12月28日

DSCF0486.jpg

天気 快晴 気温-10度

今朝はマイナス15度位まで気温が下がりました。
志賀高原らしい吹雪の後のドピカーンの空です。

スキー場で車を駐車する時ワイパーを立てられるお客様が居られますが
ワイパーのゴムのためとは思いますが、立てた事によってワイパーのブレードや
アームに負担が掛かる事に気がつかれて居られないと思います。
まず吹雪の場合、雪も混じった風になりますのでブレードにも抵抗が掛かり付け根が傷みます。
雪が積もれば雪の重みでアーム部分にも負荷が掛かり曲がる事もあります。
ましては雪に埋まった場合、立てた事によって場所が判らずスコップで
雪をどかすにも一苦労です。
夜だけ凍るような地域なら立てて凍りつかないメリットはありますが
極寒の寒冷地では温風が出てフロントガラスが融けるくら暖気運転をしないと
吐く息でガラスの内側から凍りつきます。
ワイパーのゴム部分は自分で交換も出来ますしゴムですので酸化もしますので
せいぜい1年位で交換になります。
そんなワイパーのゴムを節約するために「木を見て森を見ず」になります。
だいたい着いた時に素手でワイパーの金属部分を触りますし、猛吹雪の時
帰る車を見るとリヤワイパー戻し忘れて走っている車も多く見かけます。
使いたい時に使えない喜劇を見ているようです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



« 前の記事  ホーム  次の記事 »