11月15日

DSCF1657.jpg

天気 くもり 気温3度

午後から雪の予報が出ていますが天然雪より、寒気が入り込みスノーマシン稼働に期待です。

東館山スキー場は1956年昭和31年に全日本スキー選手権を開催するために
滑降(ダンヒル)コースとして作られました。
その年に、現在の発哺クワッドリフトが掛かっている場所に発哺線リフトが掛けられましたが
そこから上は歩きです。スタート地点は現在の山頂の駅舎の横に有りました。
コースレイアウトは現在のオリンピックコースと同じですがブナ平には入らずに
リフト脇に設置されていたようです。
現在、ブナ平の下部は整地されて川原小屋まで滑れますが当時は急な崖で
通称七曲りと言うジクザクのコースになっていました。
俳優の石原裕次郎さんが昭和35年にブナ平で骨折したエピソードが残っていますが
今は無きその場所です。ドラマ、太陽にほえろは架空の七曲警察署でしたが
怪我をした場所と関係が有るのかはナゾです。
ただ地元ではそう思われています。
その後、迂回路の七曲りは現在の初心者の迂回路になっている七曲に変更になりました。
滑降コースですので急な七曲があったのではコースになりません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »