12月14日

DSCF0427.jpg

天気 くもり 気温-1度

昨晩は気温が高くスノーマシン稼働出来ませんでした。今週の寒気に期待です。
昨日はリフト1本しか動きませんでしたがお客様半年振りの雪の感触を楽しんで居られました。
スキーは1年中出来ません。たとえリフト1本でもJ'aime le ski!!

よし!!みんなヨーロッパにスキーに行きたいか!!
そろそろまとめに入ろうと思っていましたが大事な事を忘れていました。
事の発端は姉妹提携の件です。ヨーロッパスキー概論ではありませんでした。
今回はリフト会社どうしの姉妹提携なので志賀高原のお客様にもシーズン券を持っていれば
トロワバレーのリフト3日券サービスです。
通常、姉妹都市でも、住民にもあまり特典はありません。

姉妹都市で凄く感動した事があります。
スイスのグリンデルワルトに電車で行く場合、手前のインターラーケンで乗り換えるのですが
なんと降りたホームに「日本の皆様ようこそ グリンデルワルトは安曇村と姉妹都市です。
乗り換えホームは何番線です。」と日本語で表示されていました。
言葉も通じない遠くの異国の地で、日本語の看板嬉しかったです。疲れた体で重たい荷物を
引きずり乗り換えホームを探そうと思っていた矢先でした。しかもインターラーケンの駅が
2つあるのを知らずに一つ手前で降りてしまった_| ̄|〇
グリンデルワルトのホテルではデナーの時オーナーが挨拶に回るのですが、日本語で
挨拶してくれました。
スタッフも日本に行った事があるようで、メニューも日本語版があり日本流と言って
わざわざ、お皿に小さい番傘のイミティションをのせて持ってきました。
日本料理の場合、飾りで食べれないものもお皿に飾りますが、彼らにはカルチャーショック
だったのでしょう?洋食で食べれないものをお皿に飾るなんてありえません。

グリンデルワルトに行って安曇村と姉妹都市である事を始めて知りました。
安曇村は平成の大合併で松本市に吸収されましたが姉妹都市は続いています。

海外の姉妹都市で、お互い交流する事で上手く言っている一例だと思います。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム