12月26日

DSCF1827.jpg

天気 くもり 気温-7度

今晩も前線通過が予報されていますが、前回と違い通過時には低気圧は発達しない予報です。
通過後に発達して、しばらく西高東低冬型気圧配置が続く予報です。
お客様心配されて居られますが、おそらく雪だと思いますが、雨が混じっても雪を消すような雨ではないと思います。以上気象予報詐欺師の予報でした。

もういくつ寝るとお正月♪ではなく初滑りを楽しみにされて居られるお客様も多いと思います。
そこでスキーの練習は家では出来ませんが、足慣らしは家でもできます。
このところ初滑りにお見えのお客様、しばらく振りにスキー靴を履くと足が痛いと話されて居られますが、家にいる間も足慣らしは出来ます。
机に座っている間にスキー靴を履いて足に慣らしておきます。
愚の骨頂は、新しく買った靴をそのまま持って来て履かれる方が居られますが、登山靴を買ってすぐにいきなり山行きで履かれる方は居られないと思います。
革靴も同じだと思います。
スキー靴の場合、履いて歩かなくても大丈夫です。
またスキー靴劣化します。シーズンに2.3回見かけますが履いて歩いた途端バラバラになられる方が居られますが、そのチェックも出来ます。そこまで酷い劣化で無くてもバックルが取れたり亀裂が入ったすることがあります。
現地で途方に暮れるより先に気がついた方がマシです。
スキー靴の劣化の件ですがスキー靴に使われているポリ塩化ビニールは特殊な素材です。
低温には強く作られていますが、逆に高温には弱いです。
もうお忘れかと思いますが、お客様のお住いの地域は夏は30度だ35度だと気温が高いところにお住まいです。
暑さで忘れている間に劣化は進みます。
初滑りの前に、足慣らしとチェックをしましょう!!

あとスキーやスキー靴に名前を入れておきましょう!!
スキー場に来れば同じモデルサイズのスキーや靴はゴマンとあります。
マジックで書くとみっとも無いと思われる方はガムテープに書いて張って置くだけでも大丈夫です。
実は、選手はそうしないと自分のスキーが判りません。
メーカーが同じならすべて同じモデルです。
見栄を張るなら選手並みに、急斜面用とかワックスの種類なども書いておきましょう!!例え1台しか無くても。

逸る気持ちの前に遣っておくことは多いです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »