8月1日

DSCF1273.jpg

天気 はれ 気温15度

夏空が戻ってきましたが例年より湿度が高いです。
昨日も午後、大雨洪水警報が発令されましたがお山の上は降らず
下界は大雨だったようです。
警報は地形に関係なく行政単位で発令されますので。

本日は志賀山の紹介をしたいと思います。
志賀山は前山リフトを使えば往復3時間程度で登れます。
前山リフトから池めぐりコースを進んで途中の分岐から志賀山山頂まで
1時間程度で着きます。志賀山から裏志賀山までは、いったん鞍部まで
降りまた登ります。折角登ったのに降り、また登り返すのは切ないです。
池めぐりコースではご覧頂けない黒姫池などの沼をご覧頂けます。
ただ注意が必要なのは裏志賀山へのルートは祠のところで行き止りなのですが
大沼池の写真を撮られる方が、祠の先まで踏み跡が付けてあります。
大沼池まで道が有りそうですが大沼池には行けません。
四十八池方面に戻ってください。
志賀山の登山道は荒れています。
1982年昭和57年の8月1.2日、台風10号が直撃して
東館ゴンドラの山頂には風速60メートル以上の強風が吹いて
メーターが振り切れる強風が吹いたのですが志賀山も強風で
かなり木々がなぎ倒されました。
特に登山道がある稜線は酷かったです。
30年以上経っても中々木々は育ちません。
前山から3時間程度で往復できますが、一番のおすすめは池めぐりコースの中に
入れて清水に出るコースをお勧めします。
よくご主人は山に登りたい。奥様はそれほどでない事がありますが
途中でご主人は志賀山に登り、奥様は四十八池周辺をゆっくり散策して
お二人で大沼池に抜ける事をお勧めします。
リフトの運転開始時間は混みますが、志賀山に登っている分時間差が出来て
あとはゆっくり歩くことができます。
志賀山山頂から大沼池を見ているのに行かずに戻るのは勿体ないです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。