6月15日

DSCF2540.jpg

天気 快晴 気温8度

本日より志賀草津道路、白根区間の夜間通行止めが解除になります。
白根のレストハウスも今月中にはトイレなどが使えるようになるようです。
3年以上閉鎖されていましたので復旧には時間が掛かるようです。
夏には再開されてバスターミナルの機能も復活すると思います。
そうすれば草津や軽井沢経由で志賀高原にお越しになることができます。

登山やトレッキング中でも、やはりクマさんには会いたくないと誰しも思うと思います。
確率の問題になりますが、日の出と日没の時間帯にクマさんもエサを求めて活発に動くと言われています。
活発に動くイコール遭遇の確立も高くなります。
また、山菜取りでも単独あるいは2名のグループで事故にあっています。
大人数で、ともに行動していて事故は聞いた事がありません。(乗鞍でのクマがパニックになって9名負傷は除く)
トレイルランのように早朝から深夜まで走っていて遭遇したは聞いた事がありません。
少人数で行動するなら早朝と日暮れの時間帯を避けた方が遭遇のリスクは少なくなります。
私共にはクマの出没情報が寄せられますので、出発時間の変更やコースの提案も致しております。
リフトやゴンドラを使う予定が無かったお客様でも、リフトなどを使い他のお客様と一緒の行動を進める事もあります。
グループが違っても大人数で歩いていればクマさんだって、人間の数には勝てませんので人間が通り過ぎるのを人難だと思ってジッとしています。
早朝に登られてお風呂に入りのお見えのお客様で、よく聞かれるのが「朝、沢の方でガサガサ音がしていたのですがクマじゃないですよね?」
クマですよとお答えしますと「やっぱり」と思われるようです。
なんとなく感じ取った感覚を否定して貰いたかったと思いますが、サルはキーキー音を出しながら動きますし、釣り人はサカナに感づかれないように音を立てて沢を歩きません。
夕暮れで一度こんな、今らしい事後がありました。
私共にお泊りではありませんが、夕食後、遊歩道を散歩していたらクマさんを目撃してケータイで撮影しようとして襲われました。
そりーお客様にすれば、そうそう見れる動物ではありませんので、写真に撮りたい気持ちは分りますが、日の出や日没の時間帯はクマさんも活発に動き大胆な行動をとります。
夏は特に注意です。
その代り9月頃になると一足早くクマさんは標高の低い所に降りて行きます。
もちろん1日で20-30キロも行動する動物なので絶対はありませんが朝が早くても遭遇の確率はぐーんと減ります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »