8月6日

DSCF4003.jpg

天気 かいせい 気温17度

昨日は湿度が高く夕立が有るかと思ったら降りませんでした。
本日は前線が南下して雨が降る予報ですが空を見ると?の雰囲気です。

今週も志賀高原の山の紹介を続けたいと思います。
横手とくれば笠岳です。
DSCF0709.jpg

地図等では笠ヶ岳と標記してありますが、地元では昔から笠岳と呼んでいます。
笠岳は熊の湯からも登山道が有りますが峠で車道と交わります。
熊の湯から歩いて行って車道に出るのは切ないです。
前に谷川岳か駒ヶ岳だったと思うのですがゴンドラで乗り合わせた家族連れのお子様が「下に歩いている人が居る」と母親に言ったら「お金の無い人は歩いて登るの」とお子さんに言っていました。
そりゃー、リフトやゴンドラ料金は通常の交通機関と比べればお高うございます。
母親にすれば家族分の料金を払って高いと思っていて、お子様に言われてとっさに出たのかもしれませんが、額に汗して登っているのに一般人から上空からそう見られていると思うと悲しゅうございます。

笠岳は登山を始めてみようかなと思う方にピッタリの山です。
峠の茶屋に車を止めて20分も歩けば山頂に着きます。
笠岳は2075メートルありますので眺望は良い山です。
そのため大安吉日では無く、快晴の日を選びましょう。
天気が悪ければ、山に呼ばれていないと思い諦めましょう。
山は引き返す勇気も必要です。
笠岳の良いのは車を止めて20分で山頂に着きますので、登り始めは天気が良くても山頂に着くと天気が崩れる心配は有りません。
苦労して登っていませんが山頂でゆっくりしましょう。
お湯を沸かしてコーヒーを入れても良いし、ポットのお湯でも構いません。
そして、地図を広げて周りの景色を楽しみましょう。
笠岳は山頂に到達した喜びだけを味わえる山です。
なぜこんな事を書いているかと言うと、登山と言うと学校などの集団登山を皆さんされていると思うのですが、集団登山の場合、苦行荒行に近いものがあり山登りを嫌いになられるキッカケでもあります。
長野県は山国なので小学生は1泊で近所の山に登り、中学生になるとアルプスなどを登る学校が多いのですが驚きの事実があるそうです。
登山が苦行荒行になる驚きの事実は長くなりますので続きは明日へ



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。