8月12日

DSCF1300.jpg

天気 快晴 気温14度

くも一つない夏空です。


志賀高原にお見えになられて、お客様 あまり気がつかれませんが
屋根の色や建物の形も規制が掛かっています。
看板や前にも書きましたが外に見える場所に自販機はありません。
コンビニも無い。自販機も無い。と不満を持たれる方は志賀高原に向きません。
ユリやラベンダーを植えて見栄えを良くして誘客しているところもありますが
長野県内のスキー場でも他と違うのは、如何に自然と調和させるかになります。
それがユネスコエコパークの認定になります。
例えば、私共と前の建物の間に小さな小川が流れていますがイワナが住んでいます。
イワナが人家の直ぐ側で泳いでいるなんて、日本では数少ないです。
下水を処理しないで流したりゴミを不法投棄すれば一発で生態系が崩れます。
庭に高山植物が咲き誇り、蝶やトンボが乱舞しているのもアルプスの山小屋か志賀高原くらいです。
自然は立ち入り禁止にして保護するのは容易いですが、人間が自然に触れ合い癒されるのも大事です。
国立公園内なので、最低限の施設しかありません。非日常を楽しんでください。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム