1月16日

DSCF3244.jpg

天気 かいせい 気温-8度

今朝はマイナス10度位でした。全国的に3月並みの気温のようですが志賀高原も3月並みの冷え込みでした。
天気図だけ見ますと高気圧が小笠原あたりに中心があり真夏の気圧配置です。
それだけ北から南に流れる偏西風が強い事を意味しています。

昨日、小澤征爾さんと奥志賀小澤征爾お仲間オッサンクチパク合唱団の話を書きましたが、奥志賀から離れても小澤さんと交友が現在も続いています。羨ましい人間関係です。
いよいよスノーボードの男子大回転の当日ですが、役員の集合時間は午前6時です。
リフトもそれに合わせて早くから回っていたのですがリフト乗り場手前の役員入口が混雑していました。
警備のボランテアの方が居られるのですが、準備の時は特にチェックは無く挨拶をする程度でしたが本番の早朝の忙しい時に限ってキチンとチェックをしてしました。
ADカードにはバーコードが入っているのですが、それを読み取り、顔と張ってある写真を確認しますが不慣れで時間が掛かっていました。
暇な準備の時に予行練習をしておけば良いのに、本番でそれを遣るもんだから余計不慣れで時間が掛かっていました。
ボランテアの方の立場からすれば本番だから遣っているのでしょうが、急ぐ時に限って_| ̄|〇
因みに旧焼額第1ロマンスリフトは選手・役員専用で一般の観客はリフト1本分歩いて登りました。
DSCF3239.jpg
DSCF3240.jpg

その時の様子はアンニャロ~の時に書きましたので重複は避けますが、アンニャロ~の話は実話だから書けるだけでフィクションで書けたら作家になれます。文壇デビューも夢じゃありません。
中間計時が足りなくて新設されたフニッシュ係から急遽中間計時に上がりました。
中間ラップを測る光電管に選手とプレスのカメラマンが言われても判らずコースの脇を選手と同じタイミングで通り過ぎようとしたら旗門員さんがウエアーを掴み止めてくれました。
木島平村のYさんですが英語で注意したのですが理解できずカメラマンのウエアーを掴み止めてくれました。
なぜプレスのカメラマンと判ったかと言うとオリンピックの時のパートナー(スポンサー企業)はコダックさんでした。
プレスのカメラマンはコダックのロゴが大きく入ったゼッケンを着用していました。
通し番号も入っていますので、ヘマを遣らかせば何処の会社のカメラマンと判る仕組みでした。
ワールドカップの時はスポンサーは無くゼッケンはありませんでした。
ゴールでは優勝候補者にパートナーであるNTTdocomoがケータイを渡して、母国の家族に電話をさせてケータイの便利さをアピールさせていました。
きっと「ママー僕が初代のチャンピオンだよ!!」そんな事を言っていたと思います。
長野オリンピックから始まったスノーボードの男子大回転の優勝者は、ドーピング検査で大麻(マリファナ)の陽性反応が出でメダル剥奪処分になりました。
その後、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に抗議が認められメダル剥奪は免れましたが、競技に携わっている者にとって後味が悪い出来事でした。
で翌日は女子のスノーボード大回転ですが、吹雪で順延になりました。
翌日の集合時間は5時頃でした。前日も遅くまでコース内の新雪の排雪も行いましたが夜も降っているので当日時間を早めて再び排雪の作業もありますし、私たちタイミングチームは計測機器の点検とチェックもあります。
当然、家の周りも吹雪で雪が溜まっていたので寝ずに除雪をして行きました。
女子のスノーボードは中間計時が間に合いましたので当初の役職のフニッシュ係になりました。
DSCF3241.jpg

オリンピックが終われば競技役員を辞める予定でしたので最後にふさわしくフニッシュ係です。(パラリンピックはそのあと有るけど)
新設されたフニッシュ係とはゴールに設置してある光電管のスイッチを入れるだけの掛かりです。
つまり選手がゴールを切る時だけ光電管の電源を入れる係です。
男子の時は、ゴールには大勢の役員が居りますので別の方にお願いして遣って頂いたのですが、失敗したらどうしようと思うと緊張の連続だったそうで、もう遣りたくないと言っていました。
タイミング系の役員ならそんな事絶対に考えません。私、失敗しないので。
例えばオペレーターがゼッケン番号を打ち込むのですが、間違えたらどうしようなどと考えながら遣っていたらかえって失敗します。
通常 ゴールの光電管は電源入れっぱなしです。
ワールドカップの時もそうでした。
おそらくオリンピックは生中継で全世界に放送しますので、テレビのためにその方式が取られたのかもしれません。
ゴールラインを鳥や動物が横切っても選手と被らなければ問題有りません。
ゴール担当のオペレーター(ゼッケン番号を打ち込む係)のインカムのヘッドホーンに信号音だけ流れるだけです。
タイムを測ると言うストップウオッチを思い描きますが仕組みが違います。続きは明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。