2月17日

DSCF0767.jpg

天気 ゆき 気温-13度

今し方から降り始めました。本日は日中は雪の予報です。
♪粉雪 ねえ 心まで白く染め られたなら二人の孤独を分け合う事が

登山靴とスキー靴の大きな違いは、登山の時は休憩の時も靴ひもを解きませんが
スキーの場合、靴がスキーをコントロールする一番大事な役割を持っていますので
きつく締めます。そして休息の場合緩めます。
一番最初は登山靴のようにヒモで締めていました。
ヒモのメリットは自分の足に合わせてきつく締めるところ、とゆるく締めるところと
細かく調整が出来ます。
その過程でバックルで締めるように改良をされました。
2重構造になっていて中はヒモで締めて外側はバックルのスキー靴もありました
滑る時はバックルできつく締めて、登る時などは緩めるようになりました。
革靴はメリットとして、購入後の手直しが簡単にできます。
当たって痛い箇所は内側から熱したコテを当てて外側に伸ばして
足の形に調整出来ました。

革靴の欠点は水に弱い事と水がしみ込み凍る事です。
ヒモまでガチガチに凍り、脱ぐに難儀した記憶があります。
お湯を掛けて溶かして脱いだ記憶があります。
それでプラスチックの靴が出来ました。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム