3月14日

DSCN7958.jpg

天気 かいせい 気温 -12度

しばらくは天気がよさそうです。
来週は再び冬型気圧配置に戻ります。
不思議と春分の日頃は、真冬に逆戻りします。
昨日、朝、除雪をしていたら6時くらいからライトを点けなくても明るかったです。
厳冬期なら7時過ぎに明るくなるのに、日が早くなり春らしいです。


追伸
KIMG3430.jpg

今週末も雪の中の入浴をむお楽しみ頂けます。
この景色は厳冬期みたいです。

昔は中野飯山地域には、スキー板を作るメーカーがいっぱいありました。
湯田中に志賀スキーもありました。
スキー工場は外にスキーの材料にする木を乾燥させるため、いっぱい積んで有りスキー工場だと分かります。
なんと中野市のプラモデル屋さんもスキーを作っていました。
スキー作りを辞めてかなり経って、そこの店主さんと知り合いになりました。
お話を聞くと、あの頃は面白いように作ったそばから飛ぶように売れたそうです。
それだけ田舎でも人口がいて、冬は地元民もスキーに燃えていたからだと思います。
また、スキー板は輸出品でもありました。
とにかく手間暇が掛かりますので人件費が多く掛かります。
固定相場制で1ドル360円の時代です。
現在のチョー円安などと言うものではありません。
品質が良く安ければ売れない訳がありません。
ステンマルクが履いたエランのスキーが有名ですが、当時は旧ユーゴスラビアで作っていました。
旧共産圏ですので西側とは紙幣価値が違いました。
共産圏時代のポーランドに行った事があるのですが空港で1万円を両替をしたら札束で返って来ました。
その中の一番さなお札で、路上の物売りに払おうとしたらお釣りが無いジェスチャーをしていました。
とにかくスキー板を作るには手間暇が掛かり人件費が掛かります。
円高になると日本製は高くなります。
いつの間にか廃業が相次ぎ数社まで減りました。
寂しい限りです。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ















« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。