2月26日

DSCF0803.jpg

天気 快晴 気温-10度

寒気に覆われて夜中は雪が降っていました。夜は再び雪の予報です。
この時期らしい天気に戻りました。
昨日も日中は快晴になり雪質・コンデションは最高でした。

さて、スキー靴の話題も本日で終わりです。
スキー靴でよく見かけるのがマキストーブの前に並べる方が居りますが
本人は温まると思っているようですが、実は冷やしている事に気がついていません。
暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に降りると言う小学生レベルの理科も判っていないようです。
マキストーブ前面に行けば温風は出ていますが、温風は下には行きません。
上に行き対流して冷たい空気が入り込みます。
ストーブの前に立てば暖かいですが上だけです。間違っても暖かい空気は下には
降りません。
ストーブの前に注意書きをしてありますが、マキ投入時には灰やタイミングによっては
火の粉が飛び出します。ジュウタンが、ところどころ焦げていますが火の粉が飛んで
焼けた跡です。
暖かい空気が下に降りてくれたら、極寒の地ではどんなに助かりありがたいか!!
本日は放射冷却でマイナス18度まで下がりましたが、暖かい空気が下に降りたら
放射冷却もありませんし暖房代も大助かりです。

スキー靴は常温で履き氷点下で使うように設計されています。
買う時は見栄を張らず数値を気にしないで、お店では柔らか目を選びしましょう。
使う時は買う時より低温で履きます。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム