1月30日

DSCF1988.jpg

天気 ゆき 気温-4度

前線通過時は雨が降りました。
雨からミゾレになり現在ボタ雪が降っています。
昨日は朝は冷え込んだのですが、日中は3月並みに気温が上がり本日は4月の様相です。
今晩から再び西高東低冬型気圧配置に戻ります。
極寒期の雨はスキー場にとってはありがたです。
雪の中にしみ込み、凍りついて春先長持ちします。
宿とお客様にとっては有り難く無いです。
屋根からの落雪は凍りついて、雪では無く氷を片づける感じになります。
お客様だって濡れて滑りたくはありません_| ̄|〇

今週はスキー場を整備するピステンの話題を書いて行こうと思います。
ピステンはドイツのケースボラー社の商品名、ピステンブーリーから圧雪車はピステンと呼ばれるようになりました。
1969年に発売され、その年に旧志賀山リフトに納入された記録が残っています。
デモ車を一冬貸し出して良かったら購入してくれの販売方法です。
それまでも雪上車はありましたがスキー場を整備する車両は初めてでした。
ピステンプーリーが普及しだして、圧雪車の名称がピステンと呼ばれるようになりました。
ピステンを圧雪車と呼ぶようになったのはかなり後の事でした。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »