2月11日

DSCF0745.jpg

天気 快晴 気温-15度

吹雪の後の快晴です。狙ってもなかなかこの快晴には当たりません。
ダイヤモンドダストも舞っています。♪ラララ ラララ言葉にできない(;_;)

話はそれましたが、合板からメタルやグラスファイバー繊維を挟み込むスキーに
変わって行きました。
先ずは自然乾燥させた木をさらに人工的に乾燥させて四角い角材を作ります。
角材と角材を横に貼り付けていってスキーの幅にします。
その板からベンドの形に薄く切り出します。
切り出した残りは廃材になりスキーを乾かすボイラーの燃料などに使います。
薄く切りだした板と板の間にグラスファイバーやケプラーなどの樹脂を
挟み込んで接着を繰り返して作っていきます。
高いスキーと安いスキーの違いは、高いスキーは木材も良い物を使い
何重にも張り合わせて作りますし、安いスキーはそれなりです。
木材だけでもとんでもない量を使っています。
興味のある方は私共にスキーの廃材取ってありますので
ご覧頂ければ、如何にスキー1本作るだけで材料と手間暇が掛かっているか
判ると思います。
忙しい時間帯で無ければ実物をお見せしてご説明いたします。

もちろんメーカーによってメタルを入れたものや中を空洞にしたものなど
千差万別ですが、すべて木がベースとなって作られています。
スキーを作った後の廃材は乾燥していてマッチ一本で火が点きます。
前は知り合いの小〇坂さんの社員の方がマキストーブの焚きつけに良いので
いっぱい持って来てくれたのですが、私共にはいろいろなメーカーの社員さんも
お客さまでお見えになられるので、どの木をどこに使っているのかは企業秘密なので
最近は持って来てくれなくなりました_| ̄|〇


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。