冬への準備final

DSC_6700.jpg

ついに、この日が遣って来ました。
明日からの降雪にそなえて階段の人工芝の撤去です。
もう雪が積もっても大丈夫です。
毎年思うのはスキー立てを仕舞うと冬が終り、階段の人口芝を
仕舞うと冬が始まります。
あまり早く仕舞うと過去に、人材派遣か何かのセールスに
来たオネ~タンがハイヒールが挟まり恨めしそうな目付きを思い出します。
励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム

11月23日

DSCF0330.jpg

天気 はれ 気温2度

今朝も薄らと氷が張った程度の冷え込みでしたが現在南風の強風が吹いています。
低気圧が通り過ぎる明日の午後位から雪が降ると思います。

雪が積もって滑れるまでクーシュベルの話題を続けましょう。
もちろんすんなり研修旅行の計画が進んだ訳ではありません。
それは端折って、日程は4月21日出発28日帰国と決まりました。
シーズン中はスキー大会が数多くあって、私を含め多くのメンバーは大会スタッフを
していますので無理ですし4月29日からはゴールデンウィークです。
おまけに地元消防団の行事が29日あるのでギリギリの日程になりました。
参加希望者の中には、その期間に仕事が入って駄目になった者も居りました。
当然消防団の幹部をしている者も事前の準備がありますので参加出来ません。

当初の予定はクーシュベルでは無く、女子のアルペン競技を行ったメリベルの予定でした。
して今回一番お骨折りを頂き、町から補助金の道筋を付けて頂いた
当時、私共の志賀高原を所有する和合会副理事長であり、渋温泉選出の町会議員を
されて居られた方に、ようやく町からの補助金決定の通知が出たので挨拶に行きました。
計画はシャモニー・メリベル・ティーニュ(バルディゼール)の計画をご説明したら
なんとメリベルに行くならクーシュベルの方が良いと。実は和合会の理事さんたちは
1988年にアルベールビルオリンピックの準備と招致活動の視察に行っていました。
その年は、ようやく国内候補地に決まった年でもあります。
次は、IOCの総会で日本に招致するための先進地視察でした。
その時クーシュベルを訪れて、クーシュベルは志賀高原と同じでスキーのために
開発された町であることを知りました。
また議員をされて居られてクーシュベルから町へ姉妹提携の話がある事もご存じでした。

メンバーの中に海外スキー専門の旅行会社フェロートラベルに勤めていた者がおり
彼が計画を練っていたのですが、急遽メリベルからクーシュベルに変更をお願いしました。
やはり志賀高原と同じ歴史を歩んでいたと判ると親近感が湧きます。
姉妹提携に関しては、行政どうしの話ですので特に興味は無かったのですが
また新たなる試練が待ち構えていました。
平成のこの時代に、渡航制限と検閲の話は書かないとクーシュベルでの出来事を
書いても理解して頂けないと思いますすので続きは明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。