5月21日

DSCN0902.jpg

天気 あめ 気温6度

明け方から強い雨が降りだしましたが雨が弱まったら霧に覆われて来ました。
雨では無く、このところの強風でかなりの残雪が消えました。
強風で加速度的に雪が消えるのはあまり記憶に有りません。
残雪が残っていると常に冷やされて寒いです。
今日の雨でスキー場もリフト下などの早く雪が消えた場所は青くなってきました。
早く一面グリーンのスキー場を見たいものです。

クマザサが生えていれば竹の子は出るのですが、細く小さなクマザサは小さい竹の子しか出しません。
前に青森県の弘前の郷土料理屋さんで取れたばかりの竹の子が有ると出してくれました。
IMGP7054.jpg

え!!と驚くほど細く小さくおまけに竹の子以外の混ぜものも多く入っていました。
考えて見れば、弘前市にある青森の最高峰、岩木山の標高は1625メートルです。
標高が低い場所のクマザサは細く小さいです。
志賀高原でも上林辺りに生えているクマザサは細く小さく食用にはしません。
ある程度標高が高く遅くまで残雪が残る場所では無いと大きく太い竹の子は育ちません。
そんな訳で、志賀高原は良い竹の子の取れる場所になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

5月20日

DSCN0898.jpg

天気 うすぐもり  気温-1度
DSCN0897.jpg

台風でも無いのに強風が吹き荒れています。
東側の高気圧が発達して九州では大雨のようですが、こんな天気図あまり記憶に有りません。
冷たい空気に湿った空気が入り込んでいますので山の上は霧が発生しています。

あと半月もすれば初夏の自然の恵み、竹の子が顔を出します。
SN3D0097.jpg

竹の子と言っても孟宗竹の竹の子では無く、クマザサの竹の子になります。
クマザサは多雪地帯に多く生育しています。
最近は孟宗竹と区別をするためにネマガリ竹と言われていますが、この辺りでは昔から竹の子は竹の子と呼んでいます。
実は、志賀高原のすべての山はクマザサに覆われています。
お客様も一度お召し上がりになられると、あまりの美味しさに毎年お越しになられる方が多いです。
今年は4月に、まだかとお問い合わせを頂きました。
お街にお住いの方にすれば4月はサクラが散って木々が芽吹きどこも同じと思われておられますが、まだ雪の中のです。
今週はそんな志賀高原名物の竹の子の話題を書いて行こうと思います。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



« 前のページ  ホーム  次のページ »

5月19日

DSCN0895.jpg

天気 はれ 気温3度

等圧線が混み、真冬とは真逆の強い南風が吹いています。
ようやく明日午後から雨の予報になりました。
木々も坊平付近まで芽吹いてきましたが、雨が無いので瑞々しくはありません。
恵みの雨を期待したいものです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




« 前のページ  ホーム  次のページ »

5月18日

DSCN0893.jpg

天気 かいせい 気温0度

桜前線もようやく蓮池辺りまで登って来ました。
蓮池辺りはすでに雪が消えていますので花を付けていますが、この辺りは写真でも判りますが残雪が多く残っています。
周りに雪があると冷やされて気温は上がりません。
早く雨を望むところです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

5月17日

DSCN0892.jpg

天気 かいせい 気温4度

今朝も屋根に霜が降りていましたが滴る量ではありませんでした。
昨日、10時頃より曇り雨が降るかと思っていましたら寒いだけで雨は降りませんでした。
そのため空気中の湿度が少なく霜が少なかったようです。
天気図を見てもしばらく乾いた高気圧に覆われる予報です 。

山菜には美味しく食べる魔法の料理方法があります。メモメモ
それは天ぷらです。
IMG_2430.jpg

毒を持っている植物の毒消しは出来ませんが、だいたいの山菜を天ぷらにすると美味しく食べれます。
私共では遣った事はありませんが、白樺の新芽や秋に紅葉した色鮮やかな葉の天ぷらもあります。
独特の苦みやエグミなどもまろやかになります。
フキノトウなどは、冬の間に体に溜まった脂肪をデドックスしてくれる効果があるようですが油炒めや天ぷらなどに最適です。
サルなどの野生動物は火と油を使うことが出来ないのでフキノトウは食べないのかも知れません。
タラの芽やコシアブラなどの新芽が出始めますと、いよいよ待ちに待った食材が顔を出してくれます。
その話題は来週になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。