2月27日

DSCN7869.jpg

天気 ふぶき 気温 -13度

朝までに50センチ以上の積雪になりました。
吹雪が収まれば久しぶりにパウダースノーでお楽しみ頂けます。
しかし2月6日に除雪をして以来、21日振りに雪かきをしました。
4月でもあり得ない事です。

私ども事業者は肉や魚、やさいなどの食料品や生活物資は業者さんが毎日配達してくれます。
ところが志賀高原内でも事業者でない住民も居ります。
例えば、規制を掛けている環境省も現地に職員を派遣して事務所と宿舎があります。
忘れられない環境省の管理官が居ります。
彼は独身で赴任でしたが、ほかに何人も独身や単身赴任でお越しになられた方が居られますが、彼は自炊をしませんでした。
そのため食事は1日1食と決めて、お昼は外食で食べていました。
たぶん大酒呑みなので夕食代わりにツマミで夕食の代わりにしていたと思います。
2年間その生活を続けて次の赴任先は上高地になりました。
上高地の場合、上高地では無く当時の安曇野村の役場のそばに事務所があります。
その前にコンビニがあり、嬉しくて1日5回通っているそうです。
朝、昼、晩に3時のおやつそして、つまみと酒と。
普通、転勤になれば前任地には来ないのが普通ですが、志賀高原が好きでしょっちゅう来てその話をしていました。
コンビにどころか生活施設はいっさいダメよと言わされている管理官が一番欲しいいんだョ!!









励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







ホーム  次のページ »

2月26日

DSCN7863.jpg

天気 うすぐもり 気温 -11度

現在、気圧の谷の中で晴れています。
これから冬型気圧配置が強まり雪の予報が出ています。
今晩1メートルとは言いませんのでせめて30センチ程度の積雪は欲しいです。切に

過日、お客様、お昼をレストランで召し上がられていたら、横の席に居たオッサンが「志賀は閉鎖的で新しいものや外部資本をを受け入れないのでコンビニが無いんだよ」とシタリ顔で周りに吠えていたそうです。
きっとお昼はコンビニで、カップラとオニギリ程度で済ませたかったのに無いので腹いせでが推測されます。
実は、お客様以上に欲しいのはここに住んでいる住民です。
自動車税や公共料金などはコンビニ以外でも銀行や郵便局で支払えますが、ネット通販などではコンビニのみの用紙があります。
その都度、下界まで払いに行かないといけません。
またリチウム電池などは種類が多くてストックして置けません。
通常なら切れたらコンビニに行けば間に合いますが、電池1個のために往復60キロ買いに行かないと手には入れません。
生活するには不便な場所です。
今週はコンビニの話で1週間持つか?


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ












ホーム  次のページ »

2月25日

DSCN7860.jpg

天気 うすぐもり 気温 -7度

本日はお客様がお帰りの頃から雪の予報が出ています。
明日からの冬型気圧配置に期待です。
こんなに降雪の無い2月は初めての経験です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ










ホーム  次のページ »

2月24日

DSCN7847.jpg

天気 小雪がチラチラ  気温 -13度

お客様、晴れる期待をされていますが連休で天気が良いと救急車の稼ぎ時になります。
バーンは国際大会を開催出来るほど高速バーンです。
10時頃になると衝突事故が増えます。
お互い相手からぶつかって来たと言われますが裁判になっても両成敗です。
晴れるのはお帰りになられてからが一番ありがたいです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ










ホーム  次のページ »

2月23日

DSCN7843.jpg

天気 こゆきチラチラ 気温 -10度

2-30センチ積もってくれればありがたいのですが、雨で無いのが救いと思うしかありません。
道路はツルツルで薄っすらの新雪で一番滑る状態です。
お気を付けてお越しください。

丸池に出来たリフトは進駐軍専用で日本人は乗ることが出来ません。
またコースもAコースは残っていますが右側にB、Cと3本のコースとジャンプ台まで作らされました。
日本人は指を咥えて見ているしか出来ません。
そこで昭和23年には現在の丸池第2ペアリフトの場所にロープトゥを掛けちゃいました。
焼玉エンジンでドラム缶を回して綱引きに使うロープを繋げて作っちゃいました。

DSCF1799.jpg

※写真は志賀高原スキー史より拝借しました。
今時、ロープトゥを知って居られる方は少数だと思います。

山スキーから現在のゲレンデスキーが始まったのは志賀高原が最初です。
日本の近代スキーの始まりです。
ナイタースキーもサンバレースキー場が最初です。
先代が秋葉原まで灯具を買いに行ってスキー場に照明を付けたそうです。
どのくらい必要なのかはやって見ないと誰も分かりません。
最初に2人乗りリフトが掛かったのは私どもの横の西舘第2リフトです。
現在クワッドリフトと言っていますが自働循環高速リフトも高天ヶ原が最初です。
最初は3人乗りで実証実験の名目で自働循環高速リフトが認可されました。
また現在ゲレンデを整備する圧雪車の事をピステンと呼んでいますが、ドイツ製で製造番号2の車両が東舘スキー場で使用して商品名で呼ばれるようになりました。
スキーのために開発された志賀高原ですのでほとんどが日本初です。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
















ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。