7月25日

DSCF2625.jpg

天気 時々小雨 気温14度

北上した梅雨前線が南下して雨を降らせています。
雨が止むと冷やされて霧に覆われてしまいます。
東北では甚大な被害が出ているようですが広く浅く降ってくれれば助かるのですが、長野県内でも降雪量が少なく水不足の地域があるようです。
 
琵琶池は周囲約2.5キロの志賀高原で2番目に大きい池です。
琵琶池は水力発電用の調整池としても使われていますので冬でも全面結氷はしません。
琵琶池より約400メートルの落差を利用して発電しています。
志賀高原に詳しいお客様なら降って行って1000メートルの標識を過ぎて道は右側に曲がり次に左側に曲がる右上に発電所があります。そしてさらに下流にはあと2つの発電所があります。
1926年大正15年より発電を開始しています。

琵琶池には昔はボートがあったのですが、現在は志賀高原で生まれ育った青年がSUP(サップ)と言うサーフボードのようなボードの上に立ちパドルで漕いで水上を進むウォータースポーツを行っています。
木戸池の回にも書きましたが、昔ならボート待ちが30分から1時間くらいはザラにありました。
池と言えばボートか釣りと言う時代が飽きられてボートに乗られる方が居なくなりました。
辞めたボートハウスを使って新しい事に挑戦している事に応援したいです。
釣りと言いますと誰かが放流したのだと思いますが、ブラックバスが釣れます。
10年位前に外来種駆除でブラックバスを釣って駆除するエベントも開催されましたが一度繁殖してしまうと絶滅は難しいです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前の記事  ホーム  次の記事 »