11月1日

DSCF2944.jpg

天気 快晴 気温-4度

本日から11月、霜月ですが雪が降ったかと思うほど霜が降りました。
確実に寒い冬に向っている実感があります。

一昨年シーズン、16シーズンは全国的に暖冬小雪のシーズンでした。
初霜は例年並みだったのですが、秋は気温が高く初冠雪や初雪は遅かったです。
通常、西から東に拭く上空の偏西風が蛇行して日本列島では南西から北東に拭き、暖かい空気が入り込み北からの寒気が流れ込まなかったからです。
クリスマス寒波でようやく高天ヶ原クワッドリフトが動き、年末寒波で付近のスキー場が繋がるありさまでした。
正直、東館や西舘などの南斜面はオープンせずにシーズンが終わるかと思われましたが、1月の積雪でようやく滑れるようになりました。
シーズン中も暖冬・小雪が続き、志賀高原の歴史始まって以来、初めて5月連休まで雪がもたずに終了となってしまいました。
その代り、1月24日には数十年に一度クラスの非常に強い寒気の影響で沖縄本島で観測史上初の雪が降りました。
ニュースで傘を裏返して雪を観測しているシーンが流れていました。
全国的に暖冬でしたが、あまりに極端すぎる天候のシーズンでした。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »