2月6日

DSCN1976.jpg

天気 おおゆき 気温-15度

朝までに50センチ以上積り今年一番の大雪です。
吹き溜まりでは1メートル以上あり、今朝の除雪では久しぶりにブルドーザーで雪の中を泳ぐような感覚になりました。
この週末からお見えになられるお客様は最高のコンデションでお楽しみ頂けると思います。
 
圧雪車を語る上で、彼を語らない訳にはいきません。
パトロールだからP君にしておきます。
新しく作った試作車もあります。
メーカーの人間が来るとこう言う使い方すれば壊れると目の前で実演します。
例えば設計の段階では想定していませんが屋根から落ちた氷入りの雪の塊を片付けたり雪出しにも使います。
P君の凄いところ、その機種の弱点を見抜き全て壊しまくりです。
メーカーも想像を超えた使い方に驚き設計変更です。
P君だけだと思います。全ての機種の圧雪車を動かした事有るの、P君のお陰で圧雪車だいぶ新化したと思います。
P君 一度死にかけました。 ベンチャー企業が試作車で雪太郎と言う圧雪車がテストで持ち込まれました。
平な所を走っていれば問題なかったのですが、一ノ瀬ファミリーの上部から横になり滑り落ちました。
圧雪車全て前後に効く様にキャタピラー作られていますので、横方向はスケート、ソリと同じです。
真横になり、なすすべもなく横滑りです。
タイミングが悪ければ横転して下敷きになり命はありません。
致命的な設計ミスが有り、怒鳴り付けたそうです。
作った方、目に涙を浮かべ持ち帰ったそうです。
その後、雪太郎見た事が有りません。

その後P君も出世して管理職になったら、今度は若いパトロールに新車の内は出力80%に抑えるようにと厳命を出したようです。
管理職になり修理代を支払う側になると、壊さない方法もチャンと知っていて指示をしているようです。
私は友人なのでウソだろう!!自分であんなに壊しておきながらと突っ込みを入れました。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

2月5日

DSCN1970.jpg

天気 はれ 気温-8度

穏やかに晴れていますが、今シーズン一番の寒気が流れ込み午後から雪の予報が出ています。
今季一番の寒気ですが日本海の波の高さは4メートルで西北西の風8メートルの予報です_| ̄|〇
波が6メートル以上で真北の風が10メートル以上なら1メートル以上の積雪を期待できるのですが
今シーズンの特徴で予報では騒ぐのですが、その場になると・・・・

圧雪車などはお店にショールームがあって展示販売はしていません。
メーカーさんが一冬使って見て良かったら買ってくださいと置いていきます。
スキー場の大きさや斜面・雪質によって向き不向きもありますし、買う方もカタログデーターを鵜呑みにして購入はしません。
だいたい一冬使うと購入を決めて、そのまま使います。
そうすると前に使っていた圧雪車を下取りに出します。
その圧雪車は別のスキー場に同じように一冬貸し出してとスキー場を流れて行きます。
運転する場合、運転免許は必要ありません。
道路は走れないのでナンバーも付いていません。
あくまでもスキー場内のみでしか走りません。
ただ事故を起こさないように安全講習と厚生労働省の免許になるのですが建設系作業免許の所得を奨励しているようです。
その免許が無いと事故が起こった時、無資格者に作業の指示をしたと雇用者が罰せられます。
それは私どものブルドーザーも同じです。
タイヤのブルドーザーはナンバーが付いていて道路を走りますので大型特殊の免許が必要ですがキャタピラーのブルドーザーはナンバーが付いていませんので道路は走れませんので大型特殊免許は要りません。
ただし両方とも建設系作業免許は必要になります。
燃費の件ですが、何キロで無く一時間当たりになります。
あくまで平均1時間当たり30リットル位消費します。
もちろん機種や運転方法にもよりますが・・・


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



« 前のページ  ホーム  次のページ »

2月4日

DSCN1960.jpg

天気 こゆき 気温-8度

寒気の影響で小雪がチラついています。
明日の晩から強い寒気が南下する予報が出ています。
5000メートル上空でマイナス30度の寒気ですので期待できます。
1メートル以上の積雪になってくれることを願うばかりです。

輸入車だけでなく日本でも新潟県にある大原鉄工所さんも作っています。
日本を代表する三菱重工さんも試作車だけは作りましたが諦めたようです。
大原鉄工所で圧雪車作り始めた頃、 実は社員の皆様私共の常連のお客様でした。
西舘スキー場を運営していた旧志賀高原ロープウェイが最初に大原のラ・トラックを使い始め、テストの頃からお見えになられ、壊れると作った社員が工場より直接修理に掛け付けて直していました。
「お前の作った部品が壊れたじゃないか!!俺じゃない お前の取り付け方悪いからだ」と罵声を浴びせて修理をしていました。
直ぐに設計にフイールドバックされますし、作る側も気お付けて作ります。
30年位前の話しになりますが年間100台作り半分はスキー場、残りは自衛隊や電力会社で使っているそうです。
冬は社員の方はサービスに回り改善点を見つけ直す事をしていました。
その都度私どもにお泊りになっていました。

イタリアのスキー場に行ったらラ・トラック!! スキー場で走っていました。
かなり古い型でしたが目頭が熱くなり感激しました。日本の圧雪車が本場ヨーロッパで使われているなんて!!
お見えになられた大原鉄工の部長にその話ししましたら、フランスのメーカーのライセンス生産で始めたそうです。 
だからLaトラックだったんです。
現在は商品名が変っています。
また現在南極の雪上車も大原鉄工所の物です。
社員の方 結構南極に行かれています。
日本のスキー場 大原鉄工所の製品が多いですが 値段と実は雪質と地形の関係が有ります。
大原鉄工所新潟県の長岡市に本社が有ります。別に関係有りませんが日本特有の湿った雪で比較的緩斜面が得意です。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


« 前のページ  ホーム  次のページ »

2月3日

DSCN1957.jpg

天気 はれ 気温-5度

前線に向かい南風が吹き込んできました。
前線通過後雪の予報が出ていますが、今週は週の後半に強い寒気の南下が予報されています。
なんだかんだと言っても2月です。
一番雪が降る月です。

今週はスキー場で使う特殊な車両の話題を書いていきたいと思います。
まずまっさ先に思い描かれるのはゲレンデを整備する圧雪車ピステンだと思います。
正式名称はピステンプーリー ドイツのケースボーラー社のものになります。
志賀高原には1971年昭和46年に導入された記録が残っています。

ピステンが導入される前のゲレンデ整備は人力で行なっていました。
スコップ片手にギャップの上を削り溝に埋めて次のギャップと動いていきました。
ドイツより輸入され車体番号2番だったそうです。値段は当時の金で800万新築の一軒家が買えるとの記載もあります。
現在は4000万から6000万くらいですので同じくらいの価値があります。
スキー場に急速に普及して、スキー場整備の代名詞がピステン掛けとなりました。
大原鉄工のラ・トラックやイタリア製のブリノートが出来たのは後のことでした。

ピステンと言いますと本体も高いですが修理代も高いです。
外国製ですから、ある程度の部品は日本国内にストックしてありますが無い部品は空輸になります。
船便ではシーズンが終わってしまいます。

旧渋峠リフトでは、社長の甥っ子が作業を請け負っていた時期がありました。
社長が「おめえた!!大事に使こうてくれれば!!ベンツの1台くらい買うてやる!!」とぼやいていました。
甥っ子という事もありますが無理して壊します。
通常のゲレンデ整備は問題無いのですが、たとえばスキー場への雪出しの場合3回に分けて出せば良いものを1回で押し出します。機械への負担は大きくなり時期に壊れます。
修理費はべらぼうな金額になりますので、ベンツ1台600万くらい安いものです。
しかし、甥っ子にすれば夜間1人で作業しますので、無理をしでも早く作業を終わらせたいと「この位なら大丈夫!!」でガッシャン
社長にすればベンツ1台分以上の修理費となります_| ̄|○

また急斜面では横転の危険性もあります。
直進性のためにキャタピラーは横方向に付いていますので急斜面で横になりますと横滑りします。
その場合、止める方法はありませんので横転します。
続きは明日へ


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

2月2日

DSCN1947.jpg

天気 こゆき 気温-10度

朝から快晴とはいかず小雪が舞っています。お客様がお帰りになられる頃は・・・・

昨日もリフト終了時刻になると
DSCN1941.jpg


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月31日

DSCN1936.jpg

天気 はれ 気温-5度

昨日、夕方から降り出して現在も吹雪いていますが日が差してきました。
今晩からはさらに強い冬型の予報が出ています。
ようやく1月の終わりに、まともな冬に戻ったような気がします。
今回は山陰でも降っているようですので一安心です。
日本全国のスキー場で滑れるようになって貰いたいです。

最近、新型肺炎の影響だとは思いますが旧正月・春節だと言うのに中国からお見えのお客様少ないように思います。
長野県スキー連盟では、中国にスキーを送る活動をしていました。
調べると1983年昭和58年から毎年春になると協力依頼が来まして供出していました。
古くなったレンタルスキーなども、処分すると産業廃棄物扱いになりますので、ある面助かりました。
2000年代の前半くらいまでは毎年集めてくれたと思うのですが?現在も行っているのかは不明です。
当時にすれば、経済格差が有りすぎてまさか中国から日本にスキーにお見えになるなど考えもしませんでした。
中国にも雪が降る山があって、送ったスキーで楽しんでいるのかな?くらいにしか思っていませんでした。
中国本土から大勢お見えになられるのは2年後の北京オリンピックの国策もあると思います。
ある程度スキー人口を増やしておかないと、オリンピック会場に観客ガラガラでは沽券に係ります。
北京オリンピック以降も増えて行くのかはわかりません。
ただ一度でもスキーの楽しさを知れば・・・・


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月30日

DSCN1932.jpg

天気 かいせい 気温-2度

現在、低気圧の目の中で晴れていますが夕方から冬型気圧配置になり土曜日まで続く予報です。
ようやく例年並みの冬になりそうです。

今年は他のスキー場がダメなので志賀にお見えのインバウンドのお客様多いように思います。
この時期の平日のランチは日本のお客様の方が少なく、日本では無いような感覚を覚えます。
お客様がテーブルの上に要らなくなったコンビニや商店のレシートを捨てて行かれますが、白馬や野沢方面からお越しになられたと解ります。
私も海外なら必要に迫られて外国語を話しますが、まさか日本国内でこんなに外国語を使をなれればならないとは夢にも思っていませんでした。
以前なら外国のお客様はすべて日本在住の方ばかりで日本語だけの対応で済みました。
中国からお見えのお客様も英語を勉強されています。
初期の頃は、私どものお昼のメニューに牛丼があるのですが指をさして「Cow」と叫ばれた時は思わず「Howe?」と言い返したくなりました。
確かに牛はCowです。しかしお肉になったものはBeefです。
日本語でも、生きていればウシですが、お肉はギュウです。
少しは英語の勉強もしているので漢字は同じなので「COW」と言えば通じると思われたようです。
また、支払いもすべて1万円札が多かったです。
これも日本人がはじめて海外に行った時、金額が解らず大きい金額のお札を出しておけばOKとばかり支払っていたのと同じです。
何度も行っていれば、値段も解り細かいお金で支払ってくれるようになりました。
現在お越しになられておられるお客様の英語力は格段に上達されています。
ただ、変わらないのはテーブルなどを汚く使う風習は残っているようです。
それも少しづつですが周りの日本人を見て汚さないようにされている方も見かけるようになりました。
何度も来ていれば、郷に入れば郷に従う」ようになるのかもしれません。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月29日

DSCN1929.jpg

天気 霧 気温-2度
台風並みの嵐は収まり北風に代わり寒気が入りだして1時的に霧に覆われています。
小雪も舞いだしました。
低気圧が通りすぎた土曜日は冬型の気圧配置になりお越しになられたお客様は久しぶりの新雪を楽しまれると思います。

日本にスキーにお見えになられるお客様は、いろいろな国からお見えです。
アフリカ系の方で、一番最初はお昼にお見えになられて唐揚げ定食を召し上がりました。
気にいられたようで、今晩から泊まりたいと言われました。
本日は満室で、空室が出るのは2.3日?後と答えましたら1人で4泊の予約を頂きました。
私どもに移る前も毎日唐揚げ定食を食べに来ておられました。
宿泊時にパスポートと拝見するとシンガポールでした。
泊まったら、かなり夕食や朝食が毎回残っていました。
相変わらず昼は毎日唐揚げ定食です。
最後に判ったのですが厳格ではないが回教徒の方でした。
そのため、豚肉が入っていそうな料理には手を出さなかったようです。
最初に言ってくれれば対応できたのに、最後に判りましたので後の祭りでした。
普段気にして食べていませんがベーコンなど以外にソーセージやハムなどの加工食品にも多く豚肉や油脂・エキスが使われています。
宗教上の食事も気にしないといけないのがインバウンドです。
団体でお見えになられるなら事前にご用意することも可能ですが、個人での飛び込み予約では無理です。
さすがに3食、唐揚げにはしませんが色々な面で日々勉強です。

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月28日

DSCN1922.jpg

天気 大荒れ 気温-7度

台風並みに大荒れです。
東風なので巻き込み北になったり南のなったり目まぐるしく風向きが変わります。
しかしこの強風の中、駐車場では一生懸命に止めた車のワイパーを立てています。
凍える手で強風の中ワザワザ立てて、強風で壊したいようです。

なぜ旧正月になると旧暦に関係ない欧米人も増えるのか、お客様が調べてくれました。
私どものお客様で中国の子会社に出向されておられたお客様が、日本に向かう航空機の中で見かけた欧米人を志賀高原内のレストランで再び見かけたので、おもいっきて聞いたそうです。
そうしたら中国で働いておられる方で、毎年 春節の休みは志賀にスキーに来ているそうです。
考えてみれば、中国全土がお休みですのでスキーに行くなら日本が一番良いようです。
中国では大勢の外国人が働いていますので、春節の休みを利用して日本にスキーに来ているので欧米人も多い理由が解りました。




励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月27日

DSCN1919.jpg

天気 くもり 気温-11度

南岸低気圧の影響で夜は雨の代わりの湿った雪が降る予報が出ています。
今回の場合、里雪タイプの降雪になるのですがお山の上はたいして降りません。
しかし天気図だけを見ると梅雨の天気図です。
梅雨の場合も、たいして雨は降りません。

ピステンの話題の前に書くことがありました。
インバウンドでお越しのお客様の話題の方が先でした。
24日から中国の旧正月、春節が始まっています。
今年は新型肺炎の影響でどうなるか分かりませんが、今週はその話題を書いていきたいと思います。
中国からお越しのお客様は春節のお休みで大勢お越しになられるのは分かるのですが、欧米系の方も春節になると大勢お越しになられます。
そんな話題を今週は書いていこうと思います。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月26日

DSCN1916.jpg

天気 くもり 気温-10度

朝から北からの高気圧に覆われる予報でしたが曇っています。きっと・・・・・


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月25日

DSCN1902.jpg

天気 かいせい 気温-10度

今朝は北風で冷え込みました。
バーンは固いです。
昨日夕方も救急車がひっきりなしに走っていました。


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

2月20日限定 ふっこう割プラン

r.gif

昨年の10月12日の台風19号で長野県内災害に見舞われました。
農業や観光業に多大なる打撃を与えました。
一人でも多くのお客様がお見えになられるように、県からふっこう割の補助金が決定され企画致しました。

詳しくはhttp://www.ginrei.co.jp/nagano/fukko.htm
をご覧ください。



励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

1月24日

DSCN1899.jpg

天気 はれ 気温-1度

朝まで小雪が舞っていましたが昨日日中は液体が降ってきました。
写真でも解りますが屋根の雪を解かす量は降りませんでした。

本日、諸般の理由でお昼のレストラン臨時休業致します。
明日からは通常通りの営業になります。
よろしくお願い致します。


除雪に使うブルドーザーの話題も本日で終わりです。
キャタピーとタイヤの2台使っていますが用途が違います。
キャタピラータイプは不整地の屋根から落ちた雪の除雪や、スキー場に歩きやすいように道を着けたりその場で回転でき車ギリギリに除雪をする時に使っています。
もちろんキャタピラータイプが1台あれば庭の除雪も出来ますが速度が遅いので2時間以上掛かります。
タイヤタイプは駐車場などの除雪は早く終わらせる事が出来ますが、不整地の屋根から落ちた雪などの除雪には抜かりこみ不向きです。
その代わり駐車場だけなら1時間も掛からずに除雪が出来ます。
ただ大雪が降ってタイヤが埋まると動かなくなります。
その場合はキャタピラータイプでタイヤのブルドーザーの周りを片づけてある程度道の除雪をしてからタイヤのブルドーザーで少しづつ除雪をします。
よくお客様から聞かれることでお値段ですが、タイヤに付いている排土板だけで300万円です。
総計では1000万円を超えます。
キャタピラータイプでも5.600万くらいした記憶があります。
特殊作業車は車体もお高いです。
来週はピステンの話題でも書くか?


励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。
記事を書く参考にさせて頂きます。
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ      にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ホテル銀嶺

Author:ホテル銀嶺
志賀高原
たかまがはら温泉
白樺林の温泉露天風呂の宿

ホテル銀嶺

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ内検索

QRコード

QR

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。

にほんブログ村

励みになりますので興味がある方にポチッとお願い致します。