8月21日

DSCF9942.jpg

天気 霧雨 気温12度

湿った南風が吹き込み冷やされて霧雨になっています。

クマ避けによく鈴を付けていればクマとの遭遇は無いのでは?
と言われましが今は判りません。
昔のようにマタギの皆さんがクマを取っていた時代なら
クマは人間は恐ろしいものだと思っていたと思います。

殺され肉を取られ毛皮まで剥がされ、人間ほど残酷な動物は
いない、近づかないようにとDNAに深く刻まれたり母グマが子グマに
教えていた時代なら効果はあったかもしれません。

志賀高原で1度すべての常識が覆った事例が発生しまた。
6月の竹の子取りの時の話ですが、ラジオを鳴らして
人間の存在をクマに教えるのが常識とされてきましたが
逆に、ラジオに子グマが興味を持って近づきました。
子グマが近づけば母クマもきます。
子グマは好奇心旺盛です。
何にも興味を持ちます。

長野県内でも昔なら想像もできない事が起っています。
3年ほど前ですが早朝に長野駅のホームにクマが出没しました。
新幹線ホームでは無く在来線のホームで、まさかクマが
お街の生活は飽きた、在来線に乗って人けのない静かなところで
暮らしたいと思いホームに行ったとは思えませんが
いくら田舎と言えども30万都市でしかもお街のど真ん中の駅に!!

新聞を見ますと長野県内色々なところで市内でも出没しています。

そう言えば広島でもあったような気がします。

だんだんクマも人間を怖がらなくなりました。
クマ避けの鈴が効くかはクマに聞いてみないと判らない時代になりました。
小クマが興味を持って「ボクも付けて見たい!!」そんな時代が来たりして_| ̄|〇

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月20日

DSCF9941.jpg

天気 くもり 気温14度

まだ大半の地域ではお子様の小中学校は夏休みだと思いますが
長野県内は昨日が終業式のようです。
長野県内も夏は終わりです。

クマの話題から離れますが人間も空腹だと何をしでかすか
判らない話を書きたいと思います。
長野オリンピックの前で20年位前の話ですが
オリンピック時に某スキー場の校長と一緒に仕事をしていたのですが
信じられない話を、その校長から聞きました。

そのスキー場は長野県内で、安いスキーツアーバスで賑わうスキー場です。
ところが車の中で寝泊まりする人種が増えて来たら駐車場付近の民宿で
朝食食い逃げ事件が多発したそうです。
民宿ですので昨晩の泊まりが10人なら10人分並べてだしてあります。
すると駐車場で寝泊まりしている人種が民宿に勝手に入って食べて行ってしまうそうです。
警察を呼んでも「ちょうど腹が減っていたら目の前に食い物が並べてあったから食べた!!
なにが悪いのか」と開き直るそうです。警察も所持金が無いなら無銭飲食で引っ張れますが
遊びに来ているので多少の金は持っています。すると吉牛(某牛丼チェーン)では朝食がいくらで
高すぎると値段交渉になるそうです。

そのスキー場では多発したので、民宿は朝食が終わるまでカギを掛けるようになったそうです。

人間も空腹だと何をするか判りません。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月19日

DSCF9940.jpg


天気 はれ 気温12度

今し方まで雲に覆われていましたが日中は晴れるようです。 

山で絶対に出会いたくないのはクマになりますが
クマは1年中志賀高原にはいません。
6月になりようやく芽吹くような環境で冬眠していたら
餓死してしまいます。

だいたい6月に入り好物の志賀高原名物の竹の子が出だすと
下から上がって来て夏を高原で過ごし、秋風が吹くと
下に降ります。志賀高原山内にクマの檻を設置してありますが
秋風が吹きだすと1匹も入らなくなり目撃情報も無くなります。
1日に10キロ以上移動するようですが基本的には歩きやすい場所を
通ります。登山道や沢などを通っていきます。
ぬかるみを歩きますと足跡が付きますし、登山道に糞までしてあります。

人間もですが「金持ちケンカせず」で満腹の時は、係わらないように
人を避けていきますが、空腹時はエサを求めて周りを気にする余裕は無いようです。
一番クマが活発に動き回る時間帯は日の出と日没の時間帯になります。

クマが生きて行けるのは、それだけ豊かな自然があると言う事なので
クマと共生するためには、夏は人間はその時間帯はなるべく近づかない
方が賢明です。

むしろ日中も山はクマのもので、通らせて貰っているくらいの謙虚な気持ちが大事です。
クマも夏の間は暑いのは嫌だと避暑に来ていますが秋風が吹き出しますと
寒いのは嫌だと、下界に降りて行き最近はお街の中に出たと大騒ぎになります。

明日は脱線しますが、空腹だと何をしでかすか判らない生き物の話題を書きます。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月18日

DSCF9938.jpg

天気 くもり 気温14度

湿った南風が入り込み雲が出来ています。

山登りは秋が最適と書きましたが、夏山は天気が安定しません。
今年は少なかったのですが、通常、夏は晴れて日中気温が上がるほど
雷雨になります。温められた空気が上昇して温度差が出来ますので
暑ければ暑いほど雷雲ができやすいです。

夏の空気は南風で湿度を含んでいますので高い山にあたると
山頂だけ雲が掛かります。湿度を含んでいますので
遠くの景色も靄が掛かり見えづらいです。

秋になり太平洋高気圧でなく大陸育ちの高気圧に覆われるようになると
湿度が少なく秋澄の空になり雷雨の心配もありませんし遠くの景色も
きれいに見えます。

また歩く分でも夏よりコースタイムが短くなります。
気温が20度位でも晴れて直射日光をもろに浴びれば暑いです。
休憩の時も汗が引くまで休みますので、秋になってあまり汗を
掻かなく、少し休んでいれば寒く感じる方が結果的に休憩も短く
結果的に早くたどり着けます。

また山で絶対に出会いたくないものの話題は明日へ続きます。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月17日

DSCF9937.jpg


天気 あめ 気温12度

お盆休みも終わり本日からお仕事のお客様も多いと思います。
山登りも休みの関係で、8月のお盆までに集中しますが
山登りに一番適した季節は、これからの秋になります。
今週はそんな話題を書いて行きたいと思います。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

夏の終わり♪

DSCF9934.jpg

本日は最高気温が16度です。

DSCF9936.jpg

7月13日の写真と比べて頂ければ判ると思いますが、木々も少しずつ色を変えてきました。


DSCF9828.jpg
7月13日撮影

来月に入れば紅葉を初めて下旬には、氷点下に気温が下がり初霜が降り、長い長い冬へと向かいます。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月16日

DSCF9933.jpg


天気 快晴 気温14度

お盆を過ぎたので本日から加速度的に寒くなって行きます。
木々も夏までは太陽の光をいっぱいに吸収するため
同じような濃い緑なのですが落葉に向けて徐々に色を変えて行きます。
夏に向かっている時はワクワクしますがお盆を過ぎると日に日に寂しくなって行きます。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月14日

DSCF9928.jpg

天気 霧雨 気温14度

夜中から雨になりました。
雨が降ると寒くストーブを焚いています。

HPにしろBlogにしろデジカメが無ければ
毎日更新は難しいですが、最近のデジカメ
画素数が大きくなり縮小しないとUp出来なくなりました。
mailにしろBlog・Hp大きさの容量は昔から変わりません。
基本的に最少画素数で撮影してUpしています。
写真を縮小したり、いじるのはあまり好きではありません。

10年経って撮影機材は劇的に変わりましたが
Blogなどのソフト面は昔のままです。

新化したのは動画が使える事でしょうか?
youtubeが使えるようになりましたが
その前はわずか29秒しかUp出来ませんでした。
後から出来たfacebookはyoutubeを使わなくてもUp
出来るので便利です。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月13日

DSCF9927.jpg

天気 霧雨 気温12度

寒いです_| ̄|〇

このところ気になるのは自転車が増えました。
例年、国道に出ますと荷物満載の自転車を見かける事はありますが
荷物を積まない自転車のグループが多くなりました。
やはり志賀高原ロングライドの影響で皆さん興味を持たれたのでしょうか?

2000年から毎日更新高天ヶ原マンモススキー場の写真を
始めましたがHpは1998年に開設しました。現地に居ると
冬、滑れるようになると天気が晴れていようが雪が降っていようが
5月までは同じ風景が続きますので、お客様が今の景色が見たいと
言う事に気がつきませんでした。
お客様の毎日の風景が見たいと言うリクエストにお応えして始めました。
2002年からライブカメラを導入したので止めても良いかと思ったのですが
止めるな!!の天の声_| ̄|〇
確かにすべてのお客様がパソコンの前に座っている訳も無く、いちよう当時のライブカメラは
1時間毎の映像をさかのぼって見れるようにしておきましたが
天気と気温と一言のコメントが欲しいと・・・・・・

運営する側にすればライブカメラだけの方がカメラの管理だけなので楽です。
結局、冬の間は続けました。Blogが続いたのも毎日楽しみにされて居られる
お客様を裏切る訳には行かなかったので続きました。

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。