8月7日

DSCF2644.jpg

天気 快晴 気温16度

台風5号の影響で今朝から風が出てきました。
南から湿った空気が入り込んでいるので例年より湿度が多いです。
昨日は昼過ぎより雨になり、いったん止んだのですが夕方は雷雨になりました。
夏山で一番怖いのは雷になります。
通常は日中はれて気温が上がり、上空に寒気が入り込むと雷雨になります。
雷、3日と言いまして3日くらい続いて寒気が中和されると安定します。
雷雨が起りそうな時は天気図や天気予報で判りますので、午後はなるべくなら山の稜線は避けた方が賢明です。
万が一、雷に遭遇しそうになったら高い立木の45度の範囲に入り姿勢を低くして木には近ずかず姿勢を低くしてやり過ごしましょう。
稜線などで立木が無い場合は、なるべく樹林帯に逃げ込みましょう。
雷は直ぐ直撃はありません。志賀高原の場合、群馬側や新潟側から近づいてきます。
そうそう雷の直撃はありませんが、目の前でドンパチは寿命が縮みます。
私共では雷雨の可能性がある時は、岩菅山登山の場合行きは東館からを進めています。
帰りは稜線を外れて樹林帯になりますで、安心です。
大きな立木の45度の範囲で立木にはあまり近づかず姿勢を低くして、やり過ごすは覚えていて損はありません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム