大雪警報

DSCF3059.jpg

長野地方気象台は午後5時6分、中野飯山地域に大雪警報を出しました。
明日朝に掛けて大雪が降り続く予報です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

12月13日

DSCF3056.jpg

天気 ゆき 気温-13度

日が射していますが北から雪が降って来ました。
等圧線が真っ直ぐに立つと、山雪パターンで本日は関ヶ原でも雪の予報が出ていますが関ヶ原も北風の場合さえぎる山脈が無く雪が積もるようです。
このような時、夏に石垣島からお見えのお客様が居られるのですが南国石垣島でも気温は高くても風が冷たく寒いとの事です。

あれから20年 たぶん50歳代だと思うので名前は晒しません。
子供がかわいそうです。
何とアンニャロ~は、長野県内でもスキー場が側に無い市のスキークラブ所属で「時々志賀高原スキー学校に手伝いにきています 」_| ̄|〇
つまり修学旅行専門のイントラ_| ̄|〇
イントラ風情で競技役員志願_| ̄|〇
しかも競技スキーもしたこ事ない。大会に携わった事も無い_| ̄|〇
スキーもスポーツなのでヒエラルキー階級社会です。
どのスポーツもそうですがだいたいはコーチに就任します。
そのレベルに応じて全日本クラスから小中学生まで担当が分れます。
小さい時から競技を遣っていて初心者専門のイントラはあり得ません。
ゴルフに例えるならトーナメントに出ているプロが、打ちっぱなしのゴルフ練習場でレッスンプロ遣らないのと同じです。
ある程度のレベルのお客様とコースでならあります。
スキーも同じです。
デモ選やスクールの校長なら判りますが、それはある程度滑れる人が対象です。
逆に、苦労して覚えていない分、初心者のレッスンは無理です。

皆さんも同じ事があったかどうか判りませんが、私の高校の時の英語教師です。
口癖が「おまえらどうして1日10や20の単語が覚えられないか!!」
彼は秀才で英単語はすらすら覚えたでしょうが、凡才は覚えられません。
その方法を教えるのが教師の仕事だと思うのですが、本人は苦労した事が無いので覚えるに苦労している、私たちの気持ちが理解できません。
スキーも同じです。
プルークからパラレルへの移行の場合、私たちなら足を揃えて押し出すだけだろう!なんでそんな事が出来ないか!!になります。

アンニャロ~も経歴では、幼少の頃からスキーを始め地元のスキークラブでは要職を歴任してSAJ(全日本スキー連盟)を資格を有して現在、志賀高原スキー学校でも請われて出向きレッスンを受け持っている。
一見凄そうに見えますよね?
しかし幼少の頃から(雪国なら親に連れられて滑っているわ)地元スキークラブでは要職を歴任して(市内どころか近所スキー場が無いようなクラブなら少人数なので色々な役は回って来ます。忘年会幹事、新年会幹事、さよならスキー幹事で3つも歴任します。 )SAJの資格を有して(級何て、クラブ検定で取れます。)志賀高原スキー学校でも請われて出向きレッスンを受け持っている。(修学旅行のピークで猫の手も借りたい時ならそんな程度でもお願いして来て貰っています。)

さらに選手が滑って行くと「ヒューヒュー!!」と歓声をあげました。
役員は選手に声を掛けてもいけないのと怒鳴ったら「なんで日本選手ですよ?」
余計に悪いです。アンニャロ~には理解出来ないようです。
役員はすべての選手に対して公平中立が基本です。
国体で開催地の役員が地元選手だけ応援したら、きっと地元選手に有利なように大会運営をしていると疑いを持たれます。
オリンピックレベルなら有りませんが、例えば選手が失敗して旗門不通過で登って旗門に入った場合でも選手から聞かればOKかNOで答えますが役員から聞かれてもいないのにOKは言いません。
日本選手の時だけ役員が応援していたとなりますと、国威発揚の場ですので国際問題になります。
思い出したくないアンニャロ~ですが思い出したので明日に続きます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



« 前のページ  ホーム  次のページ »

12月12日

DSCF3052.jpg

天気 ゆき 気温-13度

朝までに10センチ程度の積雪です。
本日は1日降り続く予報ですが、等圧線が横に寝ているので大した事は無いと思います。
西風なので西館などの南斜面には雪が着きます。
14日には等圧線が立つ予報なので16日から西舘や東舘オープン出来ると思います。

もう1名のボランティアの方は、お隣の新潟県の魚沼郡のスキーが盛んな某町の教育長をされておられた田中さんと言う方です。
冬、その町でスキー大会を開催する時、競技委員長をされておられるとの事でした。
ボランテアで競技役員を希望されてプレ大会のワールドカップのボードの時、私の下に配属になりました。
志賀高原のスキー大会の仕組みを大変驚かれていました。
私がコースで準備などをしていますと、競技委員長や旗門係長などがワザワザ私のところに寄って挨拶をして行きます。
前にも書きましたが志賀高原の場合、30歳前半で係長などの一番大変な役職をします。
年功序列の組織に慣れた方にとっては、驚きの連続のようでした。
前にも書きましたが、年寄を偉くするとエバっているだけで働かない。
若い人間が上の方が対等の人間関係ではスムーズに行く事などを説明していました。
中間計時はスノーボードのワールドカップの時は、田中さんを含めて3名いたのですが次のスキーの回転(スラローム)の時は私と後輩の2名だけでした。
当然プレ大会のワールドカップですので、本番のオリンピックは田中さんと3人で遣るものと思っていました。
ワールドカップの時はボランティアにはウエアーの支給がありませんでした。
田中さんには、来年は同じウエアーを着て頑張りましょう!!と言って別れました。
筆まめな方で、帰られてから礼状や暑中見舞い、年賀状まで頂きました。
私は、普段年賀状も出しませんが田中さんには出した記憶があります。
ところがオリンピックの組織図を見たらビックしました。
私はゴールの新たな部署に配置換えになり、後輩が中間計時の主任になり、知らない名前が入っていました。
田中さんはオリンピックの時、焼額には配属になっていたのですが会場入り口の警備のボランティアに配属替えになっていました。
田中さんは人格者ですので、それも得るものは大きいとお会いした時話されていました。
ところが準備が始まっても新たな人は来ませんでした。
準備中は、配置場所に係わらずスタートからゴールまで機械の設置も行いますし、前に書きましたコース整備のツボ足などは部署に係わらず、空いている者は全員手伝います。
いよいよボート男子競技開始当日の事でした。
後輩1人では出来ませんので、私の仕事はゴールでの仕事なのでゴールに居る別の先輩役員にお願いして中間に上がりました。
やむ負えない措置です。
ところが観客も大勢入りスタート直前に「すみません中間計時てここですか?」と1名来ました。
準備期間中も来なくて当日の役員の集合時間は朝の6時です。
もし長野県スキー連盟の上部組織の全日本スキー連盟からの派遣でも許されない行為です。
逆に全日本からの派遣では絶対にあり得ません。
私たち以上にスキルを身に着けていたとしても許される行為ではありません。
本番中に「これでタイムを測るんですか?」と言ってタイムを測っている光電管に触ろうとしたり(そんな事をしたら光軸が狂って測れなくなります。折角苦労して設置したのに)
また光電管の前に手を当てたりして「ふざけるんじゃない!!」挙句の果てに本番中に記念写真撮ってください。
ついでに胸にブル下げている無線機も貸してください_| ̄|〇
てめー!!無線機は飾りじゃねー!!緊急連絡が入ったら対応できるか!!

競技役員は小さい時から競技を遣っていて、将来はオリンピック選手になりたかったけど夢は叶わなかった。
せめて夢を見させてくれた競技に感謝して競技役員をしています。全員同じです。
ましては世紀の祭典オリンピックですので、県下から大勢の役員が一致団結して準備から汗を掻いています。
それをアンニャローは、続きは明日へ
その時も血管がぶち切れたと思いますが、思い出しただけでもぶち切れます。
そうだ、仮名と言って実名と所属クラブ名を晒すか?      


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
           

« 前のページ  ホーム  次のページ »

12月11日

DSCF3042.jpg

天気 快晴 気温-3度

昨晩は南風が吹き込み暖かい朝でした。今晩からしばらく暴風雪や大雪、吹雪の警戒情報が発令されています。どうなりますやら

渉外接遇係とはネットで調べられた方も居られると思いますが、役員の飲み物やお昼のお弁当を担当する係です。
そりゃー男ばかりの集団ですので、若いオネータンが「お疲れ様です♡」と言って配ってくれた方が誰だって嬉しいです。

ここでサラメシならぬ役員のお弁当の話題を書いて行きます。
お弁当の時と、食べられるレストランが何か所か決まっていて食券が出るタイプと大会で分かれます。
準備の時は食券でも本番は弁当の時がほとんどです。
焼額の時ですが、食券が使えるのが西館の後ろにあるラーメンコーナーと第2ゴンドラ下にあったスバゲテー屋さん、そして南館でカレーとメニューが決まっていました。
ラーメンコーナーに行ったら外まで行列が出来ていないのでラッキーと思い入ったら、中で食べている人の後ろに背後霊のように並び早く食べて変われと中で並んでいました。集合時間もありますので悠長に食べでいる訳には行きません。
ラーメンコーナーまで行ってしまうと、再びスキーを履いてリフトに乗って南館方面の気にはなれません。
そのような状態ですので、麺をゆでるお湯も交換出来ずベチャベチャの面でした。
たしか役員用のラーメンは決まっていた記憶があります。
一般の方も居りますがチャーシューが1枚少ないくらいの違いだったと思います。

また800円以内で、それ以上は自分で払えば使えるタイプの時もありました。
時間が無く東館山のゴンドラ降り場のソバコーナーで「天天玉玉そばお願い」と言ったらちゃんと作ってくれました。
天ぷら2枚、玉子2個です。私たち以外でも誰かが注文していて躊躇なく作ってくれました。
立ち食いそばでは800円にはなりませんので。

通常1日だけの大会の場合、前日の午後1時集合です。
つまり昼を食べて集合で、大会のお昼はお弁当になります。
大会2日間の場合は2日ともお弁当になります。
前の書きました300名も参加する大会になりますと競技中に食べます。
最初のころは麓のお弁当屋さんが作ったオリギリ弁当でした。
オリギリ3つに日替わりでオカズが付いているタイプです。
早い時間に作って持って来ているので冷めていますし、配られでも氷点下の世界ですのでリックに入れておいても冷え切っています。
空腹を満たせる程度のしろものでした。
それまで大会役員は競技出身者がほとんどで占められていましたが、総務や庶務などは競技出身者でなくても関係ありません。
そこで画期的に変わったのはオリンピック誘致のために旧志賀高原ロープウェイの専務がスキー大会役員に入ってからです。
蓮池にある現在の山の駅、当時はロープウェイの蓮池大食堂と言っていましたが冬はヒマです。
そこで午前中に作って昼に届けてくれるようになりました。
弁当が温かい、しかもソースかつどんでした。画期的でした。
毎日でも良いと思ったら毎日かつどんでした。ロースカツとヒレカツの交互です。
作る方も楽です。

IMGP3490.jpg
写真は別の大会で出たものです。

さらに奥志賀のグラン・フェニックスの支配人も競技役員に加わり、フェニックスさんも朝食はイタリアンと和食だけですので、中華の方が作った弁当も加わりました。
ワールドカップまでは、その方式が使われましたが、オリンピックの時はパートナーが大手のヤマザキパンさんです。
ヤマザキさんもデーリーストアーを遣られているので、そこのお弁当が毎日届きました。
ただし半冷凍で発泡スチロールの容器に入ってきて11時までは絶対に出してくれません。
スポンサーを遣っていて万一役員用の弁当で食中毒でも発生すれば大変です。
焼額だけでも100人以上で全競技会場となると何千人の数ですので、厳命が出ているようでした。
オリンピックの時は仮設のスタジアムの中に役員休憩室がありそこで食べていました。
電子レンジが3台位あったのですが、気の毒なのは旗門員やコース係のように大所帯は電子レンジで全員温めて食べれるほど時間がありません。
知り合いの旗門員に聞いたら、まずオカズをみそ汁に入れて解凍しながら食べて最後に、ご飯を入れて掛けこむそうです。
幸い私たちが居たタイミング(計時計算)は、タイミングだけに時間をずらして食べに行く事が出来ましたし、線の埋設などはコースを掘って埋めますのでコース係が居ない方がスムーズに作業がはかどります。
また他の部署に比べれば少人数なのでレンジで温めた弁当を食べていました。
3時頃になるとジャム&マーガリンのようなコッペパンが大量に積んで有り、おやつも出ました。
コンビニなどのサンドイッチの反対側に並んでいる調理パンですが、それまで大人になって食べた事がありませんでした。
それ以降、たまに買って食べています。十分ヤマザキさんは元が取れていると思います。
純ちゃんは係でしたが、当然主任もおります。
グランフェニックスの支配人が主任を務めて居りましたが、昼食係とかお弁当係との役職が見当たらずNAOC(オリンピック組織委員会)で造語で考えたようです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

高天ヶ原マンモススキー場の様子

IMG_0522.jpg
昨日よりクワッドリフト運転を開始致しました。
バーンはこの時期らしい柔らかなバーンです。

リフト下
IMG_0527.jpg
NHKバーンのみのオープンですがメインバーンやリフト下にもシュプールが残っています。

モーグルバーン
IMG_0530.jpg
新雪を楽しんだ跡は残っていますが、まだコブはまだ先になります。

大沼池
IMG_0531.jpg
正面の白いところがコバルトブルーの湖面を見せる大沼池になります。
すでにガチガチに凍りついているのが判ります。すでに厳冬の世界です。

お約束 高天ヶ原山頂よりの風景
IMG_0532.jpg
北アルプスもキレイに見えます。
この景色を見るだけでもここにくる価値はあると思います。

木曽の御嶽山
IMG_0534.jpg
御嶽山は標高3067メートルありますので、この時期は白くなっていて判りやすいです。
高天ヶ原山頂から見た場合一番左に見えます。

いざ


絶好調 真冬の恋 スピードに乗って♪
悔しいだろ!!

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »