リベンジ海の蒼さと空の青さ



西舘リフト降り場からだと、天気が良いと北アルプスが視界に入りますが北側に日本海が見えます。
濃い蒼が海です。
そして、白い薄い雲が邪魔をしていますが空の青の違いが分かります。
直線距離で55.77キロでした。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ








ホーム

2月14日

DSCN7804.jpg

天気 かいせい 気温 -10度

3月のように大きな高気圧に覆われている訳では無いの2日続けて快晴です。
昨日も夜まで雲一つない快晴で、遠くの景色が見えたとお客様喜ばれて居りました。
まだまだ雪はアイスバーンにはなっていません。

民地とは何ぞや?官地とは何ぞや?村人はお役人さまの聞きました。
するとお役人様は答えました。「民地とは税金を払わなければいけない土地、官地とは税金を払わなくてよい土地」
それでなくても田畑や家屋敷、そして木を切り出す山には年貢が掛けられていました。
さらに共有地まで税金・・・・すると村人は税金を払いたくないので官地じゃと答えました。
この話で有名なのは県境は確定していないのに富士山の山頂は富士山本宮浅間大社ものです。
このように新政府は、所有者が不明な土地を次々に召し上げて行きました。
そして、官地つき立入禁止と山に入れなくなりました。
実は、共有地では炭焼きと竹切りを行っていました。
炭と言いますと現在は焼き鳥やBBQくらいしか使いませんが、ガスや電気が普及する前は煮炊きなどに大変重宝に使われていました。
当時、奥地の山から木を切って搬出は大変ですが、炭にすれば軽くしかも雪が降れば奥地からでも馬そりで運ぶ事が出来ます。
炭焼きの場合、炭焼き窯を作り周りの炭に適した木が無くなれば窯を動かしていきます。
そのため広大な土地が必要でした。新潟と群馬の県境に三国トンネルで有名な三国山がありますが、多分そのあたりまで占有していたので三国山と名前が付いたと思います。
現在は一つ手前の白砂山が県境ですし、山ノ内町さらに手前の大高山までです。
山に入れなくなり困った村人の話は明日になります。




励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


















ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。