6月23日

DSCF1216.jpg

天気 雨上がり 気温11度

先程まで雨が降っていましたが止んでしまいました。
この時期の雨は好きです。
木々や草花も瑞々しく見えます。

さて、鉢山ガラン沢の話を続けます。
ヘリの場合、救助の場合は別ですが、谷が急峻で山の稜線より下には降りてくれません。
気流がいたるところで変わりヘリ事体が乱気流で危険にさらされます。
私が入る前に、発見救助で民間のヘリでしたが遭難者と救助隊員をヘリで運んでくれた
ことがあったのですがヘリに乗った先輩方はトラウマになるほど怖かったそうです。

ガラン沢でヘリと言うと苦い思い出があります。
県警でヘリを出してくれたのですが上空かなり高い位置からスピーカーで川の中央あたりのに
出るように放送していたのですが、遭難者には聞こえずむしろ、手を振った時にヘリが乱気流で
揺れたのをヘリが自分を見つけて合図をしてくれたと勘違いしてその場で2日間救助を待っていた
事がありました。
遭難者からヘリが見えても、ヘリからは生い茂った木々の間では見えません。
最初にヘリを使うとかえって発見救助が難しくなります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム