12月7日

DSCF3027.jpg

天気 快晴 気温-10度

今朝は放射冷却で冷え込み、この寒さで一の瀬ファミリーでは上部でスノーマシン稼働しています。
また隣の西舘でも雪作りを行っています。
今週末は一の瀬クワッドリフトも運行開始予定ですが高天ヶ原と一の瀬ファミリー繋がって両方滑れると思います。

プレ大会のワールドカップもオリンピックも遣っている内容は同じなのですがオリンピックの場合、国家威信が掛かっていますので行政官庁がしゃしゃり出てきます。
最初に説明会があり、色々な官庁から説明がありました。
オリンピックは日当が頂けます!ただし1日3000円!!時給ではありません日当です。
いちよう立場はSAJ(全日本スキー連盟)からの派遣になりSAJの出張手当が1日3000円です。
ま お昼代と夕食時のビール代に充ててねくらいの金額です。
その説明がNAOC(長野オリンピック組織委員会)からあったのですが、税務署ではたとえ3000円でも源泉徴収するとの事で全員からブーイングの嵐になりました。
労働基準監督署は?最低賃金は!!長時間労働は!!人によっては1日10時間以上も働いている。
したら、持ち帰りますで源泉徴収はされていませんでした。
色々な諸官庁から説明があったのですが、車の通行証と駐車許可証です。
ワールドカップの時は、紙に印刷された通行証を見せて役員専用の駐車スペースに止めダッシュボードに置いておけばOKでした。
ところがオリンピックの時は、車検証のコピーとは言いませんでしたがナンバーを届けてフロントガラスの上部を覆うタイプの黄色いステッカータイプに変わっていました。
乗り入れが出来る場所が赤字で書いてあります。
焼額と東館に入れるのは2か所書いてあります。
私が頂いた通行証は焼額としか書いてありません。
もちろん1人1台ではありません。
なるべく乗り合わせで、タイミングチームで2.3台分しか出ませんでした。
それはしょうがないのですが、着けたまま長野県と新潟県と関東1都6県はOKなのですが他の地域に付けたまま行くと違法になるそうです。
つまり陸運局の管轄の新潟陸運局と関東陸運局管内のみとなります。
そのようにオリンピックとなると各官庁がしゃしゃり出てきます。
因みに、そのステッカータイプの通行証は終わったら回収されたと思います。
オリンピック終了後、付けたままだと違法になります。
たぶん今度の東京オリンピックでも使われると思います。
その場合、関東陸運局管内と一部競技が開催されるとすれば東北陸運局管内は適法でも、長野にその状態で乗り入れると不正改造車の扱いになると思います。
別に紙に印刷して見せるタイプでなんの不便も無いと思うのですがコピーでもされて使われると思ったのでしょうか?
行政が絡むとややこしくなります。
しかも後で新聞に出ていたのですがパートナー(オリンピックではスポンサー企業の事を言う)から提供されたオフィシャルカーはあまり使われずに余っていたそうです。
だったらその間だけ貸与してくれれば何の問題も無かったのに!!


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »