1月23日

DSCF3272.jpg

天気 快晴 気温-8度

穏やかに晴れています。
昨日はお街では大変な大雪のようで、皆さん里でこんなに大雪なら山はもっと凄い大雪と思われますが10センチ程度の積雪です。
雪の降り方は里雪タイプと山雪タイプに分かれます。
山は25日の方が降ります。

2月21日土曜日は焼額でのファイナル、男子回転が行われました。
前年のワールドカップ志賀高原大会で4位入賞した木村公宣が表彰台に上がるかもしれないで満員の入りでした。
しかも天皇陛下も御臨席されました。
01.jpg

写真は競技開始前に行われた地元の小学生による参加国のフラッグセレモニーです。

競技開始前に、ものまねタレントの清水アキラが会場を盛り上げていました。
天皇陛下も波のように端から両手を上げるウエーブにも参加されていました。
ゴールのフニッシュライン脇の一等席から見る事が出来ました。
長い競技役員人生の最後にふさわしくフニッシュさまさまでした。
残念ながら木村公宣は13位に終わりましたが、ギャラリーが大勢いるスタンドに向かって手を合わせて謝っている姿は目の前で見る事が出来、心に焼き付いています。
国内開催の重圧たるや凄いと思います。その押しつぶされそうなプレッシャーの中で13位は立派だと思います。

その木村公宣が滑る2本目(2本滑って合計タイムで競います。)だったと記憶していますが、前に書きましたプリンス東館前に有った受付のボランテアをされている田中さんがボランテア仲間を引き連れて、ひょっこり私のところに来ました。
受付のところは観客は居ませんので、世紀の瞬間に立ち会いとお見えになったようです。
その時は深く考えずに選手が滑って来ると光電管のスイッチを入れていたのですが、ヒョット見ると私の横を通り過ぎて上に登って行こうとした観客が紛れ込んでいました。
慌てて付近にいた警官にその事を伝えたのですが、大阪府警から派遣され天皇陛下の警備の警官でしたので事情が呑み込めなかったようです。
直ぐに競技エリアの警備のボランテアも気がついて戻るように注意したのですが、なかなか戻ろうとはしませんでした。
一般のギャラリーエリアは押すな押すなのすし詰め状態です。
本人にすれば高い入場料を払ってガラガラの競技エリアに入り込んでしまえば、すし詰め状態のところに直ぐには戻ろうとしません。
受付のボランテアの方がヒマなので折角の機会なので見ようと来て、それじゃ私たちもで制限エリアの警備のボランテアの方も持ち場を離れて来たのが原因のようです。
ボランテアのADカードでは競技エリアに立ち入る事は出来ません。観客エリアまでしか入れません。

あの時は怖かったです。
変な夫婦?ぽかったのですが警備のボランテアに注意されても戻ろうとせずタイムを測る光電管の前を横切ろうとしました。
本人にすればゴールを横切ってギャラリーエリアに戻ろうとしたのかもしれませんが、選手と重なればタイムも測れませんし選手との接触も考えられます。
そんな事態になればオリンピック史上最大の汚点になります。

ボランテア募集の要項に競技は見れないと入っていますが、暇な時は見て見たいと思うのが人情です。
同じボランテア仲間が見に行けば私もになります。
あくまでもボランテアですので責任は有りません。
競技会場の制限エリアの警備はボランテアでは難しいです。

競技終了して後かたずけを終えて解散したら、無常にも庶務より「お疲れ様でした。現在焼額から上林まで大渋滞しています。」と放送が入りました。
土曜日でしたのでオリンピック観戦以外でも大勢のお客様がお見えになっています。
焼額でも現在のオリンピックコースとジャイアントスラロームコース以外は制限が掛かっていませんので、お客様も滑る事が出来ました。
大回転で使った東館も一般開放されていました。
そりゃーオリンピックで盛り上がり週末ですので上林まで大渋滞してもおかしくありませんでした。

その晩はタイミングチームの打ち上げです。その様子は明日へ

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。