1月23日

DSCF1955.jpg

天気 大雪 気温-16度

昨日より大雪警報が発令されたままです。
救いは気温が低く軽い雪です。
1日腰パフが楽しめます。

連日の大雪・吹雪で除雪に使うブルドーザーは大活躍です。
お客様、よく人けも無いのにエンジンが掛かって驚かれていますが、タイヤのホイルローダーはリモコンと言う魔法でエンジンが掛かるようになっています。
だいたいアイドリングで30分以上掛けてエンジンを温めてから乗り込みます。
吹雪の時はエンジン掛けっぱなしです。30分もエンジンを止めておくと温まるに30分掛かります。
そして、まずはガクガクと車体を揺らします。極寒の中で動いていますので稼働部分が熱を持ち雪が融けて凍りついています。
そうしてから無負荷の状態で稼働部分を何度も動かしてからようやく走り出します。
最初に走る時も、なるべく負荷を掛けないようにゆっくり動かします。
車の時も書いていますがエンジンが温まって温風が出るようにならないと吐いた息が内側から凍りつき見えなく危険です。
またオイルも固まったままなので、ゆっくり動かして温まるのを待ちます。
少し動かしてから本格的な作業を開始します。

万が一故障すると大変な事になります。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »