12月29日

DSCF1840.jpg

天気 快晴 気温-15度

吹雪のあとの快晴です(^。^)吹雪を耐えたお客様へのプレゼントになりました。おまけにダイヤモンドダストも舞っています。
今晩から再び雪の予報が出ていいます。
昨日、今日で御用納め・仕事納めで今晩からスキー場に想いを馳せられて居られるお客様多いと思います。
毎年、同じ事を書いていますが、お車をスダッドレスタイヤに変えて準備終了ではありません。
インシュランスのつもりで、水抜き剤1本入れておきましょう。
多湿の日本ですので燃料タンク内の湿度が水になり燃料パイプの一番低い場所にたまり、氷点下の世界では凍りつき燃料が流れなくなります。
そうなったお車の持ち主に必ず言われる一言があります。「お湯かけて融けない?」
答えは「車をヒックリ返せばお湯は掛けれますが溶けても氷点下の世界では直ぐに凍りつきます。」
しかも凍る時水は膨張しいますので、最悪、燃料パイプに亀裂が入り燃料が漏れて火災の可能性もあります。
古毛布は男性より女性の方が寒がりですのでひざ掛けの代わりにもなりますし、タイヤチエーンの取り付けの時下に引けば便利ですし、スタックした時タイヤに噛ませれば脱出が容易になります。
車の燃料は志賀高原に登る前に満タンにして来てください。
雪道何が起こるか判りませんし、高速道路降りて志賀高原に向う側にはスタンドがありますが高速に向かう側にはありません。
逸る気持ちで、帰りに安いスタンド探しては無理です。結局高速のスタンドに長蛇の列になります。
最近再びデーゼル車のお客様増えて来ておりますが、軽油は温暖地用と寒冷地用の2種類あります。
長野県内に入ったら必ず満タンてしてください。
また2輪駆動のお客様は必ず上林のチエーンベースでタイヤチェーン着装をお願い致します。
行ける所まで行ってダメならチエーンは無理です。登らない急坂でどうやって装着するのでしょうか?
この時期、着かれたお客様「登りで何台もスタックして道を塞いで渋滞していた」とこぼされますが、迷惑ですし危険です。
上林から私共まで20キロです。どうせ帰りは着けなければいけないのですから雪道の運転を楽しむつもりでお願い致します。

大勢のお客様のお越しをお待ち申し上げております。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »