5月25日

DSCF1167.jpg
天気 くもり 気温9度

明け方、お湿り程度の雨が降りました。
この雨でようやくダケカンバも葉を広げだしました。

この時期、お客様からのお問い合わせで一番多いのは「竹の子まだか!!」
だいたい、一番遅いダケカンバが芽吹くと竹の子も出てくるのですが
何故か5.6月は、志賀高原は雨が少ないです。
ダケカンバは地中の水分を強引に吸収して芽吹きますが
竹の根は地表付近を這っていますので地中の水分を吸収することが出来ません。
竹の子は雨後の竹の子と言うくらい水分を必要とします。
今朝のようにお湿り程度では足りません。
雨が降れば一気に目を出し成長するのですが気温が高くても雨が降らないと
出てきません。逆に寒い高冷地で生息していますので気温はあまり関係ないようです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »