サンセット

DSC_6675.jpg

北アルプスや高妻山が雲海に浮かび幻想的な雰囲気を醸し出しています。

DSCF0295.jpg

太陽が北アルプスに沈みました。
明日も良い日でありますように

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム

11月4日

DSCF0276.jpg

天気 快晴 気温3度

今朝はこの時間でも日陰部分は霜が融けていませんが日中は気温が上がる予報です。

よいよい本日の午後2時より奥志賀の先秋山郷方面は来年の6月まで
冬季道路閉鎖になります。
スキーをされない夏にお見えのお客様にすれば、早くもスノーマシンで雪を作って
オープンしているスキー場があるのに志賀高原はなんで?と思われていると思います。
いまオーブンしているスキー場はICS(アイス クラッシュシステム)と言って
建物の室内で氷を作ってスキー場に撒くタイプのスノーマシンになります。
建物の中で氷を作りますので外気温に関係なく作ることができます。
志賀高原内にはその手のタイプのスノーマシンは入っていません。

志賀高原山内のスノーマシンは外気温が氷点下に下がり霧吹きの原理で
水滴を空中に飛ばして外気温で氷になって降るタイプになります。
そのタイプですら国立公園内ですので良く許可が降りたと思ってしまいます。
いちよう建前は、国立公園法による国民の健康と福祉に増進する
スキー場の設置は認めたが雪が少なくスキーが出来ないなら
雪不足を補うためになるとは思いますが?

ICSのように外気温に関係なく作ることが出来れば、いまオープンしている
スキー場のように紅葉真っ盛りの時でもスキー場だけ白くなり滑れるように
なります。
極論を行ってしまえば高山植物が咲き誇る夏でもできてしまいます。
いくらなんでも規制が掛かっている国立公園内では設置は無理ですし
不自然になってしまいます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム