11月28日

DSCF4366.jpg

天気 かいせい 気温0度

今朝はマイナス5度程度の冷え込みでした。
今晩から日頃、標高を考慮せずに予報を出す日〇気象協会でも平地は雨でも志賀高原は雪の予報を出しています。
ベースになる湿った雪を期待です。

タイヤチェーンの話は続きます。
当時の遠方よりお越しお客様は関東からなら志賀高原の間は、まだ高速道が開通していないので、国道18号線なら軽井沢を超えるため1回付けて外し志賀の登りでまたと往復6回タイヤチェーンの脱着をおこなっていました。
タイヤチェーンの脱着も回数を重ねていますので、無駄な動きも無く早いです。

当時も毎週お見えのお客様が居られました。
金曜日の夜に着かれて日曜日の夜に戻られるのですが何度か東京に戻られる時、乗せて頂きました。
お車も何台もお持ちのお客様で、2人でお越しになられる時はFFの車、仲間でお越しの時はFRのワンボックスでした。
志賀の下りの場合、FF車で急ブレーキを掛けますとリアタイヤはノーマルタイヤですのでスピンする事がありますので、前車との車間距離は絶対急ブレーキを掛けないで済む車間距離を取り急ブレーキは掛けないようにされていました。
ワンボックスはFRですので前輪はノーマルタイヤなのでハンドルを切っても滑ります。
それもちゃんと計算してハンドルさばきをされます。
雪道の基本はダマしダマしと、とにかく止らずゆっくりと運転されていました。
またFRの場合、後ろにタイヤチェーンを着けますが車の後ろにサッと引いてちょこっとバックしてピッタリ取り付けやすい位置に停止と達人技でした。

私共はスパイクタイヤと4輪駆動に依存した運転をしていますので、絶対にマネが出来ません。
私共ではノーマルタイヤにタイヤチェーンの車では雪道走れません。

当時、東京から片道5.6時間掛かりました。
余談ですが1度、事務所に泥棒が入られ急遽お戻りになれたのですが、東京に居ても泥棒が盗品を返しに来る訳ではないので直ぐに戻られました。
1日でタイヤチェーンの脱着6回往復12時間の長旅でした。

スパイクタイヤが禁止になりスダッドレスタイヤになり4輪駆動車も多くなりお街から、お車でお越しになられるお客様増えられました。
あの時代、お街からお車でお見えのお客様はタイヤチエーン取り付けの達人でした。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。