10月18日

DSCF2896.jpg

天気 快晴 気温2度

今朝は久しぶりに氷点下に下がり霜が降りウインドガラスも凍りついていました。
例年なら普通ですが、この10月気温が高かったです。
今晩は雨の予報が出ていますがミゾレになるかもしれません。

周りの景色や花の写真が重要になるのは、不幸にも遭難者が亡くなった場合重要になるそうです。
遭難から何年が経ったある日突然遺族の方が訪ねて来るそうです。
北アルプスでは毎年何十人と遭難で亡くなられています。
何年か経つと記憶も曖昧になります。
遺族の方に説明するにその時撮った写真が役に経ちます。
遺族の方にすれば故人が最後に見ただろう景色や、花が好きだった人はどんな花が咲いていたかも知りたいようです。
そのため登山道からの風景や登山道の花の写真も記録してあるそうです。
その話を聞く前は、中央アルプスの皆さんも同じだと思いますが、遭難現場で写真撮影は不謹慎だと思っていました。
使い捨てカメラ1台分フイルムを使い切る程撮影してあれば、天候や景色や花なども写っています。
後から本人や遺族に説明するに大いに役に経ちます。
北アルプスならではの事例です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



« 前の記事  ホーム  次の記事 »