高天ヶ原マンモス・一の瀬ファミリースキー場の様子

DSC_7955.jpg
バーンは一時期黄砂の影響で滑りづらかったですが元に戻っています。

モーグルバーンの様子
DSC_7956.jpg
凹凸は埋まりオフピステのようです。

赤石山
DSC_7958.jpg
私の好きな山ですが、まだ厳冬期の様相です。

お約束 高天ヶ原山頂よりの風景
DSC_7959.jpg
上空には薄雲が広がっていますが薄らと北アルプスは見えます。
長野市内も雪が降りましたので真冬の風景に戻りました。

いざ

スマホでの撮影もだいぶ上達しました。

タンネの森
DSC_7961.jpg
静寂に包まれています。

一の瀬ダイヤモンドスキー場
DSC_7964.jpg
クワッドリフトは動いていますが空気をかき混ぜているだけです。

一の瀬ファミリースキー場の様子
DSC_7966.jpg
写真中央には日曜日に行われるスキー大会のゴールが設営されています。
バーンは引っ掛かる雪質です。

天狗コース

ごめんない。撮影を始めたら途中で止っていました。
寒く取り直す気にはなりませんでした。
シーズン中ならプルーク軍団に占領されますがこの時期ならノンビリ滑ることが出来て好きなコースです。

一の瀬ファミリー上部より
DSC_7972.jpg
動画を撮影する時は下半身だけ左右にダラダラ振る滑りですが、自分の滑りをするために撮影は無しです。
鋭いターンを繰り返して落ちて行きます。

タンネの森横断

タンネのリフトが動いていなくてもちゃんと高天ヶ原まで戻ることが出来ます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム

4月12日

DSCN0633.jpg

天気 はれ 気温-8度

今朝は放射冷却でマイナス15度以下まで下がりました。
今晩、明朝お越しのお客様へ
上林から上は道路が解けていますが日陰などは凍っています。
真冬より滑りやすい状態になっています。
お気おつけてお越しください。

スキー大会は入賞すれば賞品が貰えて嬉しいですが今シーズンの成果を試す場でもあります。
ポールの場合、誤魔化しが効きません。
普通に滑っている分には、体が遅れたり押さえが弱かったりしても自分の都合で曲がる事が出来るので誤魔化しが出来ます。
ポールの場合、そくタイムに出ます。
仲間内で順位を競うのも励みになりますし、トップから何秒遅れも目標になります。
チャンとした滑りが出来ないと良いタイムには結びつきません。
シーズン中、漠然と滑っていないで、自分の欠点を克服する良い機会になります。
この日曜日は一の瀬でそして、横手山と続きます。
残念ながら事前申し込みが必要になります。
来年は是非チャレンジして見て下さい。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。