2月19日

DSCN7825.jpg

天気 うすぐもり 気温 -2度

前線に向かい強い南風が吹き込み始めました。
前線通過後は冬型気圧配置に戻りしばらく続く予報です。
季節外れの温かさも今日までのようです。

志賀高原の歴史の話を続けたいとも思います。
志賀高原の歴史は戦争とオリンピックになります。
戦前の昭和15年1940年に札幌オリンピックと東京オリンピックの冬夏同時開催が日本に決定していました。
国威発揚の意味もあったと思います。
冬夏同時開催できる国だぞ!!と また外貨獲得の必要に迫られていたようです。
この時代は、関東大震災、昭和恐慌、満州事変と続き、とにかく外貨獲得が重要で鉄道省に国際観光局が出来たそうです。
また現在のインバウンド、外客誘致のため、現在は歴史記念館になっている志賀高原ホテルが建てられました。
上高地に帝国ホテルもが有るのもそのためです。
オリンピックで大勢の外客が来ますので、日本の素晴らしい景色を楽しんで頂き外貨をガッポリ獲得するのが目的です。
現在と違い船旅しかありません。
しかもオリンピック観戦に来れるのはチョ~裕福層です。
夏のオリンピック観戦のついでに折角なので日本の名勝地をめぐります。
続きは明日へ




励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ











ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。