7月22日

DSCN2694.jpg

天気 はれ 気温18度

北から日が差してきました。
夜中は雨が降りましたが北からの冷たい空気に覆われて朝は濃霧でした。
明日からの連休。天気予報では☂マークがついていますが前線なのでどう動くか判らないためだと思います。
昨日も午後から雷雨の予報でしたが雨は夕方からでした。
大勢のお客様のお越しをお待ち申し上げております。

林間学校ですので、やはり山に登ったり志賀高原の場合池めぐりコースなどハイキングコースも豊富にあります。
ただどうしても団体行動なので、山登りなら岩菅山に集中してハイキングなら池めぐりコースが一般的です。
中には、先進的な取り組みとしてクラス単位での行動もあるようです。
一度、赤石山に行ったら道に迷い野反湖方面にかなり行ってしまったと苦情が入った事がありました。
東舘山から行く場合、赤石山の山頂手前で構造的に山頂に向かう登山道は狭く、野反湖に向かう登山道の方が歩きやすいです。
地図を見れば判るのですが必ずしもすべての教員が地図を読めるとは限りません。
しょうがないので、でかい看板を作って背中に背負いつけてエッチラオッチラフーフー言いながら看板を付けに行きました。

一昨年の事と記憶していますが、ガイド君が前日に打ち合わせに行った時は予定通り池めぐりコースプラス志賀山にも上る予定で組まれていたのに当日、志賀山登山は行わない事になったそうです。
保護者から「こんな猛暑の中、山歩きなんかさせて熱中症にでもなったらどうするの!!」
と苦情が入って急遽、朝に志賀山を登らない普通の池めぐりコースに変更になったそうです。
翌日観光協会に用事がありその話をすると、池めぐりコースを歩くだけマシだそうです。
観光協会のあるビジターセンターには大勢の生徒さんが居りました。
池めぐりさえ中止して、ビジターセンターで時間をつぶしていました。
ただ昼食は館内で食べることが出来ないので暑い野外でお弁当を広げていました。
蓮池で25度なら志賀山頂は2035メートルの標高がありますので、単純に100メートルで0.7度下がるとして蓮池より4.2度下がり20度代です。
20度の風に吹かれれば汗は引き涼しくて快適です。
本来、昼食を取る予定の大沼池は1731メートルの標高が有ります。
しかも池もありますし、周りはアスファルトに覆われていません。
ビジターセンターの周りは駐車場も道路も舗装しているので、日が射すと温度は上がります。
PTAとか保護者の大勢の意見では無く、一部の保護者の意見で変更になるようです。
何かあれば全国的に猛暑の中、保護者からの指摘もあったのに臨機応変の対応を取らず強行してと叩かれます。
教員も大変です。昔なら先生と敬られていましたが、現在は逆に見下される時代になりました。
山に行った事のない保護者さんは、山の気温など知らないのかも知れません。
ご自分の住んで居る場所が気温40度なら全国どこでも40度あると思っているのかもしれません。
そして、そのお子さんが親になった時、炎天下のアスファルトの上で昼食を食べた記憶で同じ事が起きるのかも知れません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

GO TOトラベル登録宿泊施設

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。