します。
みんな同じラインで滑りますのでコースが荒れれば修復もします。
その作業を次の選手が滑って来るまでに終わらせます。
スタート間隔では1分も無いこともザラです。
万一ポールが元に戻っていなければ選手は滑るのを止めて再レースになります。
円滑な大会運営とは、タイムスケージュール通りに進み再レースなんてもってのほかです。
しかも大会中は自分の持ち場からは離れる事が出来ません。
大会によっては昼食もその場で取ります。
急斜面の担当になれば、冬山登山で使うアイゼンをスキー靴に着けて動き回ります。
私も公認旗門審判員の資格を取らされて始まりは旗門員でした。
規模が大きい大会になれば補助員が付いてポールの手直しなどは補助員が手伝ってくれますが、受け持ちの旗門の責任者は旗門審判員になります。
ポールを立てた時、雪に色水を流して場所を判るようにしてあります。
勝手にボールの位置を変える事は出来ません。
スキー大会では一番大変な役員さんです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







ホーム  次のページ »

11月21日

DSCF2988.jpg

天気 ふぶき 気温-12度

朝までに30-40センチ程度の積雪となりました。
今回の低気圧は発達しなかったので、あまり風で飛ばされずに積もりました。
気温と雪の降るパターンは真冬そのものです。

スキー大会役員は競技委員長を長にして色々な係に分れます。
前回書きましたが、オリンピック誘致のためにFIS(国際スキー連盟)の大会を開催して実績作りの必要性がありました。
ちょうどその時に競技委員長をされて居られたのが中学生の時の鬼コーチ様でした。
自分が担当した選手ですので使いやすかったと思いますが、スキー大会のメンバーに入れられました。
「お前だれのおかげで!!」その一言でストックで「腰が引けているビシ、もっとポールにぶつからんかいバシ」そんな事は思い出さずに、あの時ラーメンをおもって貰った。かつ丼を食べさせて貰った。などの思い出さなくても良い事を思い出してしまいます。
かつ丼は機会があれば別の回に書きたいと思います。
鬼コーチ様に逆らう訳には行きません。
鬼コーチ様はその後オリンピックの時は長野県スキー連盟の副会長になり、会長まで上り詰めました。
そのレベルまでなると勲章ものです。たしか頂いたと思います。
地元では親しをこめてミキアンチャンと呼ばれて居られる方です。
鬼になった気持ちはよく判ります。
スキーの場合、上位15名が第1シードと言って優勝を争うポジションになります。
さらにその下に第2シード15名が有ります。
1年生なら上位30名以内の第2シード入りを目標にして,2年生なら第1シード15名を目指して3年生になって優勝争いになるのが理想です。
しかしスキーは個人競技です。体育会ですので1年違えば奴隷と神様くらいの階級社会ですが勝てば学年は関係ありません。
大会で、先に滑った先輩が何旗門で失敗したと直ぐにコーチに無線で情報が入り「何旗門は抑えて行け」などの指示が出ます。
ところが先輩に勝ちたい一心でコーチの指示は無視して猛烈にアタックして行き失敗します_| ̄|〇
そりゃー鬼になります。
それは現在でもあります。ワールドカップなどで入賞はするがオリンピックでは入賞できない選手がいますが、ワールドカップは大会も多いので一か八かの勝負に出れます。
勝てば入賞しますが失敗すれば途中棄権などに結び付きます。
今でも中学生の大会を見ていると昔の自分が滑っています。
その頃悟りました。「上手い人間は何やっても上手い」失敗しても上位に入るのですから_| ̄|〇
私たちの仲間でワールドカップ2名オリンピック1名出場しましたので、コーチ冥利には尽いたと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

11月20日

DSCF2987.jpg

天気 小雪 気温-10度

朝までに10センチ程度の積雪になりました。
夜降って昼間は止んでくれるパターンのようです。この寒さでスノーマシンは順調に稼働しています。
おまけに雪がありますので係員もスノーモービルで移動できるので効率も良いです。
今晩から再び雪の予報が出ています。

さてさて、今年3月に書き始めましたがオリンピックの思い出をしばらく書いて行こうと思います。
スキー競技をされた事の無い人にとって、とても判りずらい競技だと思います。
スキー競技は実は、とてもアンフェアーな競技です。
スキー場の上に一列に並んでヨーイドンで滑って一番早かった人が一等賞なら判りやすいのですが、一枚バーンのスキー場も起伏に富んでいますしコンデションも違います。
順番に滑ってもコースコンデションや天気も常に変化していきます。
スキー競技でも今は色々な競技が増えてきましたが、アルペンスキーと言われるものを書いて行きます。
先ず滑降(ダンヒル)競技ですがスキー場の上から下まであまり曲がらずに滑りタイムを競います。
スキー競技の原点だと思います。
すると俺はスキーで曲がるのが上手いと言う人ように、回転(スラローム)競技は曲がりながら滑りタイムを争います。
大回転(ジャイアントスラローム)は滑降と回転の要素をたした競技になります。
あとスーパー大回転(SG)と言って滑降と大回転の中間もあります。
また2人で競ったりスキークロスと言って4-6人同時にスタートする競技もありますが今回は省きます。
いずれにしても1人づつスタートして旗門(ポール)の中を滑り速さを競います。
競技役員の役割を明日から書いて行こうと思います。
志賀高原山内で私ほど色々な役員をした人は居ないと思っています。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »