8月18日

DSCF2664.jpg

天気 雨上がり 気温14度

夜中は雷雨になりました。
湿った空気と寒気の影響ですが困ったものです。

登山用のストーブ(コンロ)にはガスカートリッジの物もあります。
ガスの利点は扱いやすく、ひねって火を付ければ直ぐに使えます。
ガスの欠点は寒くなると気化しなくて使い物にならなくなります。
安全のためブタンガスを使用しています。
ブタンの沸点が0℃であるため、寒冷地で温度が0℃よりも低くなるとボンベ内の圧力が大気圧よりも小さくなってガスがでなくなってしまいます。
寒冷地用にイソブタン沸点-11度 プロパン沸点-42度などを混ぜて寒冷地用として販売しているようです。
寒冷地用でも雪の上で使うと最初は燃えているのですが、液体から気体に気化するときにも熱を奪いガスの出は悪くなり消える事もあります。
また風にも弱いです。
ガソリンストーブの場合はポッピングで圧力を掛けて使いますので炎が噴き出して風には強いのですが、ガスストーブの場合圧力が弱いので、風が吹くと風上に風よけになるものを置かないと炎が真っ直ぐに上がらず流れてしまいます。
買われた時は家の中で試しに火を付けて見ると思いますが、家の中は風がありませんし温度もあるので火力が強いように思うのですが、山の中だとガスの圧力も下がり炎が流れて思うようには行きません。
グリーンシーズンだけと割り切るのならガスストーブの方が安く、扱いやすいですが、将来冬山でも使いたいとなるとガソリンストーブに軍配は上がります。
また縦走などで何日も歩く場合は空になったガスカートリッジも持ち歩かないとならなくなります。
小生の場合、日帰りでポットに入れたお湯を再加熱するだけならガスストーブ。
調理などをする場合はガソリンストーブと使い分けています。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ホーム  次のページ »

8月17日

DSCF2662.jpg

天気 くもり 気温13度

本日、午後から寒気が入り込む予報ですがお山の上は一足早く寒気が入り始めて明け方は霧雨が降っていました。
暑さを経験されて居られるお客様にすれば涼しいのでしょうが、暑さを経験していない私共は寒いだけです。

先週、登山で便利なもので登山用のストーブ(コンロ)の話を書きましたが、お茶一杯程度ならポットで間に合いますが、これからの時期は有れば重宝します。
みそ汁にお茶に食後のコーヒーや紅茶と、お湯があれば簡単に楽しめます。
登山用のストーブはガソリン用とガスカートリッジの2種類あります。
ガソリン用は縦走などで山で何泊もする場合は、ガソリンを継ぎ足して使いますので便利です。
ガスですと使い終わったカートリッジも持って帰るので荷物になります。
ホワイトガソリンと言って鉛が添加されていない専用のガソリンを使います。
登山用品店などで1.2リットルの缶に入って販売されていますが高いです。
職人さんが良く行くようなスタンドでは1リットル200円程度で販売しています。
職人さんが使う道具の中でホワイトガソリンを使う道具がありますので置いてあるスタンドもあります。
ガソリンのストーブは直ぐに火を付けては使えません。
先ずは、ポッピングと言って圧力を手作業で掛けて、火を付けてから安定するまで調理は出来ません。
その代り使う段になると炎が噴き出して、風が吹こうか消えません。
極寒の冬山でも使えます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

8月16日

DSCF2658.jpg

天気 はれ 気温13度

昨日、夕方より風が出て来て雲の流れが速く日も差して来ました。
いよいよ高原は秋です。
どうしても休みの関係で、登山やトレッキングと言うと夏と思われておられるお客様が多いですが秋が一番最適な季節です。
夏はどうしても天気が不安定ですが秋は、大陸育ちの乾いた高気圧に覆われて天気も安定しています。
秋澄の空と申しまして、空気中に湿度が少ないので遠くの景色もきれいにご覧頂けます。
少し寒いくらいの方が、歩いていても立ち止まるだけでスッと汗が引きますし、あまり休んでいますと体が冷えますので休憩も短い時間で終わります。
夏はクマとの遭遇の可能性もありますが、寒くなるといち早くクマさんの方が下山して遭遇の確率は大幅に減ります。
クマは一年中志賀高原にはいません。6月にならないと芽吹かないようなところで冬眠していたら餓死してしまいます。
秋の登山は良い事ずくめですが、夏とは違いそれなりの装備も必要になります。
夏ならビニールの雨合羽で事は足りますが、ちゃんとした雨具が必要になります。
雨具は防寒着の役割もします。
夏、行こうと計画したけど行けなかったよ、と言われるお客様は是非お越しください。
一足早く、色付く紅葉が楽しめます。
現在、台風は事前にある程度判りますので計画も立てやすいです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月15日

DSCF2657.jpg

天気 きり 気温14度

朝まで雨が降り止んで濃霧に包まれています。
お盆ですが、本日を境に加速度的に気温が下がって行きます。
9月の終わりには初霜・氷点下になる場所です。
どんなに猛暑の年や、今年のように冷夏の年でも9月の終わりには初霜が降ります。
確実に冬に向って行きます。
10月には初雪が舞い、11月には根雪となり来年の5月まで雪に覆われた風景に戻ります。
夏お見えのお客様にすれば涼しくて快適な場所ですが、真冬になればマイナス15度20度の世界です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

8月14日

DSCF2656.jpg

天気 きり 気温14度

今し方まで冷たい霧雨が降っていました。
本日も湿った空気が、北からの冷たい空気に冷やされて霧雨になっています。
東京では8月1日から13日間毎日雨を観測しているようですが、西日本は猛暑で東日本は冷夏で終わるかもしれません。
2003年平成15年の夏はもっと冷夏でした。
夏中ストーブを焚いていたのですが、真夏のストーブにストーブを焚くと、皆さん記念写真をお撮になるのですがストーブに当たり前のようにお客様当たられていました。
その年は9月になり太平洋高気圧が張り出し、気温が上がって農作物は収穫出来たのですが暑い時に暑くないと良いものになりませんでした。
1993年平成5年は冷夏で終わりコメの収穫量が全国的に大幅に減り、翌年にはタイ米が混ぜられました。
今年はどうなるのか心配です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月13日

DSCF2655.jpg

天気 くもり 気温14度

北から冷たい風が吹き込み空気中の水蒸気が冷やされ目の前で霧になっています。
お盆の時期は一番暑い時期なのですが寒いです。
農作物もこのところの日照不足で影響が出始めているようです。
この極端な天気は困ったもです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

8月12日

DSCF2654.jpg

天気 くもり 気温15度

昨晩から大雨警報が発令されたままです。
この夏はとにかく湿度が高く雨が多いです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月11日

DSCF2653.jpg

天気 晴れたり曇ったり 気温17度

日は射しているのですが湿度が高く霧が出来ています。
こんなに湿度が高い夏は珍しいです。
今年は太平洋高気圧に覆われる事が無く夏が終わってしまうのでしょうか?

私のリックサックの中にはガムテープが必ず入っています。
山に持って行っていざと言う時、便利なものと言えばガムテープです。
スキー業界はガムテープ業界の回し者と思うほどガムテープを使いますが、山でも大変便利です。
雨が降って雨具を着た時、ズボンの裾に巻き付けます。
歩いているとカッパのズボンは下がって行きますがガムテープで止めると下がりません。
また藪などに雨具や服を引っかけて破く事がりますが、その場でガムテープを張ってしのぎます。
雨具が破けたからと言って、いちいち買い変えません。スキーウェアーも一緒です。
腕や足などの怪我をした場合の止血にも使います。
もちろん傷口に直接では無く、服の上やタオルなどを押し付けて巻きます。
日赤の救急法の講習会に行くと、毎回講習で使った三角巾を頂きリックの中に入れてはありますが縛り方を思い出すよりガムテープの方が早いです。
どうせ病院に行ってもハサミで切りますので悩まなくてすみます。
2.3年に一回くらい、お客様で登山靴のソールが剥げた方をお見かけします。
宿なら瞬間接着剤で補修する事ができますが、歩いている時になる場合もあります。
その場合は靴をガムテープでぐるぐる巻きにします。
ガムテープ、登山でも意外と役に立つ優れものです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

♪夏の終わり

DSCF2651.jpg

すじ雲どころかうろこ雲まで出ています。
こうなったら早く秋澄の空を期待するところです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月10日

DSCF2649.jpg

天気 快晴 気温15度

ようやく夏に戻りましたが見上げると、雲は秋のすじ雲が出ていました。
志賀草津道路、昨日朝7時30分に通行止め解除になりしまた。
いつも感じる事なのですが、行政の場合、事務所が違うだけでも判りずらところにもって来て県をまたぐともっと判りづらくなります。

さて、山登りをして山頂に居ると「北はどっちですか?」の質問をよく受けます。
チャンとした登山地図をお持ちの方なら必ずコンパス(磁石)はお持ちになるのですが観光協会のパンフレットやダウンロードした地図をお持ちの方に多いです。
地元の人間なら判るだろうと思って、しかも聴きやすいのでしょう。
現在ならスマホがあるもんね!!で簡単にコンパスの代わりになりますがガラゲーやスマホの使い方が判らないアナログな方にピッタリの方法があります。
使うのはアナログ時計です。
昼の12時は太陽が明石の真上になる時刻になります。
アナログの短針を太陽の方向に向けて短針と12時の間が真南になります。
この理屈は覚えておいて損は無いと思います。
いざと言う時に役に立ちますし直ぐにスマホに頼るより凄いと思われます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月9日

DSCF2648.jpg

天気 シグレ(冷たい雨) 気温13度

全国的に台風5号が持ち込んだ暖かい空気で猛暑になるようですが、お山の上は逆に台風から変わった低気圧が冷たい空気を呼び込みシグレています。
今日は一日気温が上がらず寒い1日になりそうです。

過日、某ラジオ番組で「山でカップヌードルを食べようとしたら箸を忘れ、しょうがないので先にスープを飲んで麺を飲み込みながら噛んで食べた」と投稿がありました。
突っ込みは「ボールペンか何か無かったか?」でしたがカップヌードル、何故か箸を忘れる方が多いです。
山で箸を忘れたら素直に食べるのを諦め空腹に耐えましょう!!


ナイショですが実は、志賀高原の場合、箸を忘れても全然困りません。
周りにクマザサがいっぱい生えていますので、ポキっと2本折れば竹箸になります。
木の枝ですと真っ直ぐではなく、皮も付いていますので食べづらいですがクマザサの真っ直ぐなところを選んで使います。
ついでに葉は刻んでクマザサ茶を作って飲む事も出来ます。
カップヌードルのお湯、登山用のストーブ(コンロの事をストーブと呼びます。)で沸かしたのか、ポットに入れて持って行ったのかは判りませんが、登山用のストーブがあれば簡単に作る事が出来ます。
野趣あふれる山でしか飲めないお茶になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

8月8日

DSCF2647.jpg

天気 あめ 気温15度

大雨警報は発令されていますが現在小康状態です。
昨日午後から風が強くなり夜中は大荒れになりました。
現在、志賀草津道路群馬側で土砂崩れで通行止めですが万座経由で繋がっています。
今回のように南からの雨雲の場合、南斜面の草津方面に大雨を降らせます。
白根山の火山灰で覆われた場所ですので余計に雨には弱いです。

さて山登りで夕方には戻る積りでも、持って行った方が良いのはヘッドライトになります。
昨日の雷雨もですが予定より遅れる事はママあります。
夏は7時頃までは明るいですが、ヘッドライトがあった方が安心です。
昔のヘッドライトは重くて暗かったです。
単一の電池4本で腰に付けるかリックサックの中に入れてコードを伸ばして頭に付けましたが豆電球1つで暗かったです。
現在のLEDは軽く明るく長持ちします。
値段もだいぶ安くなりました。

なければ100均のLEDミニライトでも構いません。
100均のLEDミニライトも100円とは思えないくらい明るいです。
過去に携わった遭難案件でガラケーのライトで足元を照らして歩いて居られた遭難者がいました。
ケータイのライトもいざと言う時には役に立ちますが、バッテリーの減りは早くなります。
その後の事を考えると日帰りでも100均のLEDミニライトをお守り代わりにもって行った方が役に立ちます。
もちろんヘッドライトの方が良いに越したことはありません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月7日

DSCF2644.jpg

天気 快晴 気温16度

台風5号の影響で今朝から風が出てきました。
南から湿った空気が入り込んでいるので例年より湿度が多いです。
昨日は昼過ぎより雨になり、いったん止んだのですが夕方は雷雨になりました。
夏山で一番怖いのは雷になります。
通常は日中はれて気温が上がり、上空に寒気が入り込むと雷雨になります。
雷、3日と言いまして3日くらい続いて寒気が中和されると安定します。
雷雨が起りそうな時は天気図や天気予報で判りますので、午後はなるべくなら山の稜線は避けた方が賢明です。
万が一、雷に遭遇しそうになったら高い立木の45度の範囲に入り姿勢を低くして木には近ずかず姿勢を低くしてやり過ごしましょう。
稜線などで立木が無い場合は、なるべく樹林帯に逃げ込みましょう。
雷は直ぐ直撃はありません。志賀高原の場合、群馬側や新潟側から近づいてきます。
そうそう雷の直撃はありませんが、目の前でドンパチは寿命が縮みます。
私共では雷雨の可能性がある時は、岩菅山登山の場合行きは東館からを進めています。
帰りは稜線を外れて樹林帯になりますで、安心です。
大きな立木の45度の範囲で立木にはあまり近づかず姿勢を低くして、やり過ごすは覚えていて損はありません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月6日

DSCF2642.jpg

天気 はれ 気温17度

日は射していますが湿度が凄いです。
台風5号は九州に上陸するようで、それから列島を縦断するようですが、通常そのコースを通る時は早くから山沿いは風が出ます。
たぶん日本海を北上するとは思いますが、台風通過後は夏に戻って頂きたいものです。このまま夏が終わるのは切ないです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

8月5日

DSCF2637.jpg

天気 快晴 気温16度

朝から晴れていると喜ぶのは人間だけでなくトンボや蝶も活発に飛び回っています。
昨日、アサギマダラ10匹くらい確認しましたがもっと増えてくると思います。
アサギマダラが飛び交うのも志賀高原の夏の特徴です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »