1月27日

DSCN1919.jpg

天気 くもり 気温-11度

南岸低気圧の影響で夜は雨の代わりの湿った雪が降る予報が出ています。
今回の場合、里雪タイプの降雪になるのですがお山の上はたいして降りません。
しかし天気図だけを見ると梅雨の天気図です。
梅雨の場合も、たいして雨は降りません。

ピステンの話題の前に書くことがありました。
インバウンドでお越しのお客様の話題の方が先でした。
24日から中国の旧正月、春節が始まっています。
今年は新型肺炎の影響でどうなるか分かりませんが、今週はその話題を書いていきたいと思います。
中国からお越しのお客様は春節のお休みで大勢お越しになられるのは分かるのですが、欧米系の方も春節になると大勢お越しになられます。
そんな話題を今週は書いていこうと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月26日

DSCN1916.jpg

天気 くもり 気温-10度

朝から北からの高気圧に覆われる予報でしたが曇っています。きっと・・・・・


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月25日

DSCN1902.jpg

天気 かいせい 気温-10度

今朝は北風で冷え込みました。
バーンは固いです。
昨日夕方も救急車がひっきりなしに走っていました。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

2月20日限定 ふっこう割プラン

r.gif

昨年の10月12日の台風19号で長野県内災害に見舞われました。
農業や観光業に多大なる打撃を与えました。
一人でも多くのお客様がお見えになられるように、県からふっこう割の補助金が決定され企画致しました。

詳しくはhttp://www.ginrei.co.jp/nagano/fukko.htm
をご覧ください。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月24日

DSCN1899.jpg

天気 はれ 気温-1度

朝まで小雪が舞っていましたが昨日日中は液体が降ってきました。
写真でも解りますが屋根の雪を解かす量は降りませんでした。

本日、諸般の理由でお昼のレストラン臨時休業致します。
明日からは通常通りの営業になります。
よろしくお願い致します。


除雪に使うブルドーザーの話題も本日で終わりです。
キャタピーとタイヤの2台使っていますが用途が違います。
キャタピラータイプは不整地の屋根から落ちた雪の除雪や、スキー場に歩きやすいように道を着けたりその場で回転でき車ギリギリに除雪をする時に使っています。
もちろんキャタピラータイプが1台あれば庭の除雪も出来ますが速度が遅いので2時間以上掛かります。
タイヤタイプは駐車場などの除雪は早く終わらせる事が出来ますが、不整地の屋根から落ちた雪などの除雪には抜かりこみ不向きです。
その代わり駐車場だけなら1時間も掛からずに除雪が出来ます。
ただ大雪が降ってタイヤが埋まると動かなくなります。
その場合はキャタピラータイプでタイヤのブルドーザーの周りを片づけてある程度道の除雪をしてからタイヤのブルドーザーで少しづつ除雪をします。
よくお客様から聞かれることでお値段ですが、タイヤに付いている排土板だけで300万円です。
総計では1000万円を超えます。
キャタピラータイプでも5.600万くらいした記憶があります。
特殊作業車は車体もお高いです。
来週はピステンの話題でも書くか?


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月23日

DSCN1896.jpg

天気 ゆき 気温-1度

雨の代わりの雪です_| ̄|〇
標高の高い志賀は雪ですが、一昨日雪が積もったと喜んだ平地のスキー場には無情の雨です。
明日諸事情でお昼のレストラン休業になります。よろしくお願い致します。


あと2日はブルドーザーの話題を続けなくては。
除雪作業はお客様の居ない時間や少ない時間に作業をしないと危険です。
猛吹雪の中、除雪をしていると突然人が歩いてきてビックリする事があります。
本人にすれば、ブルが気が付いて止まってくれるだろうだと思いますが、死角に入れば見えません。
雪国では結構除雪の人身事故があります。
車ならライトなどで解りますが、人は怖いです。
そのため夕食の時間などに除雪をしていますとお客様の視線を感じる事があります。
俺様の車様にぶつけていないか見張られているようですが、今まで1回も授業料を払った事はありません。
お客様のお車は買った時はローン会社からの借り物、終われば下取りの方からの借り物は良くわかっております。
お客様が車の除雪をされて居られる時は、お客様の見ている前ではギリギリまで近づいて除雪のお手伝いはしますが要らぬ疑惑を掛ける訳には行きません。
昔 夏に電話を頂き「車のバンパーの傷がついている。思い当たるのはお宅の除雪の時では」と疑われた事があります。
あのの。ブルで当てればバンパー取れるか車がへこむかになります。
世の中色々な方が居られますので絶対に近づきません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ホーム  次のページ »

1月22日

DSCN1892.jpg

天気 かいせい 気温-10度

吹雪のあとの快晴です。
天気・コンデション最高の1日になりそうです。
昨日の雪で横断陸橋、本日から通れます。
現在、パトロール君が転落防止用のネットを張っています。
考えてみれば、よくネットに絡まれている方お見掛けします。
恐怖心を持たないで滑り込めばよいのに、怖いと思って横に滑るとネットにぶつかります。
DSCN1893.jpg

ブルドーザーの話を続けます。
エンジンが温まったら稼働部分を無負荷でゆっくり動かします。
動く部分は熱を持ちますので前に動かした終わってから雪が付いて凍りついていることもあります。
そうしてからゆっくり発進をします。
が、一度ゆっくり動かしたのにタイヤの空気が抜けた事があります。
ホイールは金属です。金属は寒さで収縮します。
ゴムは寒さで弾力を失います。
まるで理科の実験のようにホイールとタイヤの間から空気が漏れて抜けました。
前に一度お客様のお車でもありました。
「大将 また!!」と言われて車に乗り込まれたのですが、しばらくしたら歩いて戻ってこられました。
タイヤ4本ペシャンコになったと言われました。
当時は蓮池にガソリンスタンドがありましたので連絡をしてコンプレッサーを持ってきてもらい、空気を入れて貰いお帰りになられました。
ブルドーザーのタイヤの場合、重機専門のタイヤ屋さんが来て猛吹雪の中、作業を行っていましたがしばらくすると居なくなりました。
ブルドーザーからタイヤを外したまま夕方戻って来ました。
寒すぎてタイヤが硬化したまま戻らないので工場まで運んで温めて空気を入れて戻ってきたそうです。
一言声を掛けてくれれば家の室内に入れて温めたのに。
当然工場までの往復の工賃も上乗せされて半日の作業料が1日の作業料に代わっていたのは言うまでもありません。
極寒の世界では注意をしていても信じられない出来事が起こります。
そのため動かし始める時はゆっくり慎重に動かします。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ





ホーム  次のページ »

1月21日

DSCN1887.jpg

天気 猛吹雪 気温-10度

朝の4時に見たら10センチ程度の積雪でしたが明け方から猛吹雪になりました。
リフトは動くと思いますが夕方まで降り続く予報です。
よく言えば1日パウダーをお楽しみ頂けます。

特に書く話題も見当たりませんので、昨日書いたお客様には関係のない除雪の話を書いていこうと思います。
時々無人のブルドーザーが突然エンジンが掛かり驚かれておられるお客様が居られますが、リモコンでエンジンが掛かるようになっています。
ブルドーザーだけでなく社用車にもリモコンスターターが付いています。
車の暖機運転の話題でも書いていますが、作業を始める前に30分以上暖機運転をしてから使用しています。
今まで高い授業料もいっぱい払っていますし特殊車の修理代は乗用車とは比べ物にならないほど高額です。
例えば今シーズンブルドーザー2台のバッテリーを交換して貰いました。
だいたい2年使うと交換しています。
費用は12万円以上です。
ブルドーザーのバッテリーはカーショップや量販店には売っていません。
ブルドーザーを壊して修理工場から飛んでくると最低でも10万以上掛かりますし、お客様のお車の出入りや商品を納入する業者さんも困ります。
乗用車以上にエンジンとオイルと、現在の重機は油圧で動きますので作動油も温めてから作業をします。
車と同じで温まった状態で使うことを前提に設計されています。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月20日

DSCN1878.jpg

天気 はれ 気温-10度

今し方まで小雪が舞っていました。
暦の大寒に合わせるように今晩から西高東低冬型気圧配置になり寒気も南下する予報が出ています。
少しは積雪期待できそうです。
明日は久しぶりの早朝除雪の予定です。
今シーズンは除雪に関しては楽をさせて頂いております。
今シーズンほど、ブルドーザーの運転をしなかった記憶はありません。
使わなくても毎日エンジンを掛けています。
オイルを回してバッテリーの充電をしています。
ほったらかしにしておくといざという時困ります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月19日

DSCN1875.jpg


天気 こゆき 気温-10度

弱い西高東低冬型気圧配置になり雪雲が掛っていないのに小雪がチラつく志賀高原です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月18日

DSCN1871.jpg

天気 くもり 気温-10度

関東方面に雪を降らせている南岸低気圧の影響でどんよりとした天気です。
通常なら関東に雪を降らせる南岸低気圧が通り過ぎれば西高東低冬型気圧配置になるのですが今回は期待できません_| ̄|〇

お詫び
昨日、横断陸橋が開通したと書きましたがパトロールに確認したところ高天ヶ原側の出口をもう少し広げないと普通の人は真っ直ぐに滑ってリフト乗り場に向かいますが、そうでない方の逃げ場がを広くしないと接触事故が起きる可能性があるので断念したそうです。
あと1降りで開通です。
DSCN1872.jpg



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月17日

DSCN1867.jpg


天気 はれ 気温-7度

昨日までの雪を集めて横断陸橋が渡れるようになりました。
高天ヶ原スキー場側は高層湿原のため工作物が規制されていて雪を積んで渡られようになっています。
ようやく西舘と繋がりました。

阪神淡路大震災から25年、被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、 お亡くなりになられた大勢の皆様のご冥福をお祈りいたします。
あの日は大雪の翌日でした。
阪神高速で屋根に雪を積んだバスが落ちずに止っている光景が盛んに報道されていました。
この日を忘れないように。

今週は長野県スキー大会週間のクロスカントリー競技が白馬で開催予定が雪不足で中止になりクロスカントリーの話題を書いていきました。
もちろんアルペン競技もあります。
昨年は志賀高原で10何年振りで行いました。
今までは新しくできたスキー場が開催実績をアピールするために盛んに招致をしていましたが久しぶりに志賀高原での開催となりました。
ありがたい事に、志賀で開催が決まると県内の強豪校からすぐに予約を頂きます。
お陰様で女子は優勝しましたし10何年前は男子が優勝しました。
やはり宿にとっても宿泊のお客様が優勝されると嬉しいものです。
ちょっと変わったエピソードを書きます。
その大会ではありませんが、2日続けて同じ競技の大会がありました。
初日の成績で2日目の出場者が決まります。
決して予選ではありません。
高校のスキー関係者では知らない人がいないカリスマの先生ですが夕方、キャプテンミーテングから戻られると「ご主人申し訳ありません。今晩の夕食から2人引いてください。」と言われました。
いつもなら夕食が終わってから選手を集めてミーテングを行い明日の出発順を発表しますが、すぐに選手を集めて次から名前を呼ぶ生徒は自宅に電話して親に迎えに来てもらい明日の学校の試験を受けに行ってこいと!!
呼ばれた生徒さんは明日大会に出場できないので、学校を休む公休扱いにしないので明日の試験を受けに帰りました。
大会に出れないからいって今更練習をしても間に合いませんが、試験は今晩徹夜で頑張れば答案用紙に名前を書く以外習ってなくても教科書を丸暗記すれば何とかなります。
やはり高校生の本分は勉強です。
スキーを遣っていますと冬の間は大会の追われて学校へ行って授業は受けられません。
だからと言って将来を考えると勉強しない訳には行きません。
生徒の事を考えたら正しい選択だと思います。
強い選手を育てるカリスマの先生ですが、ちゃんと生徒の将来も考えています。
前回は、その先生が前に居た学校よりもといち早く電話をよこされ、前に居た学校はタッチの差で取れませんでした。
お客様が居心地が良いように、選手にとってもリラックスできる宿のようです。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


ホーム  次のページ »

1月16日

DSCN1863.jpg

天気 かいせい 気温-7度

朝までに30センチ程度の積雪になりバーンも回復しました。
昨日午後より吹雪になり良い降りをするのですが続きません。
今日は久しぶりの新雪を楽しめます。
天気・コンデション最高の日になりました。

アルペンスキーのメッカの志賀高原ですが、グリーンシーズンはクロスカントリースキーのトレーニングが多いです。
ローラーが付いているクロスカントリーのスキーがあり、選手の皆さんは毎日道路でトレーニングをしています。
DSCF8031.jpg

また、現在マウンテントレイルレースが数多く行われていますが、クロスカントリーの選手の皆さんは昔から登山道を走ってトレーニングしていました。
おそらくそれが発展してマウンテントレイルレースになったと思います。
アスリートの方では、昔クロスカントリースキーをやられていた方が多いようです。
他の山系では登山道をストックを付きながら走るのはケシカランと言う地域もあるようですが、志賀高原の場合、昔から見慣れた光景ですので違和感はありません。
腰にペットボトルを着けて走っている光景は登山道では多く見かけます。
ノルディック種目のジャンプとなると昔は2つくらいジャンプ台はありましたがいつのまにか姿を消しました。
アルペンスキーの場合、夏でも氷河で練習できるヨーロッパ勢には練習量で負けますが、クロスカントリーになりますと氷河の上では走れませんし白馬にしろ野沢にしろ人工芝のジャンプ台やクロスカントリーのコースが整っていますのでヨーロッパと互角に勝負ができます。
ただジャンプのように日本人が勝ちだすと、崇拝国の意識で小さい日本人が長いスキーを履いて勝つのはフェアではないとルールがすぐにヨーロッパに有利なように変えれますが、スポーツそのものが植民地を支配するためにも根底にありますの、でしょうがないのかもしれません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月15日

DSCN1859.jpg

天気 こゆき 気温-7度

低気圧の前面で小雪が降っています。
通り過ぎた後は1時的に冬型気圧配置が予報されています。
なんだかんだと言っても雪が増えて行くのが志賀高原です。

一般のお客様には関係ありませんが、12月の初め頃は一ノ瀬から奥志賀に行く冬季閉鎖している旧道がクロスカントリーの練習コースになっています。
まだ里に雪が無くても、標高の高い志賀高原では道に雪が積もり練習できます。
新潟からも学校などのマイクロバスで練習に来ています。
たまにお客様に〇〇高校と書いたマイクロバスが走っていたと言われますがクロスカントリーの練習に来ています。
例年なら雪が降り始める11.12月の頃だけですが、今年は年始でも見かけました。
残念ながら初期のスキーに乗って走らせる練習は出来ますが、本番のコースのように高低差はありません。
一ノ瀬には5キロのクロスカントリーコースはありますが、成年男子は50キロです。
10周しないと大会にはなりません。
10周もすれば周回遅れの選手も大勢出て試合にならないと思います。
10キロでも2周ですがそれでも周回遅れの選手が出ます。
雪があるから志賀高原では無理があります。
そう言いながら3月の終わりに行う一ノ瀬距離競技は雪不足の07.16シーズンは奥志賀にある6ホールのゴルフコースを周回して開催しました。
草大会だから出来る仕業でした。

写真は2016年3月26日、奥志賀で開催された様子です。
IMGP6919.jpg



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

1月14日

DSCN1846.jpg

天気 かいせい 気温-7度

お客様がお帰りになると・・・・_| ̄|〇
朝まで寒気の影響で小雪がチラついていました。
例年なら10-30センチ程度の積雪になるのですが残念です。

昨日、長野県のクロスカントリー競技中止の話題を書きました。
クロスカントリースキーのノルディック種目は雪国子供たちにとって希望を与えるスポーツになりました。
1992年のフランスで行われたアルベールビルオリンピックで日本が複合団体で金メダルを取りました。
昔から盛んな地域もありましたが日本全国、雪は降るがスキー場が無かったりあっても小規模なスキー場しかなくても、田んぼや畑の周りの道でも雪があれば滑ることが出来ます。
雪国の子供たちにすれば、頑張ればオリンピックで金メダルも夢ではないと大勢のお子さんが始めました。
実はクロスカントリーの場合、日本は環境がアルペンスキーより恵まれています。
校庭の裏山のようなところでもジャンプ台が出来ますし、冬、車が走らない道などもコースとして使うことが出来ます。
雪不足で会場の変更はあったとは思うのですが、変更したくても他所も雪がありません。
どうやって代表を決めるのでしょうか?



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。