3月20日

DSCN8051.jpg

天気 おおゆき 気温 -8度

朝から降り始めましたが日中は風も弱く新雪をお楽しみ頂けますが、夕方から強い冬型になります。
春分の日は真冬に逆戻りしますが、暑さ寒さも彼岸までのことわざがあります。
まだまだ雪は降りますが、彼岸すぎれば終わりが見えます。
と言いながら IWANUGA HANAその先は言わないで♪ Byユーミン

スキー靴ですが、ヒモからバックルに変わりました。
やはり厳冬期の冬はヒモは大変です。
バックルなら凍り付いても力で外せます。
移行期には中はヒモで、外はバックルと言う2重のスキー靴もありました。
ヒモなら自分の足に合わせて強弱を付ける事が出来ますが、バックルは数が少ない分、微調整が利きませんでした。
志賀高原スキー学校と言うとスキーはオガサカで、靴はノルデカのイメージを持たれていますが、実は60年くらい前にノルデカさんが日本で販売する時、当時のイントラの足型を集めました。
作った靴は、本人に無償でプレゼントです。
何で知っているかと言うと、父が指導員の資格を持っていて、もう現場には出いませんが資格保持のために登録してあっら、自分の足型のスキー靴を一足頂きました。

まだプラスチックになる前の革靴の時代です。
日本人の足は幅広・甲高なのでヨーロッパの製品を満ち込んでも日本人には合いません。
当時スキー学校は団体旅行も無い時代でイントラが何人いたか判りませんが、その後みんなノルデカを履いていれば、よい靴と思い買ってくれます。
たぶん誰かの紹介だとは思いますが、結果的に足型は集まるは、その後ブランドとして売れるはの良い事ずくめだと思います。
話は飛びますが昔、一ノ瀬でノルデカ杯のスキー大会もありました。
大会役員に支給されたのはなんと!!
来週のネタが増えました。
今から思い返せばノルデカさんは商売上手な会社です。
明日はプラスチックの靴の話になります。









励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

















« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。