7月25日

DSCF3990.jpg

天気 うすぐもり 気温16度

今朝も10度近くまで気温が下がり、湿度が冷やされて朝の内は朝霧になっています。
窓を開けて寝ると寒いです。

私共やバス亭まで歩いて戻るなら小三郎小屋から聖平に降らず、そのまま水路伝いに歩いた方が楽です。
DSCF2829.jpg

道路まで降りてしまうと道は登りになります。
水路伝いなら緩やかな下りで一の瀬まで続いています。
小鳥のさえずりなど聴きながらのんびり散策のつもりで歩きましょう。
水路伝いに途中に電柱が立っています。
電柱が見えれば一の瀬ファミリースキー場は直ぐそこです。
水路伝いに電柱とは?と思われますが一の瀬の開発の歴史と関係があります。
一の瀬は現在の上段の道路が出来る前にホテルの建設が始まりました。
そのため電気は高天ヶ原よりセギ沿いに電柱を立てて配電しまた。
一の瀬のホテル金栄さんは現在は道路から引っ込んだところに立っていますが、昔は玄関の位置が反対側にありました。
金栄さんはセギ沿いに立てましたので道の方が後から出来たので、現在は引っ込んだようになった訳です。
ホテルマウントさんの場合、マウントさんの前にセギが流れていますのでセギの上に建物を建てる訳にはいかずに奥まった位置になりました。
そのままスキー場に出ましたら、真っ直ぐにスキー場を横切らずにスキー場の建物の右側を抜けて道路に出ましょう。
橋が掛かっている場所に、せせらぎ遊歩道の入口が有ります。
せせらぎ遊歩道を歩いて来れば高天ヶ原に出ます。
am.jpg

私の好きな一枚です。
一日の山歩きが終り、今夜の宿が見えて安堵に包まれます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。