9月11日

DSCF9981.jpg

天気 快晴 気温12度

重ね重ねこの度の大雨で被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。
昨日、午後小雨が降りました。
この土日は天気がよさそうです。
少し早いですが本日より紅葉通信再開しました。

少しづつ変わっていく志賀高原の紅葉をお楽しみください。

2週間に渡り、登山道を開けた話を書いてきましたが
苦労して開けた道ですので、やはり大勢の方に歩いて頂きたいと思います。

町の自然観察会のガイドの時は、後ろから「早くしないと日が暮れる」と囃子立てるのも
仕事でしたが、話しながらの方が疲れないので、登山道を開けた時の逸話などを話ながら
歩きました。
皆さん驚かれるのは、ボランテアで怪我と弁当は自分持ちで作業をしていた事です。
山岳救助隊そのものもボランテアです。
若し、日当と言う話になれば、誰も行きません。
家で仕事をしていた方がずっと稼げます !!
普通の山登りなら、この登山道がどうして開いたかや苦労話など知る由もありません。

他所もそうですが登山道整備は、山に携わるもので行っています。


みんな山で生きている!!山があるから生活が出来る。
自分たちが遣らなければ誰も遣ってくれない!!それだけです。

昔は、山岳救助隊で刈払いが終わると、奥さん連中も日帰りで歩きに行ってくれました。
父ちゃんたちが苦労して開けた道を歩くのが楽しかったようです。
奥さん連中も山で生きていますので、自分の住んでいる山を知りたかった
のでしょう。

ホーム