8月13日

DSCF2655.jpg

天気 くもり 気温14度

北から冷たい風が吹き込み空気中の水蒸気が冷やされ目の前で霧になっています。
お盆の時期は一番暑い時期なのですが寒いです。
農作物もこのところの日照不足で影響が出始めているようです。
この極端な天気は困ったもです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月12日

DSCF2654.jpg

天気 くもり 気温15度

昨晩から大雨警報が発令されたままです。
この夏はとにかく湿度が高く雨が多いです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月11日

DSCF2653.jpg

天気 晴れたり曇ったり 気温17度

日は射しているのですが湿度が高く霧が出来ています。
こんなに湿度が高い夏は珍しいです。
今年は太平洋高気圧に覆われる事が無く夏が終わってしまうのでしょうか?

私のリックサックの中にはガムテープが必ず入っています。
山に持って行っていざと言う時、便利なものと言えばガムテープです。
スキー業界はガムテープ業界の回し者と思うほどガムテープを使いますが、山でも大変便利です。
雨が降って雨具を着た時、ズボンの裾に巻き付けます。
歩いているとカッパのズボンは下がって行きますがガムテープで止めると下がりません。
また藪などに雨具や服を引っかけて破く事がりますが、その場でガムテープを張ってしのぎます。
雨具が破けたからと言って、いちいち買い変えません。スキーウェアーも一緒です。
腕や足などの怪我をした場合の止血にも使います。
もちろん傷口に直接では無く、服の上やタオルなどを押し付けて巻きます。
日赤の救急法の講習会に行くと、毎回講習で使った三角巾を頂きリックの中に入れてはありますが縛り方を思い出すよりガムテープの方が早いです。
どうせ病院に行ってもハサミで切りますので悩まなくてすみます。
2.3年に一回くらい、お客様で登山靴のソールが剥げた方をお見かけします。
宿なら瞬間接着剤で補修する事ができますが、歩いている時になる場合もあります。
その場合は靴をガムテープでぐるぐる巻きにします。
ガムテープ、登山でも意外と役に立つ優れものです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

♪夏の終わり

DSCF2651.jpg

すじ雲どころかうろこ雲まで出ています。
こうなったら早く秋澄の空を期待するところです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

8月10日

DSCF2649.jpg

天気 快晴 気温15度

ようやく夏に戻りましたが見上げると、雲は秋のすじ雲が出ていました。
志賀草津道路、昨日朝7時30分に通行止め解除になりしまた。
いつも感じる事なのですが、行政の場合、事務所が違うだけでも判りずらところにもって来て県をまたぐともっと判りづらくなります。

さて、山登りをして山頂に居ると「北はどっちですか?」の質問をよく受けます。
チャンとした登山地図をお持ちの方なら必ずコンパス(磁石)はお持ちになるのですが観光協会のパンフレットやダウンロードした地図をお持ちの方に多いです。
地元の人間なら判るだろうと思って、しかも聴きやすいのでしょう。
現在ならスマホがあるもんね!!で簡単にコンパスの代わりになりますがガラゲーやスマホの使い方が判らないアナログな方にピッタリの方法があります。
使うのはアナログ時計です。
昼の12時は太陽が明石の真上になる時刻になります。
アナログの短針を太陽の方向に向けて短針と12時の間が真南になります。
この理屈は覚えておいて損は無いと思います。
いざと言う時に役に立ちますし直ぐにスマホに頼るより凄いと思われます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »