10月21日

DSCF2913.jpg

天気 くもり 気温7度

台風21号の影響で暖かい南風が吹き込み季節外れの暖かさです。
日本列島に上陸する予報ですがなるべく被害が少ない事を祈るばかりです。
台風通過後に西高東低冬型気圧配置になりますが台風が暖かい空気を運びこみ寒気は南下しないようです。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月20日

DSCF2909.jpg

天気 はれ 気温5度

昨日、午後より南風が強くなり気温も上がりました。
雪が降ったかと思うと台風の影響だとは思うのですが極端な天候です。

ヘルメットに取り付けるタイプのビデオカメラが普及しだして動画をUpされる方多くなりました。
Upされた動画を拝見すると前しか映っていませんし、意外に多いのは履いているスキーのトップが時々映っています。
履いているスキーを映そうと言う趣旨では無く、スキーが揃っているかに関心が向いていると思います。
私はデジカメを手で持って顔の前でノーファインダーで撮影していますが、ヘルメットに取り付けるタイプのビデオカメラで撮影したらご覧になられて居られる方が気持ち悪くなるくらい頭は左右に動かしています。
大会のように仕切られた空間で自分だけしか滑っていないのなら前しか見ませんが、他の方も滑っているゲレンデでは常に左右と後ろにも注意を払っています。
私が撮影しているのはお客様が少ない時期ですが、常に周りの状況を確認しながらでは無いと危険です。
だいたい他の方とぶつかった場合、双方相手からぶつかって来たになりますが、周りを確認しながら滑らないと痛い思いをします。
ヘルメットに取り付けるタイプのビデオカメラは視線と同じものを映してくれます。
私が見れば恐ろしい動画です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月19日

DSCF2905.jpg

天気 ミゾレ 気温0度

明け方雨からミゾレに変わり山の山頂は積り白くなっています。
紅葉は、これから来年の6月までモノトーンの世界に住む者に最後に見せてくれる色鮮やかな風景です。
来年の新緑の季節まで水墨画のような風景が続きます。

使い捨てカメラの北アルプスでの事例は昨日書きましたが、長野県警の山岳救助隊ではヘルメットに取り付けるビデオカメラで撮影しています。
資料用に撮影しているのですが、見せて頂いた映像の中には想像を絶する場面が幾多もあります。
稜線から滑落して絶壁の途中で引っ掛かり助けを求めていて、上から隊員がザイルで降下するも近づくだけでも命がけの映像などもあります。今年の3月に長野県の防災ヘリが墜落して9名が亡くなると言う大惨事が有りました。
救助隊員のヘルメットにビデオカメラが装着してあり一部始終が録画されていました。
映像が残っていたので原因究明に役にたったと思います。
ビデオカメラも劇的に進化しました。
昔なら録画機は肩から下げてカメラは担いでの撮影でしたが、現在はメモリーカードに保存するようになり超小型化してヘルメットにもつけられますし、映像もキレイです。
その話になると明日はスキーの話題に繋がります。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

初雪

DSCF2900.jpg

朝方、雨はミゾレに変わり高天ヶ原でも初雪になりました。

DSCF2902.jpg

東館山でも初冠雪となりました。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

障害発生

現在ホテル銀嶺のレンタルサーバーで障害が発生してメールの送受信・ホームページの閲覧が出来ない等の障害が発生しております。
ご迷惑をお掛けしております。

ホーム  次のページ »

10月18日

DSCF2896.jpg

天気 快晴 気温2度

今朝は久しぶりに氷点下に下がり霜が降りウインドガラスも凍りついていました。
例年なら普通ですが、この10月気温が高かったです。
今晩は雨の予報が出ていますがミゾレになるかもしれません。

周りの景色や花の写真が重要になるのは、不幸にも遭難者が亡くなった場合重要になるそうです。
遭難から何年が経ったある日突然遺族の方が訪ねて来るそうです。
北アルプスでは毎年何十人と遭難で亡くなられています。
何年か経つと記憶も曖昧になります。
遺族の方に説明するにその時撮った写真が役に経ちます。
遺族の方にすれば故人が最後に見ただろう景色や、花が好きだった人はどんな花が咲いていたかも知りたいようです。
そのため登山道からの風景や登山道の花の写真も記録してあるそうです。
その話を聞く前は、中央アルプスの皆さんも同じだと思いますが、遭難現場で写真撮影は不謹慎だと思っていました。
使い捨てカメラ1台分フイルムを使い切る程撮影してあれば、天候や景色や花なども写っています。
後から本人や遺族に説明するに大いに役に経ちます。
北アルプスならではの事例です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



ホーム  次のページ »

10月17日

DSCF2894.jpg

天気 くもり 気温3度

明け方まで冷たい雨が降っていました。
いっそ雪の方が暖かく思える雨でした。
夏前の雨は1雨毎に新緑を色鮮やかに輝かせてくれますが、晩秋の雨は紅葉しかけた葉を落としてくれます。

長野県の山岳救助隊隊長会議の後の懇親会で、中央アルプスの隊長が創立50周年の記念史を作ろうとしたら写真が少ないとこぼしたのですが、なんと北アルプスの隊長が、内は最前線の隊員に遭難一つに付き使い捨てカメラ1台で全部写真を撮るように指示を出してあるので写真は困らないと話しました。
北アルプスの場合、登山者数も桁が違いますしそれにともっなって滑落などの遭難も多いです。
滑落の場合、落ちた場所から始まり、その時の状況や救出の状況や周りの景色、そして付近に咲いている花などもフイルムを使い切るまで撮影しておくそうです。
滑落で生存の場合、本人は記憶が飛んでいます。後日何年かして元気になってから訪ねて来るそうです。
滑落した場所やその時の状態、そして救出に至るまでの状態を記録してあるそうです。
滑落の場合、遭難者が居る場所までザイルで降下して応急処置をしてヘリで救助の場合、ヘリでホイスト(吊り上げ)出来る場所まで人力で吊り上げたり運んだりします。大勢の隊員が救助に携わっています。
その時チャンと説明できるように1遭難ひとつのフォルダーを作って保存しているそうです。
周りの景色や花の話題は明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月16日

DSCF2891.jpg

天気 霧雨 気温4度

高気圧の縁を回り太平洋の湿った空気が入り込み霧雨になっていますが、東風は大変珍しいです。
これだけ雨が降ってくれれば11月から稼働するスノーマシンの水源は心配ないと思います。

最近、山の話題が少なくなっていましたが先週使い捨てカメラの話題を書きましたのでカメラの話題を書いて行きたいと思います。
使い捨てカメラ、山登りでは大変便利なカメラでした。
先ず、軽いです。おまけに落としても軽いので早々壊れません。
おまけに撮影時に電源が要りません。値段が安いので無くしても気にはなりません。
私共でよく使ったのは、登山道の整備や標識付けの時です。
補修した箇所や標識を撮影して記録として残しておきました。
使い捨てカメラも末期の頃はフイルムがカートリッジ式に変わり、現像に出すとベタ焼きの写真と一緒に戻ってきて必要な写真だけ焼回しに出す事が出来ました。
DSCF2892.jpg

そんな程度の撮影でしたが、なんと遭難時の救助に使っていた地区もあります。
その話は明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

高天ヶ原神社・スキー神社 秋の祭礼

IMGP8334.jpg

本日、今シーズンのお客様の安全を祈願して秋の祭礼が執り行われました。
高天ヶ原神社の御霊は、なんと伊勢神宮より分霊して頂き祭ってあります。
伊勢神宮より使者の方が膝に抱えて夜汽車でお見えになられたそうです。

今シーズンもお客様が大勢お越しになり怪我や遭難の無いように パンパン


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月15日

DSCF2889.jpg

天気 濃霧 気温4度

昨日、1日霧や霧雨になりました。
調べてみると高気圧が張り出すのでは無く、高気圧の縁を回り込み北東から湿った空気を呼び込んでいるので霧になっているようです。
9月だと気温が高いので霧にならず10月なので気温が低くて霧が出来るようです。
10月も半ばですが10月の天気ではありません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月14日

DSCF2887.jpg

天気 きり 気温6度

湿った空気が夜の冷え込みで霧雨になっています。
時期に止むと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

ユネスコエコパーク

IMGP8325.jpg
IMGP8328.jpg

ユネスコエコパーク環境学習プログラムの一環として、地元の山ノ内町東小学校の6年生が、蓮池の遊歩道整備や修繕を手伝ってくれました。
遊歩道は未来まで残りますので、児童の皆さんも大人になってこの遊歩道を歩いた時思い出してくれると思います。
また、故郷の風景も忘れないと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月13日

DSCF2885.jpg

天気 小雨 気温4度

前線が抜けて冷たい雨です。
昼頃には止む予報です。
10月と言うより9月の雰囲気です。

紅葉狩りと言うか、観光地が激変した出来事が1つあります。
それはデジカメやカメラ付きケータイの普及によってフイルムや使い捨てカメラが絶滅しました。
デジカメが普及する前は、街の写真屋さんと言うかカメラ屋さんが毎週のように売店に置いてあったフイルムや使い捨てカメラの補充に来ていました。
観光地の売店でフイルムや使い捨てカメラが売っているのは当たり前の事でした。
皆さんも忘れているかと思いますが、コンパクトカメラなどは特殊なバッテリーを使っている機種が多く、単三電池どころかそんな特殊なバッテリーも持ってきて置いて行きました。
カメラ屋さん曰く「店に置いてあっても売れない。売れ残れば直ぐに引き取ります。」ところが紅葉の時期はフイルムどころかそんな特殊で何種類もあるバッテリーもちゃんと売れました。
紅葉がキレイだと皆さん多く写真を撮りますので、フイルムが飛ぶように売れました。
アナログな銀塩カメラと言えども露出やシャッターなどでバッテリーを使いますしデジカメ程は使いませんので、しばらく使ってなくていざ撮影しようとしたらバッテリーが終わっている事が多かったです。
藁おもつかむ思いで飛び込んで来られて、何種類もあるバッテリーの中からちゃんと合うバッテリーがあったのですからお客様から感謝された事、数多くありました。
つまりカメラにフイルムが残っていればカメラ屋さんには行かず、撮影で始めてバッテリー切れを気がついて観光地の売店に飛び込む図式です。だから街のカメラ屋さんに置いてあっても売れません。
デジカメが普及しだしてからフイルムや使い捨てカメラがだんだん売れなくなり、いつの間にかカメラ屋さんも来なくなり、街のカメラ屋さんも絶滅に近くなりました。
デジカメの登場により、ひとつの産業が無くなりました。

観光地が激変した出来事です。
昔ならフイルムや使い捨てカメラが売れたのに、スマホの現在は「充電させて貰えますか?」に変わりました。儲かりません_| ̄|〇
昔ならどの観光地に行ってもフジフイルムやサクラカラーなどの名前が入ったベンチも数多く設置してありました。
もうこれからは、そんなベンチも絶滅します。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

10月12日

DSCF2883.jpg

天気 あめ 気温8度

現在、前線通過で雨が降っています。
明日からしばらくは天気予報では、雨と曇りマークが付いていますが前線が太平洋上に停滞するので、前線がどう動くか判らないのでそのような予報を出しているようです。
秋雨前線が停滞するなんて9月上旬の気圧配置です。

昨日の続きになりますが、いろんな所に紅葉の名所があり行って見ますが〇〇滝と言っても一か所だけなのに、お土産屋さんや売店や食堂が軒を連ねていて羨ましくも思います。
例えば澗満滝の場合、展望台と少し上がってトイレがあるだけです。秋山郷に向かう大滝は駐車スペースがあるだけです。
志賀高原の場合、見どころが多すぎて脆弱です。
国立公園内と言う規制もありますが、あまりにも冬のスキーに特化してしまったのも原因があるかもしれません。
ここに住んでいますと、気がつきませんが一の瀬の下段のホテル街やダイヤモンドのレストハウスも道路沿いに面しているのに営業していませんし、焼額のプリンスホテルさんも冬だけの営業です。
あれだけ規模が大きく道路に面しているのにクローズでは、お客様の気持ちも判ります。
同じような立地では万座は通年営業しています。
スキーに特化しないでオールシーズンの集客を目指さないといけないと思います。
前にも書きましたが紅葉は1か所ではせいぜい目が覚めるような色を出してくれるのはせいぜい半日です。
志賀高原の場合、標高差がありますので常に目が覚めるような紅葉をご覧頂けます。
他の観光地には無いと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »

発哺入口の紅葉

DSCF2881.jpg

本日午後が一番の見頃で、明日にはくすんだ色になり落葉します。
紅葉は、これから来年の6月までモノトーンの世界で過ごす私たちに最後に色鮮やかな世界を見せてくれます。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

ホーム  次のページ »