5月26日

DSCN0917.jpg

天気 はれ 気温10度

今朝、快晴で無い分放射冷却が弱くあまり気温は下がりませんてした。
お客様からまだ残雪が残っているね、と言われますが日あたりのよいスキー場でも残っています。
北斜面の日陰の部分にはまだ多くの残雪が残っています。
雪が消えるまでは雪で冷やされて空気は冷たいです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月25日

DSCN0915.jpg

天気 かいせい 気温5度

全国的に30度を超える予報が出ていますが本日は15度にようやく届くかしら?の天気です。
日なたにいる分には暖かいのですが日陰や家の中は寒いです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月24日

DSCN0912.jpg

天気 かいせい 気温1度

今朝も氷点下まで下がりました。
平地でも霜注意報が出ています。
全国的に30度を超える真夏日の予報が出ていますが昼夜の温度差があり過ぎます。
この辺はまだそんなに気温は上がりませんが、空気中の湿度が霜で降りているので空気はカラカラです。
DSCF9744.jpg

ある程度竹の子が出始めますと「竹の子汁」をお出し致します。
竹の子のみそ汁や煮物になります。

一般的には切った刻んだ竹の子を茹でてサバ缶と信州ミソで味を調えます。
今年の冬もご存じのお客様から心配されました。
そうです。健康ブームでサバ缶が人気で全国的に売り切れ状態です。
それまでサバ缶は海無し県の長野位しか売っていませんでした。
竹の子の時期になるとスーハ―やコンビニの入口に大量に積まれて特売で販売されていました。
知らない方が見れば、海無し県長野は海の魚と言えばサバ缶しか食べないのね?と思われる状態でした。
竹の子をお持ち帰りになられるお客様も、信州ミソとサバ缶は長野で買われてからお帰りになられていしました。
一度生のサバが手に入ったので生サバで作ったら美味しくありませんでした。
サバ缶に使うサバは秋の脂の乗ったサバを缶詰にしますので美味しくなります。
しかし、心配はしていません。
シーチキンや鮭缶を使うお宅もありますし、私共も煮物でお出しする場合はホタテを使っています。
何が何でもサバでなければ成らない訳ではありません。
ブームで始まったサバ缶ですが時期に飽きられると思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月23日

DSCN0911.jpg

天気 かいせい 気温3度

今朝も氷点下まで下がっています。
有り難いのはだいぶ雪が消えてくれたので、日中晴れれば10度近くまで気温が上がるようになりました。
本日は全国的に夏日を迎え真夏日の地域もあるようですが、10度の気温はもうお忘れかと思いますがお街の真冬の最高気温です。

例年6月の第2週位になりシラカバなどが芽吹くと、そろそろかと竹藪の中を覗き込みます。
雨後の竹の子よろしく雨が降らないとあまり出ません。
6月と言うと梅雨と日本人に刷り込まれていますが長野県北部は6月に梅雨の雨は降りません。
この辺で梅雨らしいのは7月に入り梅雨前線が北上する時の梅雨末期になります。
前線は南下していますので冷たい空気に覆われていて標高の低い所からそれでも出始めだんだん標高の高いところへ移って行くのですが急に気温が上がったり台風などで大雨が降りますと一気に標高に関係なく出ます。
そして、7月1日には横手・志賀山開山祭が行われるのですがその頃には2000メートルの稜線あたりが最盛期になります。
どんなに寒い年でも遅くなることはありません。
良くて3週間が竹の子の収穫時期になります。
人工栽培とか時期を人工的には調整出来ません。
あくまでも自然に任せるしか方法が無いのが竹の子になます。
SN3D0098.jpg


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月22日

DSCN0906.jpg

天気 はれ 気温7度

昨日の雨でスキー場の雪は一気に消えましたが、湿原の水芭蕉が多く顔を出し始めました。
DSCN0903.jpg

悲しいのはしばらく天気が良さそうです。
集中豪雨より平均して降ってくれた方が植物にとっても有り難いです。

竹の子が生えてくる時期は雪が消えてシラカバが芽吹くと、先ずスキー場の際などに細く青い竹の子が出てきます。
例年ですと6月の2週目くらいから出始めます。
日の当たる場所の竹の子は同じ竹の子でも青くなります。
細いのは片側がスキー場なので地下茎で繋がっている養分が片側からしか供給されないので細いのかも知れません。
前に登山道を新しく開けた時ですが根は地中で繋がっているので際に出た竹の子も太かったのですが、年月が経つうちに小さくなりました。
おそらく登山道として大勢の方が歩いて地下にあった根が切断されて養分が片手側からしか行かなくなったのだと思います。
青く細い竹の子は天ぷらなどで頂きます。
竹藪も奥へ奥へと入って行くと太くて中が白い竹の子になります。
周りから養分が供給されて背丈以上の竹藪ですので日は当たらないので白い竹の子になります。
太い竹の子は、そのまま茹でて茹で竹の子で頂きます。
DSCF6729.jpg

シャキシャキコリコリの独自の食感が有ります。
この時期だけしか味わえない1品になります。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月21日

DSCN0902.jpg

天気 あめ 気温6度

明け方から強い雨が降りだしましたが雨が弱まったら霧に覆われて来ました。
雨では無く、このところの強風でかなりの残雪が消えました。
強風で加速度的に雪が消えるのはあまり記憶に有りません。
残雪が残っていると常に冷やされて寒いです。
今日の雨でスキー場もリフト下などの早く雪が消えた場所は青くなってきました。
早く一面グリーンのスキー場を見たいものです。

クマザサが生えていれば竹の子は出るのですが、細く小さなクマザサは小さい竹の子しか出しません。
前に青森県の弘前の郷土料理屋さんで取れたばかりの竹の子が有ると出してくれました。
IMGP7054.jpg

え!!と驚くほど細く小さくおまけに竹の子以外の混ぜものも多く入っていました。
考えて見れば、弘前市にある青森の最高峰、岩木山の標高は1625メートルです。
標高が低い場所のクマザサは細く小さいです。
志賀高原でも上林辺りに生えているクマザサは細く小さく食用にはしません。
ある程度標高が高く遅くまで残雪が残る場所では無いと大きく太い竹の子は育ちません。
そんな訳で、志賀高原は良い竹の子の取れる場所になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月20日

DSCN0898.jpg

天気 うすぐもり  気温-1度
DSCN0897.jpg

台風でも無いのに強風が吹き荒れています。
東側の高気圧が発達して九州では大雨のようですが、こんな天気図あまり記憶に有りません。
冷たい空気に湿った空気が入り込んでいますので山の上は霧が発生しています。

あと半月もすれば初夏の自然の恵み、竹の子が顔を出します。
SN3D0097.jpg

竹の子と言っても孟宗竹の竹の子では無く、クマザサの竹の子になります。
クマザサは多雪地帯に多く生育しています。
最近は孟宗竹と区別をするためにネマガリ竹と言われていますが、この辺りでは昔から竹の子は竹の子と呼んでいます。
実は、志賀高原のすべての山はクマザサに覆われています。
お客様も一度お召し上がりになられると、あまりの美味しさに毎年お越しになられる方が多いです。
今年は4月に、まだかとお問い合わせを頂きました。
お街にお住いの方にすれば4月はサクラが散って木々が芽吹きどこも同じと思われておられますが、まだ雪の中のです。
今週はそんな志賀高原名物の竹の子の話題を書いて行こうと思います。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ホーム  次のページ »

5月19日

DSCN0895.jpg

天気 はれ 気温3度

等圧線が混み、真冬とは真逆の強い南風が吹いています。
ようやく明日午後から雨の予報になりました。
木々も坊平付近まで芽吹いてきましたが、雨が無いので瑞々しくはありません。
恵みの雨を期待したいものです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




ホーム  次のページ »

5月18日

DSCN0893.jpg

天気 かいせい 気温0度

桜前線もようやく蓮池辺りまで登って来ました。
蓮池辺りはすでに雪が消えていますので花を付けていますが、この辺りは写真でも判りますが残雪が多く残っています。
周りに雪があると冷やされて気温は上がりません。
早く雨を望むところです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月17日

DSCN0892.jpg

天気 かいせい 気温4度

今朝も屋根に霜が降りていましたが滴る量ではありませんでした。
昨日、10時頃より曇り雨が降るかと思っていましたら寒いだけで雨は降りませんでした。
そのため空気中の湿度が少なく霜が少なかったようです。
天気図を見てもしばらく乾いた高気圧に覆われる予報です 。

山菜には美味しく食べる魔法の料理方法があります。メモメモ
それは天ぷらです。
IMG_2430.jpg

毒を持っている植物の毒消しは出来ませんが、だいたいの山菜を天ぷらにすると美味しく食べれます。
私共では遣った事はありませんが、白樺の新芽や秋に紅葉した色鮮やかな葉の天ぷらもあります。
独特の苦みやエグミなどもまろやかになります。
フキノトウなどは、冬の間に体に溜まった脂肪をデドックスしてくれる効果があるようですが油炒めや天ぷらなどに最適です。
サルなどの野生動物は火と油を使うことが出来ないのでフキノトウは食べないのかも知れません。
タラの芽やコシアブラなどの新芽が出始めますと、いよいよ待ちに待った食材が顔を出してくれます。
その話題は来週になります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月16日

DSCN0880.jpg

天気 かいせい 気温1度

今朝は屋根の上にビッシリと霜が降りていました。
屋根に霜が降りると朝日を浴びて融けると雨だれのように滴り判ります。
昨日、午後も通り雨があり湿度が高く霜も多かったのかも知れません。
本日も北風で寒気に覆われていて午後には湿った空気が冷やされて通り雨の予報が出ています。

木々が芽吹きだしますと芽吹いた新芽も山菜です。
タラの芽やコシアブラなどの新芽を頂きます。
地元民は全部の新芽は採りません。ある程度残して置かないと木そのものが枯れてしまいます。
道路脇などは通りすがりの方も盗るようで、全部盗られた木も見かけます 。
タラの芽は幹がバラの様にトゲがあり身を守っていますが、コシアブラはよくサルが皮を剥いで食べています。
新芽を食べているのかは判りませんが、サルも好物のようです。
色々な説がありますが、コシアブラは腰に油が回るで、精力剤で付いた説もあります。
新芽が出始めると夕方、家の周りを散歩するだけで夕食の材料が0円で集まります。
芽吹きの季節は地元民にとって、ここに住んで居て良かったと実感できる最高の季節です。
タダで食材が揃うのが山の恵みです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月15日

DSCN0879.jpg

天気 かいせい 気温1度

まだ寒気に覆われていて、今朝は辛うじて氷点下までさがりました。
昨日、昼過ぎに遠雷は聞こえたのですが傘が要らない程度の雨になりました。
その雨のお蔭で庭の芝が芽吹きだしました。
DSCN0877.jpg

昨日までは茶色一色でしたが緑に覆われて来ました。
DSC_8130.jpg

これからフキノトウ以外てもコゴミや行者ニンニクそして、ワラビも芽吹いてくれます。
この時期になりますと行者ニンニクと間違えて毒があるスズランなどを食べて食中毒のニュースが流れますが、私共は間違えません。
チャンと区別がつきますし生えている場所も知っています。
やはり知らない方が採られると区別がつかないようで間違えられるようです。
山菜は珍味ですが、秋のキノコと一緒で毒をもっている物も多いです。
ワラビも毒で発がん性があるとか言われていますがワラビを食べて亡くなったとかは聴きた事はありません。
里でもワラビは取れますが、山のワラビの方が柔らくてノリケが有るそうです。
半年間雪に閉ざされている民にとって新緑は味覚でも嬉しいです。
DSCN0878.jpg
写真はコゴミです。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ







ホーム  次のページ »

5月14日

DSCN0869.jpg

天気 うすぐもり 気温2度

今朝は氷点下までは下がらなかったようです。
午後から雷雨の予報が出ていますが、降れば4月30日以来半月ぶりの雨になります。

フキノトウは、道路も土をいじって作ってありますので道路の脇にも出ます。
それが困った子ちゃんになります。
道路の脇に無数に出るのですが、志賀高原の道路は片側1車線で車を止められる路側帯も無ければ歩道もありません。
フキノトウが出始めると道路に車を止めて盗っている!!光景をよく見ます。
カーブを曲がった先などに車が有ったり人が歩いていたりします。
土日や連休などの通行量の多い時にも、お構いなしに平気で道路に車を止めて盗っています。
するとすれ違いのために車が渋滞します。
しかも車を止めている側では無く、反対側や動きながら盗りますので歩道が有りませんのでそこでも車のすれ違いが出来ずに渋滞します。
さらに1組が盗っていると群集心理が働き、私もとなり盗る方も増えます。
フキノトウの場合、6月になり同じ場所に成長したフキも出ますので年に2回その光景を見ます。
地元民は道路脇のフキノトウは採りません。
道路の雪解け水を被り、排気ガスを浴びているフキノトウは敬遠します。
ワザワザ道路脇のフキノトウを採らなくても、家の周りは同じく土をいじり赤土が出ている場所は多くあります。
家以外でも近所には多くの場所に出ています。
雪が消えかけて出てきたフキノトウの方が柔らかくて美味しいです。
日当たりのよい所のフキノトウは固いです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

水芭蕉とリュウキンカ

01.jpg

水芭蕉もだいぶ増えて来ました。

リュウキンカ
02.jpg

黄色いリュウキンカも花も咲き出しまた。
白い水芭蕉に黄色いリュウキンカの花は絵になります。

コ・バイケイソウ
03.jpg

コ・バイケイソウも蕪を出し始めました。
コ・バイケイソウは毎年は花を付けませんが花を付けるとこんな感じになります。
DSCF3861.jpg

昨年の6月13日の撮影です。

遅い春真っ盛りです。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

5月13日

DSCN0867.jpg

天気 かいせい 気温-4度

今朝は冷え込み、屋根の上にも霜が降りていました。
このところ北風でしたが明日は湿った南風が吹き込み雷雨の予報が出ています。
生活する分には晴れの方が有り難いですが、少しはお湿りが無いと草花には気の毒です。
芽吹きの雨を期待したいです。

雪が消えるそばから真っ先にフキノトウが出てきます。
DSCF8037.jpg

フキノトウは真っ先に取れる山菜になります。
フキノトウは工事などで土をいじり赤土のところに多く出ます。
4月も中旬を過ぎるとリフトに乗っていても思わず下を見てしまいます。
IMG_2448.jpg


里でもフキノトウは取れますが山のフキは養分の少ない赤土に出ますのであまり苦くはありません。
おそらくフキも身を守るために苦みをもっているのだとは思います。
猿などの野生動物が食べたのを見た事はありません。
フキのほろ苦い味が美味しいと思うようになると立派な雪山男や女です。
今年は遅れてこの辺ではようやく今が盛りと出てきました。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。