3月14日

DSCF2162.jpg

天気 小雪・霧 気温-8度

湿った空気が入り込み冷やされて雪になっているようです。

ワールカップが開催されてもFISファーイースト・ジャパンカップ志賀高原大会は続けて開催されました。
一度ワールドカップを経験すると格下の大会ですので精神的には楽になりました。
その頃、それから一世を風靡するトンバも実は毎回ジャパンカップに出ていたそうです。
ヨーロッパでの大会も日本での大会もポイントは同じです。
日本にポイントの出稼ぎに来ていたようです。
オリンピック開催が決まるまでは、夏の誘客キャラバンもオリンピック招致一色でした。
渋谷の109の入口でも誘致のエベントを開催した事もあります。
1990年2月には国際ジャーナリストスキークラブスキー大会も行われました。
焼額で遣ったのですが、親睦の大会なのに運営はワールドカップ並みの扱いでした。
スキー大会に戻りますがオリンピックが決まれば決まったで、各種大会も増えて行きました。
主催者にすればオリンピック会場の志賀高原で大会を開催したかったのでしょう。
明日はオリンピックの前年に行われたプレ大会ワールドカップまで飛びます。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »