4月5日

DSCF2271.jpg

天気 はれ 気温-2度

今朝はマイナス6度と冷え込みは弱かったです。
南から暖かい空気が入り込んでいるので上空に薄雲が広がって来ました。

1989年平成元年には、高天ヶ原マンモススキー場もナイター設備が整備されました。
現在のクワッドリフトを使い上部から滑れました。
3月位になると女性の方で日焼けを気にされる方は、昼間は滑らずナイターだけ楽しまれるお客様も居られました。
5月連休もナイター営業とサンライズ営業を開始しました。
むしろナイターやサンライズの方が雪が締まっているので滑りやすいです。5月連休でも夜間は氷点下まで下がります。
お街では半袖で暑い暑いと言っている時期ですが、お山の上は氷の世界です。
忘れならない出来事があったお客様がおられました。
シーズン中は仲間の方と何度もお見えになられておられたのですが ゴールデンウイークも滑りたい!!雪が有る限り滑りまくりたい!!スキーヤーなら当然の思いです。
しかし家族サービスもせにゃならぬで、一案を思いつかれて家族でお越しになられました。
私共から日帰りで行ける観光地に家族を連れていろいろ行かれました。
そして夕食までに戻ってきて夕食を家族で食べたら、後は自分の時間です。
ナイターに行って、朝はサンライズに行き朝食を食べると家族サービスです。
ある時、お子様が海に行きたいと相談に来られました。
お山の上ですが日本海なら車で2時間掛かりません。
上越の水族館をお勧めしたら「折角だからお昼に美味しい店は」と聞かれたので、そこから車で3-40分走ると現在の糸魚川市能生に行けば蟹が家族で3000円も出せばオマケもいっぱい付けてくれますので、 お腹いっぱい食べれますと紹介しました。
お客様にすれば、1杯3000円の蟹を買って、お子様と奥様は蟹の足で自分は頭?それでお腹いっぱい?高級な蟹のおまけ?
行かれて判られたようです。能生に1杯3000円の蟹は売っていません。
1杯500円から1000円です。3杯も買えば小さいカニや足の欠けた蟹をおまけと称していっぱいサービスしてくれます。
かに蟹カニでお腹がいっぱいになります。
なんと翌年はご両親もお連れして行かれました。
目当てはカニでお腹いっぱいです。

スキーと観光が混在する5月連休らいしお話です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


« 前の記事  ホーム  次の記事 »