12月27日

DSCF3112.jpg

天気 おおゆき 気温15度

昨晩から大雪警報が発令されたままです。
朝までに30-50センチ程度の積雪ですが西から降って来ましたので南斜面にとっては恵みの雪です。
明日まで降り続く予報です。

今年、お車を買い替えられたお客様はスキーに行く前に、車のマニュアルは読んでおきましょう。
今さら車の使い方なんてと思われますが、大事なところは緊急時の対応の部分です。
スタックした時の対応の仕方とかバッテリーの位置の確認です。
究極のコストを追求した車の場合、牽引フックが付いていない場合もあります。
また軽自動車の場合は故障時にレッカーに乗せるために前には牽引フックが付いているのですが、軽自動車で他の車を引っ張る事は想定して無いようで後ろには付いていません。
つまり軽自動車でスタックした場合、後ろには引っ張る事は出来ないと言う事になります。

バッテリーもハイブリッド車などではエンジンルーム内ではなく、小さなバッテリーがとんでも無い場所に付いています。
事前に学習されておられるお客様でトラブルは少ないのですが、知らないお客様がほとんどで難儀します。
また新車で無いお車を買われたお客様もマニュアルが車に備わっているか確認してください。
ねじ込むタイプの牽引フックなのですが、いざ差し込んだらサイズが違っていました。
たまたま同じ車種にお乗りのお客様が居られて、ご自分のをお持ち下さったのですがやはり合いませんでした。

タイヤチエーンも一度取り付けて見てください。
前に、登りはタイヤチエーンを着けずにお越しになられたのですが、お帰りの時大雪猛吹雪になりました。
タイヤチエーンを着けないと走れませんので、お帰りになられる夕方に取り付けを行っておられましたが装着出来ません。
猛吹雪の中5分も外にいるのが限界でした。
直ぐに戻られ、鼻どころか顔を真っ赤にされて、手はしもやけ状態で説明書とにらめっこされていました。
私共で出来るのは作業がしやすいように灯光器で照らすだけです。
タイヤチエーンを甘く見過ぎた事例です。
備えあれば憂いなしで、ちゃんと事前に遣っておけばイザと言う時に役に経ちますし、遣っておられる方は逆にトラブルがありません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。