6月21日

DSCN6844.jpg

天気 かいせい 気温12度

低気圧の前面で南風が吹き込んでいます。
ようやく気温は上がりそうですが本日は夏至、これから日中の時間が短くなると思うといと寂し・・・

岩菅山から切明に行く縦走路はすべて山ノ内町ですが、赤石山から群馬県の野反湖に行く縦走路は分水嶺であり県境です。
群馬側は旧六合村になり行政同士の打ち合わせで六合村さんは野反湖からコースの半分くらいのオッタテ峠を通って六合村の集落に行けるように刈払ってあるとの事でした。
しかも六合村さんには刈払いをしてくれる業者さんがいて、白砂山に行く登山道や草津水道の管理道なども刈払いをしているとの事でした。
その時、思い出しました。前にガラン沢(旧六合村)で遭難があり捜索に行った帰りに草津水道の管理道で行き合った事がありました。
全員、おそろいの作業服にヘルメットをかぶり作業を終えてこれから芳ケ平まで帰るとの事でした。
志賀高原の場合、前に書きましたが登山道や遊歩道の開設や整備はすべて自分たちで行います。
また機会があれば書きますが「お天馬」と言う制度もあります。
志賀高原のDNAにはすべて自分たちで行うと刻まれています。
スキー場の刈払いもリフト会社の社員が行いますし足りなければ冬、ポールを遣らして貰っている選手にも要請が掛かり作業を行います。
まさかそんな作業を請け負ってくれる業者さんが居るのならと町にお願いしました。
志賀高原山岳救助隊は山岳遭難の救助隊であって、刈払い隊では無い。そう言う人も居りましたが野宿1泊の刈払いは山岳救助隊で遣らざるを得ませんでしたし、私は入った時からそう言うものだと思っていました。
詳しい事はhttp://shigakogen-ginrei.com/blog-entry-43.html
に書いています。
興味のある方はご覧ください。
明日は知られざる秘話を書きます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

















« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。