2月23日

DSCN7843.jpg

天気 こゆきチラチラ 気温 -10度

2-30センチ積もってくれればありがたいのですが、雨で無いのが救いと思うしかありません。
道路はツルツルで薄っすらの新雪で一番滑る状態です。
お気を付けてお越しください。

丸池に出来たリフトは進駐軍専用で日本人は乗ることが出来ません。
またコースもAコースは残っていますが右側にB、Cと3本のコースとジャンプ台まで作らされました。
日本人は指を咥えて見ているしか出来ません。
そこで昭和23年には現在の丸池第2ペアリフトの場所にロープトゥを掛けちゃいました。
焼玉エンジンでドラム缶を回して綱引きに使うロープを繋げて作っちゃいました。

DSCF1799.jpg

※写真は志賀高原スキー史より拝借しました。
今時、ロープトゥを知って居られる方は少数だと思います。

山スキーから現在のゲレンデスキーが始まったのは志賀高原が最初です。
日本の近代スキーの始まりです。
ナイタースキーもサンバレースキー場が最初です。
先代が秋葉原まで灯具を買いに行ってスキー場に照明を付けたそうです。
どのくらい必要なのかはやって見ないと誰も分かりません。
最初に2人乗りリフトが掛かったのは私どもの横の西舘第2リフトです。
現在クワッドリフトと言っていますが自働循環高速リフトも高天ヶ原が最初です。
最初は3人乗りで実証実験の名目で自働循環高速リフトが認可されました。
また現在ゲレンデを整備する圧雪車の事をピステンと呼んでいますが、ドイツ製で製造番号2の車両が東舘スキー場で使用して商品名で呼ばれるようになりました。
スキーのために開発された志賀高原ですのでほとんどが日本初です。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
















ホーム

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。